カメラガールズ|カメラ女子の毎日をHAPPYに。

カメラ女子の毎日をHAPPYにする、"写真"のWEBマガジン。

特別企画<My Best is PENTAX>PENTAXを愛用する理由編

特別企画<My Best is PENTAX>PENTAXを愛用する理由編

カメラ女子に人気のカメラというと、どんなイメージを描きますか?
よく言われるのは、「小さくて可愛らしいミラーレスカメラ」。確かにそれも間違いではないのですが、実は今、本格的な黒ボディの一眼レフを選ぶ女性が急増しているんです。中でも、PENTAXを選ぶ女子が実はぐんぐんと増えているとか。どうして数々のメーカーからPENTAXを選んだのか、実際のカメラ女子にお話を伺ってみましたので、PENTAXで撮影した美しい作品とともにエピソードをご紹介します。

Case.1 池田英里さん
%e6%b1%a0%e7%94%b0
撮影機材:PENTAX K-1 
PENTAX愛用歴4年という英里さん。使っているカメラは、PENTAX K-1。K-1はフルサイズという規格のカメラで、PENTAXの機種の中で一番高性能なカメラです。カメラを始めたのは4年前で、初めて買ったカメラはK-30。長年K-30を愛用してたのですが、いつかフルサイズで撮影したいと思っていたそうで、昨年K-1が発売された時にはすぐに購入したそう。持っているレンズは全て純正レンズで、合計本数なんと7本という生粋のPENTAXファン。そんな彼女に、PENTAXのカメラについてお話を聞いてきました。

コストパフォーマンスは、No.1。
%e6%b1%a0%e7%94%b0%e8%8b%b1%e9%87%8c_170918_0009撮影機材:PENTAX K-1 
池田さん「PENTAXのカメラを選んだのは、コストパフォーマンスが良かったから。色々なカメラを比べた結果、一番買いやすいお値段で、クオリティは抜群ということがわかり購入しました。カメラはそれまで触ったことはあまりなく、勉強していたわけでもないので、初心者でも買いやすいかどうかが大事なポイントでした。ボディだけじゃなくて純正レンズもコスパが良く、そこも気に入っている理由の一つです。」

美しい風景を、最高の描写で残したい。
%e6%b1%a0%e7%94%b0%e8%8b%b1%e9%87%8c_170918_0014撮影機材:PENTAX K-1 
池田さん「人を撮るのも好きなんですけど、なかなかそういう被写体になってくれる人が周りにいなかったというのもあって、風景写真をよく撮影しています。PENTAXのカメラは初代がK-30、その次がK-3Ⅱ、そして今回がK-1と3台目なんですけど、明らかにK-1が今までの機種と違うのは、高感度が綺麗なところ!夜景や風景など、暗い場所での撮影をよくするのですが、ノイズが全然気にならずに、きれいに撮れるんです。初めてそのことを体感した時は、本当に買って良かった!と心から思いました。」

Limitedは最高の名レンズ。
%e6%b1%a0%e7%94%b0%e8%8b%b1%e9%87%8c_170918_0001撮影機材:PENTAX K-1 
池田さん「気に入っているレンズは、FA77mmF1.8 Limitedです。とってもボケが綺麗で、このレンズが使いたくてPENTAXに機種変更する人もいるほどの名レンズなんです。ボケを活かしたい撮影にも使いますし、少し絞って風景を撮るとすごく良い写真が撮れるので、どこへ行く時も必ず持って行きます。持って行かないと後悔するくらい、最高のレンズです (笑)」

突然の雨でもOK、防塵防滴がすごい!
%e6%b1%a0%e7%94%b0%e8%8b%b1%e9%87%8c_170918_0007撮影機材:PENTAX K-1 
池田さん「特に花火の写真が好きで、毎年新潟に撮影に行っているんですが、急に雨に降られちゃうことも多くて。これまで散々雨をあびてますけど、多少雨に濡れても大丈夫!故障とかは一度もありません。雨に濡れても全然平気って、他ではなかなかないことなのかな。雨なんて気にせず使えるくらい、PENTAXの防滴性能は本当にすごいですよ。」

私だけのカメラ、という感覚。
%e6%b1%a0%e7%94%b0%e8%8b%b1%e9%87%8c_170918_0002撮影機材:PENTAX K-1 
池田さん「もし購入を考えている方がいたら、私が使っているK-1の他にも、KP・K-70・K-3IIなど、コンパクトで使いやすい機種もいっぱいありますので、軽さなのか写りなのかで選ぶといいと思っています。でも、本気で撮影するならやっぱりK-1がおすすめかな。まずはエントリーモデルを買ってしばらく撮影してみるというのもいいと思います。後々、フルサイズに機種変してもレンズは同じものが使えますので。あと、PENTAXってあんまり人と被らないから私は好き。もちろん自分だけが使っているわけじゃないんだけど、私だけのカメラっていう感じがして。あと、他にはない面白い機能もいっぱいついてて、本当に面白い。心から選んで良かったなって私は思ってます。」


スマホよりも、やっぱり一眼レフがいい。
%e6%b1%a0%e7%94%b0%e8%8b%b1%e9%87%8c_170918_0012撮影機材:PENTAX K-1 
池田さん「すごくきれいな場所や光景だけに目が向いてたときがずっとあったんですけど、でも写真って記録でもあったりして、この瞬間ちょっと撮っておきたいとか、思い出だったりとか、そんなことを残していくことも写真の魅力なのかなって思います。だから最近は、残しておきたい思い出なんかもこのカメラで撮影しています。スマホでも撮れるんですけど、でも、このカメラで撮影する写真はやっぱりスマホとは全然違う。夜景や風景写真もやっぱり、このカメラの方が絶対に綺麗に撮れます。もしスマホ写真にはまっている人がいたら、私はとにかく一眼レフをオススメしたいです。より綺麗に、より素敵な写真を残せるって、すごく楽しいしいいことなんじゃないかなって思います。PENTAXのカメラを持って、いろんな風景や大切な瞬間を撮影してほしいなって思います。」

池田さん、素敵なお話を聞かせていただきありがとうございました!
風景写真がとっても素敵で、本当にいつも作品に魅了されています。個展やグループ展も積極的に参加しているそうなので、ぜひ機会がある方は訪れてみてください。

→特別企画<My Best is PENTAX>初めてのPENTAX体験編はコチラ

池田さんが使っているPENTAX K-1の情報はコチラ

banner

協力:リコーイメージング株式会社

 

コメント