カメラガールズ|カメラ女子の毎日をHAPPYに。

カメラ女子の毎日をHAPPYにする、"写真"のWEBマガジン。

【自分の作風】いい写真ってなに?作品作りの5つのヒント

【自分の作風】いい写真ってなに?作品作りの5つのヒント

いい写真ってなんだろう?段々、カメラをやっているとわからなくなるものです。上手くなりたい、人の心を動かすような写真を撮ってみたい。自分の作風ってなんだろう?作品作りってなんだろう?そんな風に思っている方も少なくないのではないでしょうか?
今回は、そんなモヤモヤを解決するための5つのヒントをご紹介します。

ヒント1.何を撮りたいの?自分の心と向き合う

写真自分はどんな写真を撮りたいのか。真剣に考えてみてください。例えば、人々を感動させる景色だったり、自分の周りの人の嬉しそうな笑顔や一瞬の表情などの"人"の写真だったり、あるいはすごくオシャレなポートレートだったり、ガーリーで可愛い写真だったり。
また人によっては、寂れた雰囲気の哀愁感じる情景だったり、目や腕など体の一部だったり、何気ない日常生活だったり。。。

"いったい私は、なにを撮りたいのか"

これについて、じっくりと考える時間をとってみるといいと思います。きっとなかなか答えは出ないかもしれませんが、写真について、自分の作風について、じーっくりと考える時間があっても良いかもしれません。お仕事や日常の生活で忙しいと、なかなかゆっくり考えることもできないと思いますので、休日などを考える時間に使ってみると良いと思います。

オススメは一人になって考えてみること。海に行ったりカフェに行ったり、街を散歩したり。カメラを持っていろいろなところに一人でおでかけしながらぼーっと考えてみてください。

もしかしたら、パッとこれだ!というイメージが湧いてくるかもしれません。一人になって考えるというのは、とてもいいことです。写真だけじゃなくて、仕事のことやプライベートの悩みも、一人でゆっくりと考えてみると解決につながることが多いです。忙しい人ほど、時間をとってゆっくりと出かけてみてください。新たな発見がきっとあるはず。心のリラックスにもなるので、ストレス解消にもなりますよ♪

ヒント2.とにかくたくさん撮ってみる

写真これだ!というものが見つからない場合は、とにかくいろいろなものを撮りに出かけてみること。ポートレートだったり、景色だったり、料理だったり。日常的にカメラを持ち歩けば、たくさんの写真が撮れると思います。
一眼レフは重たいので、コンパクトカメラでも良いと思います。

"とにかく撮ること"

これはいい写真を撮るためにも、自分の作風を見つけるためにも、とても良いことです。
毎日撮影していると、自然に自分がなにを撮りたいのか見えてくると思います。
また、技術的にも上達します!撮って見返して、の繰り返しで必然的に写真は上手くなりますので、写真が上手くなりたい!と思う方は、どんどん撮ってみてください。
そして、"これはいい写真だなー!"と自分で思える1枚があったら、なぜ良いのかを少し考えてみると良いです。どうしてその写真が良いと思うのか、きっとそこにはいい写真、自分の作風探しのヒントが隠れていると思います。
自分の作品作りには、経験は絶対に欠かせません。どんどん撮りに出かけて、素晴らしい写真を撮ってみてください^_^

ヒント3.写真展に出かけてみる

写真出典:http://direction-q.com/project/290/

いい写真を撮るヒント3は、写真展に出かけてみること。人の写真を見て、私もこんな写真が撮ってみたい!と心を動かす作品に出会えたら発見です。
鳥肌が立つくらいの、衝撃的な出会いがあるかもしれません。たくさんの写真を目にすることで、自分の知識がたまっていきます。

アマチュアの写真展でも、プロの写真展でも良いと思います。とにかく大切なのは、たくさんの他の人の写真をみること。

そして、もしそこで好きな写真家さんを見つけたら、その人の本を買ってみてみるのもオススメです。好きな写真は見ているだけでもとても楽しいのですが、撮り方や作風の勉強にもなりますので、ぜひ機会があれば買ってみてください♪

ヒント4.作品に世界観の一貫性を持たせる

自分の作品と呼べる写真を撮っていくなら、自分の世界観の一貫性があると良いと思います。

1枚1枚はステキなんだけど、自分の色がなかったり、テイストがバラバラだったり。それはそれでありですが、作品作りをするのであれば、その写真たちに一貫性があると尚良いです。
例えば、淡い風景写真を撮っていく!と決めたらそれを全ての写真で統一します。そうすると、作風の一貫性がでます。いろいろな写真を並べたときに、その人の個性・感性が第三者が見ても感じられるようになります。

蜷川実花さんという写真家さんがいますが、どの写真にもビビットで強い印象の一貫性があります。例えば1枚の写真を見たときに、色合いや撮り方などで、蜷川実花さんの写真だと分かりますよね。それが、自分の作風だったり、作品なんだと思います。

作品=自分の色や感性を表現し一貫性をもたせる

そんな風に考えると、作品作りというとのがわかりやすいかもしれませんね。
技術はなくとも、"これをこんな風に撮っていきたい"という強い気持ちがあれば作品はできます。むしろ、技術よりも気持ちの方が大切かもしれません。

それができれば、個展や写真集なども夢じゃないかもしれません。有名な写真家さんでも、独学でカメラをやっている人は意外に多いんですよ♪

ヒント5.自分の写真をアウトプットする

写真撮った写真は、どんどん外に出していきましょう。例えばFacebookなどのsnsにアップしたり、カメラガールズならこのホームページにアップしたり。そうしていくうちに、嬉しいコメントや反響があった写真など、たくさんの発見があると思います。またプリントして自宅に飾るのも良いと思います。

要は、撮って終わりではなく、それを誰かに見せたり、自分で見返してみたりすることが大切です。
そんなことを繰り返していくうちに、自然に自分の作品は出来ていくと思います。
ぜひ自分の作品をどんどんアウトプットして、世に出してみてください^_^

きっとあなたにしか撮れない写真があるはずです!それはもう見つけたもの勝ち♪ぜひどんどん自分の写真、いい写真を極めてくださいね^_^

コメント

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. プリントして手元に置いた時にいろいろ発見することもあります。ですのでプリントは「自分らしさ」を見つけるのにいいきっかけになると思います~。そしてそれを展示しようと思うと更に客観的になれるので、展示もオススメです☆

  2. ほんと、ずっと悩んでふらふらしてます。
    展示に出すと自分の写真を見つめなおすきっかけになりますね♪カメラガールズで展示企画とか海月ちゃん、ぜひ!

  3. これ、今一番悩んでいるところのひとつでして…!目指すところはあるのですが…!すごくためになりましたー!ありがとうございます!

  4. 理子さんの言うように、カメラガールズの展示会があったらいいですね!ぜひお願いします(*^^*)

コメント