カメラガールズ|カメラ女子の毎日をHAPPYに。

カメラ女子の毎日をHAPPYにする、"写真"のWEBマガジン。

最大撮影倍率

最短撮影距離で撮影した場合の、被写体の実物の大きさとフィルム面に撮影された被写体の大きさの比率を 「最大撮影倍率」といいます。

1:1、1:2というように比率で表記します。

例えば、10cmのものがフィルム面に5cmの像として撮影される場合、その倍率は1:2ということになります。
等倍(1:1)のレンズの場合は、10cmのものは10cmとして写ります。 が一番大きく、実寸大で写せます。
そして、最大撮影倍率はレンズによって違います。
とくに最大撮影倍率が1:3~1:1のレンズはマクロレンズと呼ばれ、大きく被写体を写せます。

このように、最大撮影倍率の数値によって撮影できる大きさが異なり、等倍が一番大きく写せます。
マクロレンズを購入する際には倍率も確認しておきましょう。

コメント

Return Top