1. HOME
  2. HOWTO
  3. HOWTO
  4. マニュアルモードで撮影しよう
HOWTO

マニュアルモードで撮影しよう

HOWTO

みなさんマニュアルモードで撮影したことはありますか?
オートや絞り優先モードしか使ったことがない方も多いのではないでしょうか。一見難しそうですが、露出さえ理解していればオートモードよりもラク!!!思い通りの写真が撮りやすいので、私はいつもマニュアルモードで撮影しています。

マニュアルモードってなに?

マニュアルモードは、ISO感度・F値・シャッタースピード全てを手動設定できるモードです。
これらの数値を手動で変えることによって、露出を決めます。

マニュアルモードにするメリットは?

① 明るさを自分で決められる
露出を適正値にするためには、ISO感度・F値・シャッタースピード、この3つを調整する必要があります。 AvやTv(NikonやSONYではA・Sと表記)などのオートモードでは、ISO感度・F値・シャッタースピードのうちの1つはカメラ任せになってしまいますが、 マニュアルモードでは、全て自分で設定ができますので、被写体やシーンにあわせて自由に調節可能です。

② 測光に左右されない
AvやTvなどのオートモードでは、測光で計った明るさの数値に応じてカメラが自動で設定をします。 つまり、数値が測光に左右されてしまいますので、同じ状況で撮影した場合でも、明るくなったり暗くなったりと、一定の明るさで撮影ができない場合があります。 一方、マニュアルモードの場合は全て手動設定ですので、測光の値にかかわらず、同じ条件での撮影が可能です。 安定したムラのない撮影は、商品撮影などお仕事での撮影には必須です。

③ ハイキーもラクちん
AvやTvなどのオートモードでは露出補正を調節してハイキーな写真に仕上げますが、 測光で計った数値によってはなかなか明るくならなかったり、明るすぎてしまったり・・・ということもしばしば。 一方、マニュアルモードは自在に各設定が調整可能ですので、ハイキーな写真もラクちんです。 おもいっきり飛ばしたいとき、おもいっきりアンダーで撮影したいときなど、自由に調節ができます。

④ 逆光でもAEロックいらず
AvやTvなどのオートモードで、逆光の撮影をするときはAEロックをして撮影すればOK! ですが、 この場合もロックする数値で明るさは変わってしまいます。 また、いちいちAEロックボタンを押してフレーミングしなおして撮影をするのも面倒。 一方、マニュアルモードでは全部手動のためAEロックも必要なし。被写体が綺麗に写る数値で撮影をすればOK。 逆光でも一度設定を整えてしまえば、あとはサクサク撮影可能です!


マニュアルモードを使うには・・・

マニュアルモードを使うには、まずは露出を理解することです。
露出を理解していないと、暗くなってしまったり、真っ白に写ってしまったり、画質が悪くなってしまったり・・。
でも、露出さえ理解できればあとは設定を調節して撮影するだけ。 そんなに難しいモードではありません。

また、カメラには現在の明るさの数値を見ることができる『露出インジケーター』がついています。
『露出インジケーター』とは、ファインダーをのぞくと表示されている目盛りのこと。 目盛りがプラスになればなるほど、「明るめですよ~」、マイナスになればなるほど、「暗めですよ~」という意味になります。 この目盛りが現在の設定での明るさの目安となりますので、大失敗することもありません。

いかがでしたか? もし分からないことがあれば、カメラの相談係をぜひ利用してみてくださいね。

INSTAGRAM

PIC UP