カメラガールズ|カメラ女子の毎日をHAPPYに。

カメラ女子の毎日をHAPPYにする、"写真"のWEBマガジン。

【沖縄撮影スポット】世界遺産がいっぱい!!琉球王国を撮り歩こう♪

【沖縄撮影スポット】世界遺産がいっぱい!!琉球王国を撮り歩こう♪

沖縄には、9つもの世界遺産があることはご存知ですか??
2000年に首里城をはじめとした5つのグスク(城跡)と、4つの関連遺跡がユネスコの世界遺産に登録されました。
今回はこの中から、フォトジェニックな世界遺産をいくつかご紹介します♪

琉球に思いをはせる、歴史さんぽ!

1.首里城
1429年から1879年までの450年間、日本の南西諸島に琉球王国という王政の国がありました。
中国や日本、東南アジアとの交易により独自の文化が生まれ、その外交・文化の中心であったのが首里城です。
1945年の沖縄戦で焼けてしまいましたが、国営公園として復元され、2000年に日本で11番目の世界遺産として登録されました。

 

YUKIさん(@saxxxyuki)がシェアした投稿 -




 

keroさん(@kerohiro2012)がシェアした投稿 -



公園内にある「鎖之間(さすのま)」では、琉球王国時代の伝統菓子やお茶を楽しむことができます!
たくさん歩いて写真を撮った後は、ここでゆっくり休憩していきましょう(^^)

 

yukoさん(@kewpie2)がシェアした投稿 -



▼アクセス
・車の場合
那覇空港から国道331号線へ出て、那覇市内中心部へ。
国道58号線に入り、泊交差点を右折。県道29号線を直進して首里方面へ。

・ゆいレール(モノレール)の場合
那覇空港駅から「ゆいレール」に乗車。
首里駅にて下車。 徒歩約15分で守礼門に到着。


2.今帰仁城跡
今帰仁城(なきじんぐすく)は、沖縄本島の北部、本部半島にある歴史的な城です。
その歴史は13世紀までさかのぼるそうですよ!!
がっしりとした城壁に囲まれた城は、標高100メートルの場所に位置し、やんばるの地を守る役割を果たしていました。


 

空さん(@sky.sky.sky.blue)がシェアした投稿 -

 



どんどん上っていくと、城壁の向こうに海と空が広がっています!
また、1月頃に日本一早く咲く桜、カンヒザクラの名所としても有名です。
季節ごとにいろいろな楽しみ方ができるので、ぜひカメラを持っておでかけしてみてください(^^)


▼アクセス
・車の場合
那覇空港から1時間40分。
那覇ICから乗り、沖縄自動車道の許田ICを降りる。県道494号線、県道505号線を経て今帰仁城跡入り口を右折。


3.識名園
識名園(しきなえん)は、1799年につくられた琉球王家最大の別荘です。
王家の保養や、中国からの冊封使(さっぽうし)を歓待するために使われました。
ここでは、琉球時代の特別な人しか使えなかった空間、魅力を感じることができますね♪


 

T.Kさん(@takachanmandesu)がシェアした投稿 -

 
日本庭園と似てるけど、なんかちょっと違う…そんな気がしませんか?
識名園は、池泉回遊式という日本庭園の様式を基本に設計されていますが、園内にある石橋や六角堂は中国風なんです!
日本と外国の文化がチャンプルー(ごちゃまぜの意味)されていて、ここでしか見られない景色ですね!!




 
南国の植物も識名園のみどころのひとつです!
デイゴ、ガジュマルの他にもレモンやバナナが植えられています。
かつてはバナナ園があって、その名残でわずかにバナナの木が残っているそうですよ(^^)

▼アクセス
・車の場合
那覇空港から、国道332号線、那覇東バイパス(329号線)に入る。
上間交差点で県道82号線の方向へまっすぐ進み、県道222号線に入ってすぐ。

・ゆいレールの場合
那覇空港から「ゆいレール」に乗り首里駅で下車。タクシー15分。


沖縄の世界遺産をご紹介しました!
様々な国の文化がいり混じっている琉球は、フォトジェニックな場所がたくさんあります。
歴史は自然はもちろんですが、写真も楽しめること間違いなしです♪

コメント