カメラガールズ|カメラ女子の毎日をHAPPYに。

カメラ女子の毎日をHAPPYにする、"写真"のWEBマガジン。

【直島】自然とアートを満喫しに、直島へ行ってきました!

【直島】自然とアートを満喫しに、直島へ行ってきました!

アートと自然の島、直島。香川に行ったら外せないアートな撮影スポット満載の直島町へ感性を磨く女子旅に出かけてみるのはいかがでしょうか?
実際にカメラガールズが旅して撮影した写真と共に、香川県直島町の魅力をたっぷりとご紹介します!

香川県直島町とは

naoshima017香川県の直島町(なおしまちょう)は、瀬戸内海の上に浮かぶ県北部の直島を中心とした、小さな島です。
直島へのアクセスはフェリーか高速船のどちらかになりますが、どちらも高松駅から歩いてすぐの高松港からの出発になります。
香川県の島ですが岡山に近いため宇野港からも行くことができます。
直島に到着して最初にお出迎えしてくれるのは草間彌生の『赤かぼちゃ』。自然と芸術が素晴らしいとても面白い島です。
移動手段は車、バス、自転車ですが、お天気が良ければ自転車での散策がおすすめです。
島内の道路はアップダウンが激しいので、体力に自身がない方は電動自転車や車、バスの移動の方が楽しめます^^

直島町の撮影スポット

naoshima055実際にカメラガールズメンバーが行って撮った写真と共に、直島町の中でもオススメな撮影スポットをご紹介します!感性を磨くカメラ女子旅へ、週末に出かけてみてはいかがでしょうか?

赤かぼちゃnaoshima054直島宮浦港のすぐそば、草間彌生さんの代表作『赤かぼちゃ』。
このかぼちゃには穴が開いていて中に入ることができます。草間彌生さんの作品らしく外も中も水玉です。
おすすめは夜のライトアップされた赤かぼちゃ。なんとも幻想的な雰囲気になっています。

▼赤かぼちゃの詳細
アクセス:宮浦港すぐ

地中海美術館naoshima035残念ながら美術館の中は撮影禁止となっていますが、建物や作品の見せ方がとても面白く、美術館の周りにもたくさんの撮影スポットがあるので直島に来たらぜひおすすめしたい撮影スポットです。
美術館の門前には『地中の庭』があり、こちらは撮影可能。専門の庭師もいて常に手入れされており、モネが好んだ睡蓮の池や季節の花が咲いています。
特に館内にあるカフェのお庭からの景色は最高!館内で唯一写真が撮影できる場所でもあります。ぜひ立ち寄ってみてください^^
ちなみにチケット売り場と美術館は道路を挟んだ別の場所にあります(徒歩3分くらい)。

▼地中美術館の詳細
営業時間:10:00〜18:00(10月1日から2月末日は17:00まで)
休館日:月曜日※祝日の場合開館、翌日休館
入場料:2,060円
駐車場:あり
アクセス:宮浦港から直島町営バスつつじ荘下車(100円)、そこから徒歩もしくはベネッセアートサイト直島場内シャトルバス(無料)で5分
公式サイト:http://benesse-artsite.jp/art/chichu.html

黄かぼちゃnaoshima023青い空と海に黄色が映える黄かぼちゃ。
町営バス 宮浦港発の終点の『つつじ荘前』で下車して海沿いへ少し歩くとかぼちゃが見えてきます。
かぼちゃへと続いている道は満ち潮になるとなくなり、黄かぼちゃが海の上にあるように見えるので、満ち潮のときに行ってみるのもレアでおすすめです^^

▼黄かぼちゃの詳細
アクセス:つつじ荘の海沿い近く

直島パビリオンnaoshima007宮浦港に2015年3月24オープンした新しい直島のアートスポット。
7mものステンレスメッシュからなる多面体のオブジェの中には入ることも可能で、内側から撮影してみるとまた違った写真が撮れます。
夜にはライトアップされるので、赤かぼちゃと共に夜のアートツアーにでかけてみては?

▼直島パビリオンの詳細
アクセス:宮浦港すぐ

I♡湯naoshima026

直島の銭湯『I♡湯』は海外からの注目も高い宮浦港のそばにあるひときわ目を引くカラフルな建物です。
玄関先では金魚が泳ぎ壁には様々な模様のタイルが貼られ、入る前からわくわくが止まりません!
実際に銭湯に入ることもできるので、撮影スポット&癒しスポットとして訪れてはいかがでしょうか。
手ぶらでも入浴できるお風呂セットやオリジナルのTシャツも販売されているので安心ですね。

▼I♡湯の詳細
営業時間:(平日)14:00 〜 21:00、(土日祝日)10:00 〜 21:00
休館日:月曜日※祝日の場合開館、翌日休館
鑑賞料金:510円
駐車場:町営有料駐車場をご利用下さい
アクセス:宮浦港から徒歩約2分
公式サイト:http://benesse-artsite.jp/art/naoshimasento.html

トトロのバス停naoshima061地中美術館とつつじ荘を結ぶ道沿いの途中にずらっと並んでいるバス停。よく見てみるとネコバスの停留所になっています!
時刻表にはいつでもネコバスくるよとあります。運が良ければ出会えるかもしれませんね。
徒歩や自転車だと坂があるので車で行くのがおすすめです。

▼トトロのバス停の詳細
アクセス:地中美術館とつつじ荘を結ぶ道沿いの途中

海ほたるnaoshima048あまり知られてはいませんが、直島にはきれいな海にしかいない『海ほたる』がいるのです!
黄かぼちゃの近くや桟橋、ナイトクルーズ、催しなどに参加すると見ることができます。

街中には地図にはないアートで溢れています

naoshima028空き缶アートnaoshima030猫のアートnaoshima037毛糸のアートnaoshima038カボチャのアートnaoshima039直島ダム付近の巨大ゴミ箱アート
naoshima040瓦を使ったコミュニケーションアート
naoshima043

のれんプロジェクトnaoshima044染色作家・加納容子さんによるのれんプロジェクト。
オシャレなカフェやレストランに素敵なのれんがかかっています。お気に入りの一枚を見つけてみては?

屋号プロジェクトnaoshima041屋号って知ってますか?
昔の名字みたいなもので、家ごとに違います。この屋号を復活させたのが屋号プロジェクト。
直島の町役場ではこの屋号プロジェクトの地図を無料で配布しています!

家プロジェクトnaoshima027家プロジェクトとは、昔に実際使われていた空き家を改修して、アートとして復活させた建物。
「角屋」「南寺」「きんざ」「護王神社」「石橋」「碁会所」「はいしゃ」の7軒。
見た目は普通の家なので見た目だけでは分かりづらいです。撮影禁止の建物が多いですが、一見の価値あり。
体験型のものから言われないと分からないものまで居住区にポンとありますので、見逃さないように!

直島町のオススメグルメ

naoshima024アートだけではありません。直島はグルメだってすごいんです!

Cin.na.mon(シナモン)
naoshima005古いお店を改装したカフェで、アートもある落ち着いた空間。
昼はカフェ夜はお酒の飲めるバーも楽しめる直島では貴重な夜まで営業しているお店です。
直島には古民家を改装したお店が多いので、訪れた際はお気に入りのお店を探してみてください。

▼Cin.na.mon(シナモン)
営業時間:11:00~15:00、17:00~22:00
休業日:月曜日・不定休
アクセス:海の駅なおしまから徒歩3分
公式サイト:http://www.cin-na-mon.jp/

カフェNaoPAM(ナオパム)naoshima008こちらも古民家を改装したカフェで、見所はお店の中にある藁アートの巨大なナウマン象!
瀬戸内海でとれた新鮮なお魚料理も味わえます。島料理ならではの自慢の逸品を味わいにお立ち寄りください。

▼カフェNaoPAM(ナオパム)
営業時間:11:00〜19:00
定休日:月曜日
住所:香川県香川郡直島町2268−2
公式サイト:http://naopam.net/

シオヤダイナーnaoshima050直島にいながら異国の雰囲気が味わえるI♡湯のとなりにあるシオヤダイナー。
店内はアメリカンでノスタルジックな雰囲気のかわいいお店です。こちらのタコライスは絶品!ぜひ食べて見てください。

▼シオヤダイナーの詳細
営業時間:11:30~20:30
定休日:月曜+不定休
アクセス:宮浦港フェリー乗り場すぐ

SORASHIO(ソラシオ)を使った直島塩キャラメルnaoshima058潮の流れが早いのでお魚や良い海水が集まる直島つり公園の海水を使った『直島塩キャラメル』は直島港で販売しているので、お土産におすすめです。
通常の塩は沸騰凝縮されて作られていますが、このSORASHIOは太陽の日差しで凝縮されているので、カルシュウム豊富でほんのり甘いお塩になっています。
甘みの中にあるほんのり優しい塩味を感じてみてください^^

コメント