1. HOME
  2. PEOPLE
  3. COLUMN
  4. YouTubeの撮影と編集方法
COLUMN

YouTubeの撮影と編集方法

COLUMN

編集部の田中です。見ていただいた方もいらっしゃるかもしれませんが、実は最近YouTubeチャンネルを開設しました。今週はYouTubeの撮影と編集方法について、裏側の話を書いてみたいと思います。

YouTubeを始めた理由

自由が丘から亀戸の一戸建てにお引越しをしまして、その物件を1からDIYをしていくことになったのですが、それを記録として動画に残したら面白いんじゃないかなと思いYouTubeを始めて見ました。今はまだ壁紙を剥がしたり、畳をはがしたりなど下処理の段階ですが、今後どんどんスタジオが完成していくに連れてきっと見応えのある動画になると思っています。
そして動画を通して、カメラガールズのメンバーさんやWEBを見てくださっている方に少しでもカメラガールズを身近に感じてもらえれば嬉しいです。
(決して、ユーチューバーになりたいわけではありません…なので広告は流れませんので安心してご覧ください…笑)

YouTubeの撮影方法

YouTubeにアップしている動画は全て、iPhone11proで撮影しています。一眼レフやDJIなどの機材もあるのですが、動画撮影自体が重たいものになってしまうと継続してくのが難しいことと、動画のためではなくあくまでDIYをするために作業しているので、iPhoneで撮影しました。
音声は少し拾いにくいのですが、今の所これで成り立っているのでいいかなあと思っています。撮影してみて思ったのですが、インカメは少し荒れるので外側のカメラで撮影するのが良さそうです。またスマホのマイクのところを指で塞いでしまうと音声が入らないので、持ち方に注意しないといけないようです。

YouTubeの編集方法

動画編集は私が担当していまして、AdobeのPremiereというものを使っています。Adobeを選んだ理由は、そもそも月額のフルパッケージを契約しているからという理由です…。使い始めたのは1年前くらいですが、とても使いやすく、分からないことはネット検索すれば解決方法が色々出てきますので使用方法を勉強することもなくスムーズに使用できました。編集時間は、1本あたり30分〜1時間程度です。また AdobeのPremiereはフィルム風フィルターがあるので、映像をちょっとフィルム感ある色合いにできます。他のソフトにも同様の機能はありますが、Premiereのフィルターが一番いい感じな気がします。

ちなみにPremiereの他にもファイナルカットやiMovieなど色々なソフトがありますが、私の弟(ユーチューバー目指してやっています)はファイナルカットが使いやすいと言っていました。どれが使いやすいかは人それぞれ違いますね。動画編集を初めてみたい方は色々なソフトを無料体験で試しながら決めるといいかもです。

YouTubeのススメ

最初は動画に出るのが恥ずかしかったり、やり方がわからなかったりなど、ハードルが高いと感じていたのですが…やってみるとすぐに慣れましたし、思ってた以上に撮影や編集は楽しいです。
YouTubeを始める=ユーチューバーを目指すものではなく、ひとつの趣味として楽しんだり、スキルアップのために取り組むなど、写真撮影と同じように、好きに楽しめばいいのだと思います。
おうち時間を活用して動画編集にチャレンジしたり、YouTubeを始めてみるのもいい機会かも、ですね。

INSTAGRAM

PIC UP