1. HOME
  2. PEOPLE
  3. PEOPLE
  4. カメラガールズインタビュー Helenさん
PEOPLE

カメラガールズインタビュー Helenさん

PEOPLE

素敵な写真を撮影するカメラガールズメンバーを紹介するカメラガールズインタビュー。今回はご自身が制作された短編映画「生きるがまま」がイタリアの国際映画祭で選ばれた「Helen(ヘレン)」さんにお話を伺いました。

●ヘレンさん作 短編映画「生きるがまま」

短編映画「生きるがまま」

編)ヘレンさんは海外ご出身とのことですが、ご出身はどちらですか?
- イランの出身ですが、幼少時代は韓国で過ごし、現在は日本に5年前から住んでいます。

編)写真や動画を始めたのはいつごろですか?
- 物心がついた時から映画が好きでした。また、アートは全体的に好きですが、特に写真や映画制作を通して、物語を語ることがとても好きです。これを理由に、高校生の時に定期的に写真を撮り始めました。

編)写真や動画を始めたきっかけを教えてください。
- 私は、子供のころから書くことが好きで、特に物語を書くことに強い興味がありました。しかし、大きくなるにつれ、映像を通してでも物語を語れることに気づき、写真撮影や映像制作に取り組み始めました。これをきっかけに、映画の観客のみで終わらず、映像を通して自身の物語を語ろうと心に決めました。

編)撮影機材はどんなものを使われていますか?
- 主にデジタルカメラを使用しています。とても簡単に使用することができ、またテイク数にも限りがないので愛用しています。今回の撮影と最近の写真では、EOS canon 800D を使用しています。

編)今回なぜ短編映画を作ろうと思ったのですか?
- 2019年にイタリアのミランの大学で映画作成を学べる奨学金を獲得し、そちらでさまざまなワークショップに参加した後に自身の短編映画を作ろうと決めました。現在は、この分野での実績を積められるよう努力しています。

編)映画を拝見しましたが、とても素敵で奥の深い映画でした。
この映画のロケ地はどのように選んでいるのですか?
- 今回作成した短編映画では、郷愁の雰囲気を醸し出すために古い駅があるロケ地を探しました。無人駅などいろいろなロケ地を探しましたが、最終的には、物語の雰囲気にぴったりであった広島県にある駅を選びました。個人的に、日本にある駅は美しいと考えており、写真撮影の場所としても気にいっています。

編)企画・撮影から編集までHelenさんお一人で作製されたのですか?
-  一人で作成するのは不可能なので、チームワークで作成しました。脚本と監督は私自身で勤めたので、大体の指示は私が出しましたが、結果としてはチーム一人一人の努力で作品が成り立っています。なので、チームの皆さんに対しては感謝でいっぱいです。

編)動画や映画は普段からよく撮影しますか? また、どんなものを撮影しますか?
- 私は、普段からよく物語を書いたり、写真を撮ったり、映画作成をしたりしています。この三つの事柄を自身の想像に任せて組み合わせています。ジャンルやイメージに執着しないように注意していますが、私は特にコンセプチュアルフォトグラフィーやインディース映画、アートフィルムに興味があります。また、私が大学で専攻している学問による影響だと思いますが、文化や社会、人類学などにも興味があります。

編)作品づくりのこだわりがあれば教えてください。
- 映画作成には、映画撮影術、サウンド、編集、音楽、キャスティングなど様々な要素が含まれています。しかし、映画作成チームの中に理解と思いやり、そして支えがあればチームとして映画作成の難解を乗り越えられると思うので、とても重要だと思います。

編)今後はどんな作品を作りたいですか? また、今後の目標はありますか?
- 現在はミュージックビデオを同じチームと作成しており、また二つのコンセプチュアルフォトグラフィーにもそれぞれのテーマで取り組んでいます。作成後、カメラガールズさんにもお送りしたいと思います。
私の最終的な目標は、長編特作映画を作成し、映画館で上映されることです。このような目標をもちながらも、同時に一つの方法に固執せずに物語を語り続けたいとも考えています。特に、日本のシネマが好きなので、日本に住めて幸運だと思っています。

編)日本に住めて幸運だなんて、なんだか日本人としてとても嬉しいです。最後に、カメラガールズで今後興味のあるイベントや企画はありますか?
- カメラガールズの組織と関わることがとてもうれしく思います。写真撮影や映画作成等のアートの世界は競争率が高いので、同様の興味を持ち、応援してくれる人たちといれるのは光栄です。
また、カメラガールズの皆さんから私の映画に対してたくさんの良いコメントをいただけてとてもうれしく思います。
そして、カメラガールズにはたくさんの興味深いイベントがあるのを知っており、写真コンテストやアウトドアイベント等楽しみにしているイベントがたくさんあります。

最後に、カメラガールズにこのような機会をいただけてとてもうれしく思います。

Helenさん、インタビューへのご協力ありがとうございました!
今回は短編映画を全てをお見せすることができないのが残念ですが、また新しい作品を楽しみにしております。

今後もカメラガールズメンバーをご紹介していきますので楽しみにしていてくださいね。

Helen さんの Instagram

PIC UP