1. HOME
  2. PEOPLE
  3. PEOPLE
  4. クリエイティブな人たち Vol.1 「イラストレーター anhpy」
PEOPLE

クリエイティブな人たち Vol.1 「イラストレーター anhpy」

PEOPLE

今回が初回となる企画「クリエイティブな人たち」。この企画では、編集部が見つけた「クリエイティブな人」をインタビュー形式でご紹介していきます。
記念すべき1回目は、デザイナー/イラストレーターとしてご活躍されている「anhpy」さん。動物をモチーフにした繊細なイラスト作品や、ご自身で撮影された写真とイラストを融合させた作品など、クリエイティブで美しい作品づくりをされているアーティストさんです。そんなanhpyさんに、イラストレーターとしてのお仕事をはじめたきっかけや、写真へのこだわりなど、『クリエイティブなこと』をたっぷりと伺いました。

デザイナーというお仕事のこと

朝焼けのしたく

編)デザイナー・イラストレーターのお仕事を始めたきっかけや経緯を教えてください。
- パンケーキ屋でアルバイトをしていた時に、窓にマーカーでペイントをしたのが最初のきっかけです。その後は花屋へ就職するも帯状疱疹になり退職。人生の迷子になった矢先に知り合った元恋人に後押しをされて、それがとても大きなきっかけになりました。

編)今では、デザイナーやイラストレーターが本業なのですか?
- はい。現在はフリーランスとして仕事をしており、名刺のデザインやロゴを中心にイラストを描いています。また、今後はアーティスト活動にも力を入れて行きたいと考えています。

編)人生の迷子からプロのデザイナーさんへの転身なんて、人生なにが起こるかわかりませんね…。デザインやイラストはどのように勉強されましたか?
-デザイン(イラスト)は独学で、パソコンが大の苦手だったのでイラストレーターとフォトショップなどデジタルツールを学びに週一で専門学校に通いました。後は日常で目にする媒体からインスピレーションをキャッチしています。

写真のこと

窓の向こう

編)イラストと写真を融合させた作品を多くつくられていますが、写真は何で撮影されていますか?
- 写真はiPhone7plusのカメラで撮影をしています。本当はよりカメラにこだわりたいのですが、なかなか手が回らないのが現状です。
編)iphone(しかも、7plus)で撮影されていたなんて…驚きです。写真の撮り方など、こだわりなどありますか?
-撮影で意識をしているのは空間と被写体を全て写すのではなくどこかをカットすることなのですが、割と感覚に近く説明が難しいですね。

作品づくりのこと

遠い日の想い

編)どんなイラストを描くのが好きですか?
- 細い曲線を使い動植物を描くことが好きで、流れの中にどこか切なさを感じながら描くスタイルです。また、完璧な線ではなくよれていたりするタッチが好きで、ストーリー性がありつつも極力シンプルなイラストを描くのが好きです。
編)どんなときに作品のイメージが湧いてくるのですか?
- メッセージを伝えたい瞬間に急に湧き、慌ててスマホのメモアプリで書きだめることが多いです。後は、悲しさや切なさなどの感情に触れた際に、心の中で物語を作るようなイメージでイラストを描きます。オーダーの際もクライアントからのキーワードを元にストーリーにしてから描きます。
編)イラストは手描きですか? それともペンタブ等を使われていますか?
- ラフの際はメモのために手書きでノートに残しますが、ほとんどペンタブを使い描きます。手書きとデジタルとでは仕上がりが少し違うため、最終型を連想した際によりイメージに近いツールで描きます。
編)anhpyさんの作品は購入できますか?
- 現在はInstagramからの受注のみですが、今後はオリジナルグッズの展開も考えており、専用のホームページを設けて購入できるシステムを整えようと考えています。ただいま急ピッチで準備しており、今しばらくお待ちいただけると幸いです。
編)ホームページから購入できるととても嬉しいです!今後のリリースを楽しみにしています!

おわりに

編)最後にこの記事を見ていただいた方にメッセージがあればお話しください。
- アーティスト活動を本格化して間も無く、シンプルな線の中にストーリーや願いを込めながらイラストを描いています。 当の本人はフワフワしていて、Instagramにてフェミニンな視点からメッセージを発信をしているので宜しければ覗いていただけると嬉しいです。

anhpyさん、今回はインタビューのご協力をありがとうございました。
生み出す作品と同じくらい、優しく柔らかい性格もanhpyさんの魅力のひとつだと感じました。
写真の色使いもとても優しく、写真愛好家としてとても参考になる作品ばかりです。インスタグラムではもっとたくさんの素敵な作品をたくさんご紹介されていますので、ぜひインスタグラムもチェックしてみてくださいね。

PIC UP