【海外】スイスの首都、ベルンをカメラ旅してきました!

みなさんスイスの首都ってどこだか知ってますか? スイスと言えば大体の方がジュネーブやチューリッヒという都市名を思い浮かべます。しかし実はスイスの首都はベルンという街なんです。聞きなれないこの街ですが実は旧市街の街並みが世界遺産に登録されているほど歴史情緒にあふれた美しい街です。今回はこのベルンをカメラを片手にお散歩してみました!

ベルン中央駅

ベルンの中心にあるベルン中央駅。ここからお散歩開始です。駅の外に出るとスイス国旗を連想させる真っ赤なトラムが旧市街の街を走っています。近代的な乗り物が歴史的な街の中を走る様子はさすが先進国家スイスです!

スイス連邦議事堂

首都!とだけあってベルンには日本の国会議事堂に当たる連邦議事堂があります。お城のような建物の前は大きな広場になっていて開放感がたまりません!

広場で交流 !

連邦議事堂から少し歩くと街中にまた広場がありました。こっちの広場はカフェテラスやマーケットなどがあり、観光客から地元の人までいろんな人で賑わっています。

路上にはチェス盤が描かれており、木でできた駒を使って誰でも対戦できる場所もありました。その日その場に来た人がチェスを通して交流するなんてなんだか素敵です…!

マーケットではチーズやサラミ、ピクルスなどを量り売りしてもらえます。
私は、熟成されたグリュイエールチーズを購入してみました。コクがありマイルドな美味しいチーズ!たどたどしい英語でしたがお買い物するだけで、なんだか気分はヨーロピアンです(笑)

どこを歩いても美しい街並み!

本当にどこを歩いても美しい!ベランダには赤い花が置いてあり、噴水や可愛い像、大きな時計台などなど全てがスイスっぽさを出しています!

郊外で自然を感じる!

どんどん進んでいくと綺麗なエメラルドグリーンの川が見えてきました。アーレ川です。赤色の屋根の街並みとは対照的な色合いが、とても映えます! 澄み切った自然を感じ、思わず深呼吸してしまいました。

ベルンは熊で有名!

橋を渡ると橋の下に、なんと熊が!!
でもご安心ください。こちらは、熊が有名な街ベルンのクマ公園で飼育されているくまさんです。調べてみたらそもそもベルンという地名はドイツ語の熊(Bär)に由来しているそうで…市の紋章にも熊が描かれており何かと熊にゆかりのある土地だそうです!

ちなみに場所によっては結構近くから熊が見えます!

バラ公園でベルンの街を一望!

さてさて、くま公園を通り過ぎる今度はバラ公園があります。
結構急な坂道を歩くのですが、その疲れもすぐ忘れちゃうほど綺麗な景色が広がっています。しかもちょうどいい高さに塀があり、ここで写真を取らない手はないですよね!
公園では持ってきたパンやチーズを食べている人もちらほらいました!こんな絶景をみながら過ごす休日なんて、人生で何回経験できるでしょうか…ベルン市民が羨ましいです!

…いかがでしたか?
美しい自然と、歴史を感じる旧市街の街並みが織りなす景色はまさに絶景です!!ぜひスイスを訪れる機会があれば景色を楽しみながら散歩し、公園でピクニックしてみてください!きっと一生の思い出になります!!

編集/カメラガールズEditors Yukiko Imagawa ( Instagram )