きななのパリ撮影レポート<Day3>

カメラガールズのきななです。

ずっと漠然とした憧れがあったパリ。
きっと見るもの全てが素敵なんだろうな、
なんて憧れていました。

2019年4月、
ようやく念願叶って
はじめてのパリに行ってきました。

…やっぱり、パリは最高だった!

そんなパリ旅行体験を共有したいと思い、レポートを書かせていただきました。パリに行ってみたい方や、行こうと思っている方へ、旅の参考になれば嬉しいです。今回はパリ旅行2日目のレポートです。

〈  Day3 〉

AM 8:00 モンパルナス駅
鉄道(SNCF)に乗って、ベルサイユ宮殿へ向います!
こちらも〈 Day 1 〉に購入した『navigo』を使用しました。最短15分程で最寄駅のヴェルサイユ・シャンティエ駅に到着し、そこから道なりに15分程歩くとベルサイユ宮殿に到着です。

宮殿に行くまでにあった素敵な建物で撮影

年間約600万人も観光客が来ると聞いてもぴんときませんでしたが、百聞は一見にしかず。朝早くから入場口には、長い列が出来ていました。
宮殿に入る前から分かっていましたが、とにかく大きい!豪華!ド派手!あまりにも被写体が大きく、人が多すぎて、どう写真を撮るかとても悩みました…。

ベルサイユ宮殿  鏡の間で撮影

どう撮るべきか、悩みながら撮った写真。写真の左下の点々と写っているは人混みです。どうしても映り込みますね…。
あまりにも壮大なスケールに自分がミニチュアになったかのような気分になりつつ、どんどん人混みに流されていきました(笑)

宮殿内で撮影

宮殿内をさっと見て回るだけで1時間半以上が経過。見るもの1つずつに圧倒されていると、少し疲れてしまいました(笑)
ベルサイユの街をのんびりお散歩してから、パリ中心部へ戻ります。

ベルサイユの街で撮影

PM3:00  サクレクール寺院
一度ホテルでのんびりとしてから、モンマルトルの丘に建つサクレクール寺院へ来ました。

サクレクール寺院前で撮影

中に入ってみると、外から見るよりもさらに広く感じます。たくさんのステンドグラスに光が射す様子はとても綺麗です。寺院内をぐるっと見学し、ベンチに座って荘厳な雰囲気を静かに楽しみました。

サクレクール寺院内で撮影

モンマルトル周辺にはたくさんの観光スポットがあり、映画「アメリ」で有名なカフェやキャバレーの「ムーランルージュ」、世界中の愛の言葉が書かれた「ジュテームの壁」があります。どこを撮ってもフォトジェニック!

ムーランルージュの前で撮影
ジュテームの壁

昼間はたくさんの観光客で賑わっているので、さほど治安が悪い印象は受けませんでした。でも、安全に楽しむのも女子旅の大事なポイント。あまり遅くはならない方が良さそうです。

PM6:00 奇跡のメダイユ教会
奇跡のメダイユ教会は、街中にひっそりある小さな教会です。かつてパリでコレラが大流行した際にメダイユが配られると、コレラが収束したそう。その後、幸運が訪れるということで世界中で有名になりました。

奇跡のメダイユ

日本の有名人の愛用者もいるらしく、教会の売店は日本の方がたくさんおられました。お値段は、1つ1ユーロ弱〜2ユーロ程。サイズは大小様々で、みなさんたくさん購入されていました。

教会の入り口で撮影

残念ながら、訪れた時は工事中であまり写真が撮れませんでした。メダイユを購入するだけでなく、清らかで温かみのある教会内は、ゆっくり見学したい素敵な場所でした。

念願のパリ旅行、次回4日目はベルギーへの日帰り旅です。どうぞお楽しみに!

編集/カメラガールズEditors きなな ( Instagram )