猫を撮るとき

私は猫部に入っていて、猫溺愛中です。なにがいいとか書ききれないのですが、世界中の猫が幸せになることを祈っています。

わが家では、黒猫のキキと茶トラのあばれる君の2匹と生活してます。

ここで、クレイジーなメンバーを紹介するぜっ。

tmp_22303-P2070444225965314キキ(通称:きっちゃん、きっちゃま、キキ様)♀

ご飯に目がありません。2時間おきにご飯を要求し、器の前でストライキすることが日常茶飯事。我が物顔で私の顔の上に『よっこらしょ』と座ってきます。でも、そんなことをしてきてくれることが愛おしいんですよね。

tmp_22303-P3130645509734973あばれる君(通称:あばちゃん、あば)♂

保護したときから、暴れ狂う。去年のハロウィンに我が家に来たビビりの王子。顔隠して尻隠さない姿が愛らしい。自分をライオンかなんかだと思ってる。爪が鋭利。

こんな猫を撮るときは、夜に目の瞳孔が開いてから撮ります。tmp_28944-P20704402049887495こちらが朝です。

tmp_28944-P1200182-891719431こちらが夜に瞳孔が開いてきゃわが止まらない状態

夜は動き回る猫を撮るのにシャッタースピード上げるため、F値大解放でISOを3200まで上げてます。ホワイトバランスは日陰か雲天あたりで暖かみのある色が好きです。

tmp_22303-P3160685231605316日中のふんわりしたさわやかな写真もいいのですけどね♥

私は地面に這いつくばって愛する猫の写真を撮ります。おもちゃで遊ばせながらだと躍動感ある写真を撮れますよね、カメラは定点でお見せできないような格好で撮ることもあります。

tmp_22303-P2070405-891719431お気に入りのあばれる君の写真でおわります。