フォトスポットの本棚

【静岡】夕日ヶ丘キャンプ場と南伊豆の絶景を堪能するカメラ旅

今回紹介するのは静岡県、南伊豆町の『夕日ヶ丘キャンプ場』。目の前に青い海が広がり、キャンプサイトから海に沈む夕日をたっぷり眺めることができる絶景のキャンプ場です。南伊豆には、綺麗な海や野生の猿を撮影できる観光地など魅力がたくさん。キャンプをしない人にもオススメの絶景スポットを合わせて紹介していきたいと思います。

この旅で持って行った機材
カメラ
・富士フィルム X-T30
レンズ
・FUJIFILM XC15-45mm f3.5-5.6(標準ズームレンズ)
・FUJIFILM XC50-230mm f4.5-6.7 OISII (望遠ズームレンズ)
・SAMYANG 12mm F2.0 NCS CS(広角単焦点レンズ)
アクセス方法
・車

夕日ヶ丘キャンプ場

『夕日ヶ丘キャンプ場』は、段々畑のような丘にキャンプサイトが点在し、それぞれのサイトから海を眺めることが出来ます。今回はC3サイトを利用しました。こちらのサイトは海に沈む夕日を目の前に見ることができる人気のサイト。2ヶ月前から予約して取ることができました! (予約の方法やサイトの詳細は公式ホームページをご覧くださいね)

『夕日ヶ丘キャンプ場』にはカフェが併設されていて、おしゃれなオリジナルカクテルをいただきました。サイト前に広がる海とカクテルをパシャリ。爽やかなレモンの香りが、テント設営で疲れた体に染みます! キャンプなので、もちろん自炊もしましたが、自然の中での食事は普段の料理の数倍美味しく感じました。

絶景を堪能

『夕日ヶ丘キャンプ場』の一番のオススメポイントは、なんといっても絶景! 絶景! 絶景! 天気に恵まれ、見事な夕焼けを撮影することができました。夕日が海に沈んだ後のグラデーションに染まる空も美しく、しばらくカメラから手を離せませんでした。

さらに夜の星空も絶景です! 12月上旬の冬の季節にもかかわらず、天の河を見ることができました。空が開けているため、プラネタリウムのような360度に近い星空に包まれ、時間を気にせず心いくまで星空を眺めていられます。近くに街明かりが無い、キャンプ場ならではの星空。消灯時間後にはキャンプ場の明かりも消えるため、空一面に広がる満点の星空を楽しみました。

『夕日ヶ丘キャンプ場』のオススメポイントをまとめると・・・
・夕日・星空が絶景!
・施設・設備が綺麗!
・人数制限がされているため静かにキャンプを楽しめる
・コロナ対策がされている
・周辺に観光地や温泉がある

注意点としては、友達同士などグループでは利用できないので、ファミリーキャンプやソロキャンプでの利用が中心なのと、設営時に地面が硬いので鍛造ペグが必要です。テントなどのレンタルは無いため、お手軽に絶景を楽しみたい方には併設のコテージ宿泊がオススメです。宿泊せずに撮影だけのご利用はご遠慮くださいね。
続いて、『夕日ヶ丘キャンプ場』周辺の観光地を紹介します。

波勝崎モンキーベイ

こちらは『夕日ヶ丘キャンプ場』から車で10分以内で行けるスポット『波勝崎モンキーベイ』。2020年5月に開園したばかりの、まだあまり知られていない穴場スポットです。

白い石と青い海、断崖が続く美しいビーチでくつろいでいるのは、野生の猿。野生といっても、こちらの施設で餌やりをしているため、餌の時間(お昼過ぎくらい)に伺ったところ、たくさんの猿たちに出会えました。

猿との間に柵など遮るものが無いため、間近で撮影することができます。背景を海にして、望遠レンズでパシャリ。近づきすぎたり、目を合わせると危険なので、基本レンズ越しに猿を眺めました。

雲見海岸

こちらも『夕日ヶ丘キャンプ場』から車で10分以内で行けるスポット『雲見海岸』です。夫婦岩のような2つの岩と、遠くに富士山を眺めることができます。ちょっと空気が曇っていたのですが、うっすらと幻想的な富士山を撮影できました。

夫婦岩の隣にはスフィンクスのような、犬のような愛嬌のある岩もありました! また、ここは海が透き通るように綺麗で、小魚がたくさん泳いでいました。ガイドブックに乗っていない小さな発見があると旅がワクワクしますね。

浜辺には足湯もあります。富士山を眺めながら足湯も良いですよね! 足湯も駐車場も無料なので、お時間があれば是非立ち寄って欲しいスポットです!

松崎町

『雲見海岸』と同じエリアにある『松崎町』。昔ながらの里山風景が、自然と落ち着く場所です。後で調べたところ、一世を風靡した小説『世界の中心で、愛を叫ぶ』のドラマ版のロケ地なのだとか。

蔵のような作りの『なまこ壁』の建物が絵になります。カメラを片手にゆっくり街を散歩してみるのも良さそうでした。

『松崎町』には飲食店が数件あり、どこも良い雰囲気。この日はそばをいただきました。コロナの影響で営業中止しているお店もあるので、事前リサーチをしたほうが良いでしょう。

石廊崎

最後に紹介するのは、『夕日が丘キャンプ場』から車で30分。海底火山によって作られたジオサイトで、縁結びのパワースポットでもある『石廊崎』です。まずは、石廊崎オーシャンパークに車を停めて、20分ほど散策しました。

初めに見えてくるのが、可愛らしい『石廊崎灯台』小さいながら、日本の灯台50選に選ばれている灯台です。灯台のある高台からは断崖絶壁の海岸線や、溶岩流が固まってできたゴツゴツした岩場、風車、荒々しい海で磯釣りをする人など、伊豆ならではの光景を撮影しました。

さらに歩くと、崖の中に岩に囲まれたお堂がある岩室神社と、海に突き出た祠が現れました。この祠は、縁結びの神様として知られているそうで、縁結びを願って南京錠がかけられていました。一見、渋いスポットですが、夏にはスカイランタンの催しがあり、近くにはシュノーケルに人気の『ヒリゾ浜』もあるため、友達同士や家族連れでも楽しめるスポットとなっています。

最後までご覧いただきありがとうございました。
以上、静岡県南伊豆町の『夕日ヶ丘キャンプ場』と周辺撮影スポットの紹介でした。実はこの後、下田エリアにも撮影に行ったので、下田の絶景スポットを次回紹介したいと思います! 

編集 / カメラガールズEditors かくた (Instagram

カメラガールズ編集部

カメラガールズ編集部です。 カメラが好きな女性で運営しています。

関連記事

カメラガールズちゃんねる

TOP