camell
女性限定
オトナ写真部「カメル」

SPOT
2019.09.20

【海外】本物!ジンベイザメと泳いでみました

みなさんご存知ですか??サメと泳ぐことができるんです!食べられてしまうのでは?と不安な方、ご安心ください。ジンベイザメはとても大人しく臆病な性格であり、小魚やプランクトンを主食としていますので人間が襲われることはありません。今回は、迫力満点ジンベイザメと泳ぐツアーのレポをさせていただきます!

どこに行けばジンベイザメと泳げるの?

ジンベイザメと泳げる場所は何箇所かあるようですが、今回わたしがご紹介するのはこちら…フィリピン共和国のセブ島です!
海がとても綺麗でダイビングをされる方にも人気の島です。また、世界で唯一野生のジンベイザメの餌付けに成功した場所がある国でもあります。日本からは成田、関空から直行便で約5時間のフライトで行くことができます。

ジンベイザメの町「オスロブ」

ジンベイザメと会える場所は、セブの中心地であるセブシティやマクタンエリアから車で3〜5時間ほど南下した「オスロブ」という町にあります。会える時間はエサやりの時間である午前中のみなので、朝早く出発しなければなりません…!ツアーを申し込んだ方は、朝の3時くらいにホテルにお迎えが来てくれます。

日本のように道の整備がしっかり整ってはいないのでとても揺れますが、ここで眠って体力を温存させておきましょう。

いざ、ボートに乗り込もう

ジンベイザメツアーの受付に着いたら、まずは整理番号をもらいます。番号が呼ばれたら小さな手漕ぎボートに乗り込みます。その際にライフジャケットとゴーグルを貸してくれるので、泳ぎが得意でない方も安心です。ほとんどのツアーでゴープロを無償で貸してくれますので、新たに水中カメラを購入しなくて良いのも助かります。しかし、必ずしもではないので事前にツアー会社の方に確認しましょう。

ジンベイザメと泳ごう

ボートを漕いでもらってジンベイザメが餌を食べているエリアについたら、いざ海に潜ってみましょう。最初は少し怖いけれど、慣れてしまえば大丈夫。優雅に泳ぐ大きなシルエットは圧巻です!思ったよりもゆっくりと泳ぐので、シャッターチャンスはたくさんあります。

ボートを漕いでくれていた現地ガイドの方にゴープロを渡せば、たくさん素敵な写真をうつしてくれます!インスタ映えもバッチリです♡

写真に夢中でふと後ろを振り返ると…、すぐ背後には大きなジンベイザメが!近くで写真を撮る人間たちにも御構いなしで、ただ餌を追いかけ続けています。ジンベイザメを見るために何度も酸素を吸っては潜っての繰り返しでフラフラでしたが、しっかりとこの目に焼き付けました。

編集/カメラガールズEditors saya ( Instagram )


PROFILE

camell公式アカウント
camell公式アカウント
・camell公式アカウント
・カメラが好きな女性で運営しています!
Instagram ID / @camergirls_jp
Error: Failed to fetch media data from Instagram API.

INSTAGRAM