フォトスポットの本棚

【長崎】まるで海外のスタジオ!『グラバー園』『東山手甲十三番館』

まるで海外のフォトスタジオのような場所が、長崎県長崎市にあると聞いて行ってみました! その場所は『グラバー園』と、『東山手甲十三番館』。グラバー園は長崎駅から車で10分、電車で20分の場所にあります。東山手甲十三番館はグラバー園から徒歩13分、車らなら3分で行くことができますので、この2つをセットで巡ることにしました。

フォトスタジオのようなグラバー園

最初に向かったのは『グラバー園』。ここはスコットランドの貿易商人、トーマス・ブレーク・グラバーさんの邸宅をはじめ、3つの国指定重要文化財の住宅や、長崎市内の貴重な洋風建築が残されている施設です。どの施設も中に入って撮影することができます。
小高いところにあるので、エスカレーターで登ります。

私たちがまず訪れたのは、施設内にある旧三菱第2ドックハウス。小難しい名前ですが、中は洋風でおしゃれ! ここからポートレート撮影会の始まりです。

ひとつひとつの家具がおしゃれで、そこはもうまるでフォトスタジオ! 自然光もいい感じに入っていて撮影がとてもしやすいです。

フォトスタジオは借りると結構お高いことが多いのですが、グラバー園は入場料たったの620円。そう考えるとコストパフォーマンスが高すぎませんか…!

テラスからは絶景が眺められます。

園内にはいくつも建物があり、それぞれに違った空間になっています。飽きずに永遠に撮影していられそう…。家具やインテリアが好きな人も、きっと楽しめると思います。

自由亭喫茶室が映えすぎる

園内を散策しながら見つけた喫茶室。ここは『自由亭喫茶室』という名前の喫茶店で、グラバー園の中にあります。

なんて素敵なんでしょう…。窓から差し込む光と、おしゃれな洋風の空間がマッチして最高の1枚が撮影できました。

カウンターも可愛い! 全体的に統一感があり、異国に訪れたかのような気分に浸ることができました。

空間だけでなく、フードやドリンクも激かわです! 猫ちゃんのカステラや、コーヒーゼリー。ああもう、最高の被写体です。

一番のオススメはこの紫陽花ゼリーソーダ。色も見た目も可愛くてまさにインスタ映えですよね。写真をいっぱい撮影した後、美味しくいただきました。

喫茶店1Fの床も可愛いので、訪れた際はこちらも要チェックです!

映え可愛い! 『東山手甲十三番館

グラバー園を満喫した後は、『東山手甲十三番館』へ。今回は散策しながら徒歩で移動しました。

途中猫ちゃんと出会ったり、おしゃれな坂道などもあったりして、歩きながら撮影も楽しめました!

気がついたら、東山手甲十三番館へ到着。こちらもグラバー園と同様に中を見学撮影できる施設です。カフェもあるので、ゆっくりとするにもオススメの場所。

施設はなんと入場無料! 0円です…! それなのに、こんなにフォトジェニックで可愛い写真が撮れました! 本当に全てがフォトスタジオのよう。館内は2階建てでとても広いのでゆったりと撮影が楽しめました。
フォトスタジオを借りるくらいなら、ふらっとここに来て撮影を楽しみたい! 心からそう思った場所でした。長崎を旅するなら間違いなくオススメです。

※長時間の撮影や機材を使用した撮影等は、事前に東山手十三番館にご相談ください。

グラバー園 の施設情報
Instagram WEB

東山手甲十三番館 の施設情報
WEB

他にも周辺には魅力的なスポットがいっぱい!
こちらをご覧ください↓

カメラガールズ編集部

カメラガールズ編集部です。 カメラが好きな女性で運営しています。

関連記事

カメラガールズちゃんねる

TOP