撮影テクニックの本棚

被写界深度

『被写界深度』とは、ピントの合っている範囲のことです。

ピントが合っている範囲が狭い=『被写界深度が浅い』=背景がぼける
ピントが合っている範囲が広い=『被写界深度が深い』=背景までくっきり
となります。

被写界深度の設定はカメラの「絞り値(F値)」を変更することで調節できます。

絞り値(F値)を小さくすることで、被写界深度は浅くなりますので、背景が大きくボケた写真になります。
また、取り込まれる光の量が多くなるため明るい写真になります。

反対に、絞り値(F値)を大きく設定することで、背景までピントが合った写真になり、
取り込まれる光の量が少なくなるため暗い写真になります。

カメラガールズ編集部

カメラガールズ編集部です。 カメラが好きな女性で運営しています。

関連記事

カメラガールズちゃんねる

TOP