撮影テクニックの本棚

やっぱり『SIGMA Art 50mm F1.4 DG HSM』は神だった

FUJIFILM GFX50Rを買ってから、しばらく保管庫で眠っていたSIGMAのArtレンズ・50mm F1.4 DG HSM。
先日の撮影でいつも通りFUJIFILM GFX50Rを持ち出そうとしたところ、どこかに充電器を忘れてきたことに気がつき(今年2回目…)、Canon EOS 6DとSIGMA Artレンズ・50mm F1.4 DG HSMを久しぶりに持ち出して撮影に行ってきました。

久しぶりに使ってみて 、『ああ、これでしか撮れない写真があるなあ…』とシミジミ思ったので改めてレポします。
GFレンズももちろん最高なのですがね。やっぱりいいんですよSIGMA 50mm…。

開放(f1.4)の描写が神すぎる

SIGMA 50mm F1.4 DG HSM+EOS 6D (若干ピントはずれてますが)

SIGMA 50mm F1.4 DG HSMのいいところは、ズバリ開放の描写が神すぎる ということに尽きます。ピントがあったところだけシャープに、その前後は柔らかくボケるのが最高に素敵。

SIGMA 50mm F1.4 DG HSM+EOS 6D

ピントもすぐに合うので、一瞬の描写も撮り逃しません。神ですね。

どんな画角でも開放なら美麗

SIGMA 50mm F1.4 DG HSM+EOS 6D

ある程度離れて撮影しても、描写は美麗です。

SIGMA 50mm F1.4 DG HSM+EOS 6D

子供の写真もドラマチックになりますね。私が持っている中判デジタルカメラのGFX50Rの50mm f3.5は遠目からだと前後がボケないので、やっぱりこの画角でこのf値・ボケは嬉しい。画角が自由な分、撮影するのが楽しかったです。

SIGMA 50mm F1.4 DG HSM+EOS 6D

近距離での撮影も完璧。最短撮影距離も結構短いので、被写体にぐっと近づけるのも神である理由の一つ。

SIGMA 50mm F1.4 DG HSM+EOS 6D

記念写真のような画角でも、ドラマチックな雰囲気になります。なんて楽しいレンズなんでしょう…。

10万未満で買えるのがすごい

SIGMA 50mm F1.4 DG HSM+EOS 6D

こんなに優れたレンズなのに、一桁台で手に入るのはやっぱり神です。GFX50Rレンズは10万以上するものばかりなので(FUJIFILMさん、もっと安くなりませんか&f1.4レンズ製造しませんか?笑)この金額はかなりコストパフォーマンスが高いと思います。今まで買った中で1番のコスパかも。

絞りは2.0以下固定。

f1.4で撮影

とってもコスパが良い神レンズだと思いますが絞った時の描写が個人的に好きではないので、いつも2.0以下になるように設定しています。
1つだけ困ったのは、海など明るすぎる場所での撮影。最大限に暗くしても(ISO100・SS1/4000)、f1.4ではどう頑張っても白トビしてしまうことがありました。NDフィルターを使えばいいのですが、当日は持っていなかったのでf3.5で撮影。…が、あんまり好きじゃなかったので家に帰った後泣きました。(笑)

f3.5で撮影したボツ写真

SIGMA 50mm F1.4 DG HSMはf2.0以下の時に神レンズとなる…。そんなレンズだと個人的には思います。本当に買ってよかった名レンズなので、もし迷われている方がいたら絶対おすすめ。私も、これからも使っていきたいと思います。

カメラガールズ 編集部/田中海月(Instagram

カメラガールズ編集部

カメラガールズ編集部です。 カメラが好きな女性で運営しています。

関連記事

カメラガールズちゃんねる

TOP