撮影テクニックの本棚

ガールズフォトはヘアメイクで格段にかわいくなる

こんにちは。
ガールズフォトグラファーのただっちゃんです。少し久しぶりの投稿となってしまいました。投稿していない間も、それはもう、女の子を撮って撮って撮りまくっていたのですが、最近、皆さんにお勧めしたいーー!というガールズフォトのポイントを見つけました!それは、「ヘアメイクにこだわること!!」女の子の撮影をする時って、事前に決めることがたくさんありますよね。撮影場所、時期、時間、どんなテーマにするか、どんな服装で来てもらうか。などなど。私は、今までそこまでで止まっていたのですが、先日初めてヘアメイクさんに作品撮りに参加してもらい、撮影前のヘアメイクはもちろん、撮影中もアシストしてもらったら、自分の写真が明らかに変わった!!!
今回は、撮影写真とともに、ヘアメイクにこだわるメリットを、ゆるーく解説してみたいと思います。

①髪の毛の表現が抜群に良い♡

421A5886
421A6141

今回の撮影は「ナチュラルな女の子のOFFの日★」というテーマ。
写真としてゆるふわウェーブは必須だったので、ヘアメイクさんに事前に巻いてもらいました。背中に流れるウェーブが、ゆるーい雰囲気を醸し出していると思いませんか?お恥ずかしい話、今まで髪型まで気が回っていなくて、
髪型はいつもモデルさんにお任せだったけれど…やっぱりプロにお願いするなり、自分で事前に考えてモデルさんに提案するなりした方が、絶対に良い写真になるなぁって確信しました。

②チークは濃い目がおすすめ♡

421A5920

何ですかこのかわいさは!という私の心の叫びは置いておいて、でも本当に可愛くないですか?
秘訣は、チークです!私、今まで撮影していて「女の子自体はかわいいけれど、ちょっと顔色が悪く見えたり、白っぽいな」と思うことが本当に多かったんですが、そう、その理由はチークをのせる量が足らなかったからです。
撮影中は太陽光などがあたって、白く飛んでしまうことも多いですし、撮影後に明るくレタッチしたら。。言わずもがな。チークの色が飛んでしまっていたのですね。

実際、ヘアメイクさんは傍から見て「おおおっ!」と思うくらい、濃い目にチークをのせていました。すると、写真で見るとちょうど良いくらいのほっぺたの赤みになるんですね。カメラマンとモデルさん二人で撮影する時も「チークは濃い目でお願いします」とモデルさんにオーダーするか、普段使っているチークを撮影に持ってきてもらい、その場で色を足すなどしたいな、と思いました。

421A6389

③リップやネイルに色をのせよう♡

421A6323

リップやネイルなど、色で遊べるパーツは、絶対にこだわりましょう!今回は、途中で衣装チェンジもしたのですが、後半の衣装(上記2枚の写真)のリップは「赤色」にしてもらいました。赤色のスカートとうまくマッチしたと思いますし、ガラッと写真の雰囲気を変えられたと思います。

そして、ネイルは「黄色」に。こちらも事前にモデルさんと打ち合わせをしました。本コラムには写真を載せていませんが、今回は菜の花がある場所で撮影したので、菜の花カラーと合わせてみたのです♡普段のメイクでも、リップとネイルって色で遊べるところ。それならガールズフォト撮影でもこだわるっきゃないですね♡

421A5819

(オフショット。ヘアメイクのお直し中です)

今回、私はプロのヘアメイクさんに協力してもらいましたが、もし、「知り合いのヘアメイクさんがいない」という方だって、メイクやヘアアレンジが好きだったり得意な友人はいるはず。そういう子に協力してもらったり、アドバイスをもらうだけでも、ぐーんと女の子の可愛さがUPすると思います!

「女の子を撮る」時は、ついつい撮影することばかりに気を取られてしまいがちですが、その女の子を「可愛く見せるヘアメイク」についても、こだわってみてはいかがでしょうか♡ぜひ、次回の撮影から取り入れてみてくださいね♡

model:赤坂由梨(スペースクラフト)

編集部Nao

1987年、兵庫県神戸市生まれ。夫と都内で二人暮らし。編集者として雑誌制作に携わった後、現在はガールズフォトグラファーとしてポートレート撮影を手がけている。ライフスタイルマガジン「朝時間.jp」にてコラム連載中。

関連記事

カメラガールズちゃんねる

TOP