撮影テクニックの本棚

チープな見た目も可愛い! コスパ抜群のオールドレンズ『FUJIAN TV LENS 35mm F1.7』

オールドレンズをご存知でしょうか? オールドレンズとは、フィルムカメラ時代に作られたマニュアルフォーカスのレンズの事で、アダプターを使う事で、デジタル一眼レフやミラーレス一眼にも取り付ける事が出来ます。デジタルレンズでは表現出来ない柔らかさやボケを楽しめ、デジタル写真ともフィルム写真とも違う雰囲気の写真を撮る事が出来ます。今回はそのオールドレンズの『FUJIAN TV LENS 35mm F1.7』をご紹介いたします。

オールドレンズを知ったきっかけ

私がオールドレンズの存在を知ったのは、山本まりこさんの「オールドレンズ撮り方ブック」という書籍を読んでから。美しいボケやゴースト、柔らかな風合いの写真に魅力されて、絶対に欲しい…! とすぐに思いました。
昔のレンズなので、新品のレンズと比べて比較的安く手に入るのもオールドレンズの素敵な所。それでも、本に載っていたり、ブログ等でよくレビューされているようなレンズは数万円するものも多く、そんなに気軽には買えないな…と思った私は、もっとお手頃価格で手に入るレンズを探す事にしました。

そして見つけた『FUJIAN  TV  LENS  35mm  F1.7

沢山のオールドレンズの中から見つけたのは、手の平に収まるほど小さなシネレンズ。シネレンズとは、写真用ではなく、映画撮影などに使われていた映像用レンズの事。イメージサークルが小さいので、マイクロフォーサーズ機などセンサーサイズの小さなミラーレス一眼に向いているレンズです。
私が購入した時の価格は、なんと3000~5000円程度。通常のレンズとは比較にならない程低価格なのに、オールドレンズ特有の味わいをしっかり見せてくれる、とっても優秀なレンズなのです。まるでオモチャみたいな見た目も、なんだか可愛い。
使ったカメラは、OLYMPUS  OM-D E-M5 Mark II。専用アダプターをつけ、レンズをクルクルと回しながら装着。マイクロフォーサーズ機で使用する場合、焦点距離は倍の70mmになります。

FUJIAN  TV  LENS  35mm  F1.7』の特徴

このレンズの最大の特徴は、「ぐるぐるボケ」と呼ばれるボケ。写真の四隅に近い部分が歪んで、ボケが中心から渦巻いているようになります。デジタルレンズとは違う、不揃いな玉ボケもとても綺麗です。

こんな風に虹色の線が写り込んだり、

フレアの効果でどこか幻想的になったり、人物写真も淡く優しい雰囲気で撮れます。

絞り開放で撮った時の、境界のないとろけるようなボケもとても綺麗です。

安価でオモチャのような見た目なのに、こんなに様々な表現が出来る事に驚き、このレンズは私のお気に入りの一つになりました。小さくてとても軽いレンズなので、持ち歩きにもピッタリ。オートフォーカスは使えませんが、ピントがうまく合わなくても、それはそれで味のある写真になってくれます。
マイクロフォーサーズ機を持っている方は、是非このレンズの世界を体験してみてはいかがでしょうか。
その際は、アダプターを一緒に購入するのをお忘れずに…!

カメラガールズEditors Mimo

カメラガールズ編集部

カメラガールズ編集部です。 カメラが好きな女性で運営しています。

関連記事

カメラガールズちゃんねる

TOP