1. HOME
  2. TRAVEL
  3. TRAVEL
  4. 【宮城県】猫の楽園 田代島で猫まみれの写真旅
TRAVEL

【宮城県】猫の楽園 田代島で猫まみれの写真旅

TRAVEL

最近私は外出自粛の影響で、以前旅先で撮影した写真を振り返る機会が増えました。そんな過去旅の中から、可愛い猫たちに癒される、田代島の旅をご紹介したいと思います。
田代島は宮城県石巻市の、石巻港からフェリーで1時間弱のところにある小さな島です。島民の数よりも猫が多い『猫の島』として知られています。猫の島というと、青島や男木島など四国や九州地方の島を思い浮かべる方が多いと思いますが、実は東北にもあるんです。石巻は東日本大震災の被災地でもあるため、復興支援と猫の写真に挑戦するため田代島を訪れました。

田代島の猫スポット その1『仁斗田港』

石巻港からフェリー(網地島ライン)に乗ること約45分。田代島、仁斗田(にとだ)港へ到着です。「ようこそ」という猫のイラストに期待が膨らみます。

港にて、さっそく猫を発見!
よく目を凝らすと、車の下や船の下など至る所に猫が溶け込んでいます。

私が、旅先で猫の写真を撮るときに心がけていることは、猫が暮らす街の風景を写し込み、その場の空気を写真に残すこと。今回は、漁村の猫の日常のワンシーンを切り取ることが出来ました。

田代島の猫スポット その2『阿部ツ商店』

港を後にして、島内散策! まずは、看板で目についた『猫神社』方面へと向かうことにしました。看板の下には案内人ならぬ案内猫がいました。

少し歩くと、民家の軒先のドラム缶ベッドで寛ぐ猫を発見! 猫好きの島民の方々に可愛がられているんだろうな〜とほっこりしました。

民家が連なる街中の坂道をのぼると、店先にある階段が特徴的な『阿部ツ商店』の前へたどり着きました。ここも、島内屈指の猫スポットです。階段にたくさんの猫たちが集い、まるで集会をしているようでした。

田代島の猫スポット その3『猫神社』

『阿部ツ商店』から先へ進むと、林の中にいるような緑豊かな道が続きます。歩いていると、塀の上から何やら視線を感じました。堂々とした佇まいの猫です。

そして、足元にも猫。猫猫猫、森の中といえども猫がたくさんです。

なぜ、こんなところに猫が? と思っていると、原付バイクに乗った島民のおじいさん登場! おじいさんを追いかける猫たち…おじいさんが持っているのは猫のご飯。ちょうど餌の時間だったようです。
しばらく歩くと『猫神社』の看板が現れました。

田代島では古くから猫を「大漁をまねく」存在として大切にあつかっていたのですが、島民がいかりを作るために砕石をしていた際の事故で、猫に瀕死の重傷を負わせてしまったことを期に、猫の安全と大漁を祈願して神社を建てたそうです。

『猫神社』にはたくさんの猫の御供物がありました。写真には写っていませんが、神主さんのように佇む一匹の猫にも出会うことが出来ました。
また、猫神社の近くには、廃校を活用したお土産屋さん『島の駅』もあり、お買い物や休憩をすることが出来ます。

神社を参拝した後は、坂道を下り港の集落へ戻りました。途中、民家のお庭に猫のイラストが描かれた浮きを発見。島の至る所から、島民と猫の関係が伝わってきました。ちなみに、田代島では犬を飼っている人は居ないそうで、犬の連れ込みも禁止なのだとか。

田代島の猫スポット その4『クロネコ堂 田代島歴史資料館』

仁斗田港付近の集落へ戻り、レトロな佇まいのカフェ『クロネコ堂』で休憩をしました。昔ながらのかき氷を食べていると、窓の外に黒い影が…どんどんとこちらへ近づいてきます。

のこのこと店内にやってきたのは2匹の黒猫。テーブルとソファーを占有です。『クロネコ堂』の看板猫なのかな? 落ち着いた貫禄のある猫たちでした。

島には飲食店が少ないため、お昼ご飯は、事前にコンビニで購入したお弁当を港の近くの公園で食べました。ご飯を食べていると、匂いにつられた子猫が登場。すりすり寄ってきて、ちょうだい! とおねだりが始まります。勝手に餌を与えるのはマナー違反なので、ごめんね〜と言って写真だけ撮らせてもらいました。

田代島の猫スポット その5『マンガアイランド』

最後に向かったのは『マンガアイランド』です。マンガのテーマパークではなく、宿泊施設。海が見渡せる丘に、猫の形をしたロッジが並び、今流行のキャンプも楽しめる施設です。宿泊客以外でも見学できるメインの建物には有名な漫画家さんたちのサインがぎっしり。自由に読めるマンガもあり、帰りの船の時間までゆっくり過ごすことが出来ます。
そんな『マンガアイランド』で出会ったのが子猫の兄弟たち。イスの上に丸くなってみんなでお昼寝をしていました。真ん中の猫の寝相がたまらなく可愛かったです。

昔ながらの漁村の風景が広がる田代島は、猫の楽園。島の人たちに愛情をかけられた猫たちが自由に暮らしています。お年寄りが多く、医療体制も脆弱な小さな島のため、今は我慢の時期ですが、猫好きな方、離島好きな方にはオススメの場所なので、いつか訪れてみてはいかがでしょうか?

編集 / カメラガールズEditors かくた (Instagram

INSTAGRAM

PIC UP