1. HOME
  2. TRAVEL
  3. TRAVEL
  4. 【海外】Everyday Christmasの街<ドイツ・ローテンブルクへカメラ旅>
TRAVEL

【海外】Everyday Christmasの街<ドイツ・ローテンブルクへカメラ旅>

TRAVEL

カメラを持って旅を始めたときから、ずっとずっと夢だったヨーロッパ縦断の旅をしたchiiiiiです。
ベルリンをあとにし、次に向かった都市はドイツのローテンブルク。乗る予定だった電車のホームが急遽変更になり、ベルリンからローテンブルクへ行く特急電車に置き去りにされるという波乱なスタートだったローテンブルク…しゃべれない英語をジェスチャーで何とか伝えつつ、夕方ローテンブルクへ無事到着(笑)!
 今回は中世のヨーロッパを感じる素敵なホテルに滞在しながら、Everyday Christmasの最高にかわいい街ローテンブルクを紹介します!

1日目 16:00 ホテル到着

ローテンブルクは、ドイツ人に「最もドイツらしい」と言われるぐらい、メルヘンな景観が中世のままの残っている街です。フランクフルトから日帰りも可能ですが、どうしてもゆっくり巡りたくて私たちは2泊しました。

ホテルは「Hotel Eisenhut 」を予約。ホテル内は中世の雰囲気を残しつつ、お部屋はとても綺麗です。ローテンブルクの城壁内で、観光地へも歩いて回ることが出来ます。

18:30 ローテンブルクのプレンライン

インターネットでローテンブルクと調べると、だいたいこの場所の写真が出てくると言っても過言ではない有名な場所「プレンライン」。夕方遅くに到着したのですが、どうしても初日に行ってみたかった場所です。日中は観光客の方がたくさんいて、人が映らずに写真を撮ることは不可能に近いので、この時間に行って正解でした。

2日目 9:00 クリスマス雑貨専門店~ケーテ ウォルファルト クリスマスショップ~ 

昨日少しだけ街歩きをして、可愛すぎる街を知ってしまったため、カメラ女子として撮る気満々です(笑)ごっついカメラを持っていざ出陣!  

最初に訪れたのは、ホテルのすぐ隣にあるクリスマスグッズの専門店「ケーテ ウォルファルト クリスマスショップ」。ショーウインドウの中を見るだけで、ワクワクします。お店の中は1年中クリスマスという、幸せすぎる空間です。

お店の中は、一定エリア内が撮影禁止となっているため一番かわいい空間は撮ることが出来ませんでしたが、大きなクリスマスツリーや日本では売っていないかわいいクリスマス雑貨がたくさんありました。日本人の店員さんもいて、日本語OKなお店です。

10:30 幸せ過ぎるお写んぽ

ローテンブルクは小さな街です。目的もなくお写んぽするだけで、カラフルで可愛すぎる景色にたくさん出逢うことが出来ます。

小さな雑貨屋さんは、お店の外も中も全てかわいい♥ 

ローテンブルクは、街中が綺麗なお花でいっぱいです。こんなお花いっぱいのカフェで、毎日カフェオレが飲みたい♥ 

こんな素敵な小道が街のあちこちにあって、自分から迷いたくなってしまいます。

どこのショーウィンドウも素敵に飾られています。センス良すぎです! 

かわいい看板屋さんもありました。

可愛すぎてカメラを撮りまくっていると、全然前に進めない街です! 

この時点で残り20日ほど旅する予定だったのに、お土産を買い過ぎてしました…いっきにスーツケースがお土産でいっぱいに(笑)。

いかかでしたか?
私は、こんな可愛すぎる場所でカメラ女子と撮影会をしたい! と新たな夢ができました(笑)。
Everyday Christmasのかわいすぎる街ローテンブルクでした。

編集/カメラガールズEditors chiiiii ( Instagram )

PIC UP