1. HOME
  2. TRAVEL
  3. TRAVEL
  4. 【海外】青の世界を目指して、ドイツ・ベルリンへカメラ旅
TRAVEL

【海外】青の世界を目指して、ドイツ・ベルリンへカメラ旅

TRAVEL

カメラを持って旅を始めたときから、ずっとずっと夢だったヨーロッパ縦断の旅をしたchiiiiiです。
チェコをあとにし、次に向かった都市はドイツのベルリン。1回の旅行で2か国以上巡ることが初めてな上、ガイドさんもおらず電車に乗れるかドキドキしながらの旅になりました。そして実際、ベルリンでは2回電車に置いて行かれました…(笑)
朝食がおいしいホテルに滞在しながら「蚤の市」「カフェ」「教会」を1日で楽しめるベルリンを紹介します!  

8:00 ホテルでおしゃれな朝食を

ホテルは「Holiday Inn Express Berlin」を予約しました。お部屋も綺麗で、スタッフの方もとても親切。そして一番の魅力はおいしい朝食♥ 

朝、レストランに行くと焼きたてのパンのいい匂いが広がっていました。ハムにクロワッサンに果物。そして大好きなチョコスプレットの「nutella(ヌテラ)」は欠かせません♥ 

9:30 蚤の市マウアーパークで掘り出し物探し 

ベルリンの日曜の朝に開催されるフリーマーケット「マウアーパーク」に行くため、ホテルを出て地下鉄へ向かいました。
そしてここで、電車に置いて行かれました(1回目)。
ホテルを出て駅に着くと、2人のアジア系のおじ様が先に電車を待っていました。数分も待たずに電車到着 → 私たちとおじ様2人組待機 → 扉開かない → 変だと察知 → 扉にボタン発見 → 押す → ブーと警告音 → 電車出発… 
おじ様と目が合う。おじ様「ノーオートマティック…」
おじ様の国も、電車の扉は自動で開くもののようでした(笑)。
そうなんです! ベルリンの地下鉄の電車のドアは勝手には開きません。電車が停まってボタンが緑色に光っているうちに押さなければ扉は開かないし、お客さんが待っていようが車掌さんは出てこないし、電車も待ちません! 
ということで、次の電車はたまたま現地の方がいたので、すかさず後ろへ並び無事に電車に乗ることが出来ました(笑)

掘り出し物を見つけるため朝早く出発したのですが早すぎてしまい、着いたときは出展者の方もまばらでした。お店が開いて1時間から1時間半後ぐらいに行く方がいいかもしれません。お店の種類としては、屋台グルメ、古着、ハンドメイドのグッズがたくさんありました。純粋なお土産品というよりも、ちょっと変わったものが多い印象。

かわいらしいイラストを売っている方もいました。私と母はポストカードを数枚ゲットしました。

11:30 カフェでまったり休憩

蚤の市でたくさん歩いたので、ちょっと休憩。ヨーロッパのカフェはどこもとてもおしゃれです。ミルクたっぷりのカフェオレは最高でした。

13:30 青の世界  

以前テレビで見て絶対に行きたいと思っていた場所。カイザーヴィルヘイム記念教会。何故か分からないけど、その圧倒的な青にこころ惹かれ、当時作っていた行きたい場所リストにメモをしました。ベルリンを訪れたのも、ここが一番の目的でもありました。

実際に訪れて、教会に入った瞬間、その圧倒的な青の世界に言葉が出なくなりました。訪れている方みなさん、入った瞬間立ち止まり、その後座席に座って、ただただキリスト様を見つめている姿がとても印象的でした。
いかがでしたか?このベルリン1日プランでもホテルに戻った時は夕方前だったので、体力のある方はもう一か所ぐらい観光出来そうな感じでした。
ちなみに、2回目に電車に置いて行かれたのは、ベルリンから次の都市へ移動するための新幹線です(笑)電車のホームは変わりやすいため要注意です(笑)。
朝食がおいしいホテルに滞在しながら「蚤の市」「カフェ」「教会」を1日で楽しめるベルリンでした。

編集/カメラガールズEditors chiiiii ( Instagram )

INSTAGRAM

PIC UP