1. HOME
  2. TRAVEL
  3. PHOTOSPOT
  4. 【新潟県】花火2015 長岡まつり
PHOTOSPOT

【新潟県】花火2015 長岡まつり

PHOTOSPOT

今年の夏はたくさんの花火Photoを撮影に出かけましたので、いくつか投稿させていただきたいと思います。

まずは私の生まれ育った、新潟県長岡市。ここで毎年行われる長岡まつり花火大会は、全国から観覧者が訪れる、大きな花火大会です。

今から70年前の昭和20年8月1日。その夜、長岡の街にはB29大型爆撃機が来襲し、旧市街地の8割が焼け野原と変貌し、1,486名の尊い命が失われました。

悲しみと憤りに打ち震える人々。そんな折、空襲から1年後の昭和21年8月1日に開催されたのが、長岡まつりの前身である「長岡復興祭」です。

IMGP0200

毎年、花火大会の前日、長岡空襲のあった8月1日の前夜祭には、戦災殉難者に対する慰霊の想いと、平和への願いを込めて、柿川で灯籠流しが行われます。

IMGP0405

そして、同じく花火大会の前日、長岡空襲が始まった午後10時30分、3発の慰霊の花火「白菊」が打ち上げられます。

観覧者もいない、静かな信濃川の上に、厳かに打ち上げられる白い花火です。

長岡まつり花火大会は毎年8月2日、3日と、二日間行われます。

IMGP0089

どの花火も、感動的で、美しいです。

IMGP0120

中でも、特に見応えがあるのが、フェニックス花火。2004年10月の新潟県中越地震により、壊滅的な被害を受けましたが、その翌年、震災からの復興を祈願して、不死鳥のように蘇る、というメッセージを込めた、この壮大な花火、フェニックスが打ち上げられるようになりました。2㎞以上の幅で、平原綾香さんの「Jupiter」の曲に合わせ打ち上げられる迫力は、圧巻で、感動的です!

IMGP0127

そしてこちらが正三尺玉とナイアガラ。本当に大きな美しい花火です。今年は正三尺玉の三連発打ち上げがあり、三発とも見事に打ち上がりました。

IMGP0125

長岡まつりは慰霊と復興の想いの込もった花火大会です。遠方の方にも、是非一度観覧して欲しいです。毎年8月2日と3日が花火大会ですので、撮影に来られることがありましたら、オススメ撮影スポットなどお伝えできるかと思いますので、お気軽に声をかけていただきたいと思います。

INSTAGRAM

PIC UP