1. HOME
  2. TRAVEL
  3. PHOTOSPOT
  4. 【京都】インスタ映えの聖地! 宇治の正寿院と三室戸寺
PHOTOSPOT

【京都】インスタ映えの聖地! 宇治の正寿院と三室戸寺

PHOTOSPOT

京都府南部に位置する宇治市。10円硬貨にデザインされている『平等院鳳凰堂』や美味しい宇治茶でも知られているお茶の町です。しかし宇治市の見どころはそれだけではありません! 今回は過去に、OLYMPUS PEN PLー8と一緒に宇治市を散策したときの様子をご紹介いたします。少し遠出をするときは荷物を軽くするため、基本的に標準レンズのみを持って行くので、今回も標準レンズとiPhoneを使っての撮影です! 是非、ご覧ください。

この旅で持って行った機材
カメラ
・OLYMPUS PEN PL-8
レンズ
・M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm
アクセス方法

かかったお金
自宅から宇治までの有料代・ガソリン代
三室戸寺 拝観料:大人800円(あじさい園開園期間中料金)、駐車場:500円
正寿院 拝観料:600円

あじさい寺『三室戸寺』

宇治散歩のおすすめスポットひとつ目は、西国第十番札所である『三室戸寺』です。こちらは本堂の様子。6月から7月初旬にはあじさいが見頃を迎えるため、たくさんの人がこの三室戸寺を訪れます。そして手前に写っているのは蓮です! 三室戸寺では7月上旬頃から約250鉢の蓮も咲き始めます。

そして今回ご紹介するあじさいですが、三室戸寺のあじさいは約2万株! 約50種類もの花が咲き乱れ、梅雨の時期の三室戸寺を彩ります♡ 紫絵巻のように咲くあじさいの風景は美しく、今では『あじさい寺』とも呼ばれるほど、あじさいの名所となっています! 

私が訪れたときはあじさいの時期も終わりに近づいていたので、それほどたくさんの数のあじさいを見ることはできませんでしたが、所々にはまだ綺麗に咲くあじさいもありました! 

こちらは手前のあじさいにピントをあて、山門を背景に入れて撮影したものです。まだまだカメラを使い始めてすぐの頃だったので、綺麗に背景がぼけてくれて嬉しかったのを今でも覚えています♡ 

あじさい園の中を進んでいくと、まだ元気に咲いているピンクのあじさいを見つけました♡ ひとつのあじさいに焦点をあてて撮影すると、1枚1枚のがくがはっきりと写って綺麗です! 

三室戸寺の見どころはまだあります。こちらは本堂の前にあった『狛兎』。高さ150cm、幅90cmの石でできた兎は、幅60cmの大きな玉を抱いています。この玉の中に卵型の石があり、それが立てば願いが通じると言われているとか! この日もたくさんの方が狛兎の前に並ばれていました。他にも撫でると金運・良運がつくといわれている『宇賀神』や、口中にある石の玉を撫でると勝運がつくといわれる『宝勝牛』などもあるので、是非チェックしてみてください♡ 

夏を感じる! 正寿院の風鈴祭り

宇治散歩のおすすめスポットふたつ目は宇治田原にある『正寿院』。アクセスは車がある方が便利で、先程ご紹介した三室戸寺からは車で約40分程かかります。正寿院は数年前からSNSで人気が出ており、今注目の写真スポットです! 

その理由のひとつ目がこちら。夏に期間限定で開催される『風鈴まつり』です♡ 京都市内と比べても夏は5℃ほど涼しい場所にある正寿院。ここで気温だけではなく見た目や音などでも涼を感じてほしいという想いから、風鈴まつりが始められたそうです! 

一歩足を踏み入れると、美しい音を奏でるたくさんの風鈴。なかでも私のお気に入りは、ひまわりの風鈴です! 夏を代表する大好きなお花であるひまわりと風鈴のコラボで、さらに夏らしさを感じることができました♡ 

金魚柄の風鈴など、正寿院の風鈴は約2000個を超え、他にも47都道府県の風鈴が勢ぞろい! それぞれ形や音の違う各地の風鈴もお楽しみいただけます。この時はカメラを購入してまだ日が浅かった為、風に揺られる風鈴を撮るのがすごく難しく感じたのですが、やっぱり風鈴は音色も入れて動画で撮影した方がその場の雰囲気も伝わりますね♡ 

正寿院が人気の理由ふたつ目は、160枚の天井画です。有名な日本の画家さんが『花と日本の風景』をテーマに描かれた160枚の天井画。どれも本当に綺麗な絵で、見惚れてしまうほど…♡ この時はまだ写真を撮るときの構図もあまり考えることができていなかったので、このような写真しかありませんでしたが、今後行かれるご予定の方は広角レンズなどがあった方がいいと思います。次に行った時は寝転がって天井画全体を入れた写真を撮ってみたいです。

人気の理由は他にも。それは先程の天井画と同じ正寿院の客殿にある猪目窓です。猪目とはハート形をした、古来から伝わる日本伝統模様のひとつ。災いを除き、福を招く意味が込められているそうです! そしてこちらの猪目窓、季節によって色が変わるんです! 春は桜のピンク、夏は新緑の緑。秋は紅葉の赤、そして冬は雪の白。風鈴まつりは夏だけですが、猪目窓は季節ごとに見に行く楽しみがあります♡ 

私が訪れたときはお茶と一緒に『福』と書かれたお茶菓子もいただくことができました。
風鈴の音で涼を感じ、猪目窓は見ているだけでキュン♡ するような正寿院。カメラ女子には本当におすすめの写真スポットです! 2020年の風鈴祭りは7月1日から8月31日まで。感染症対策の為、例年より少し開催期間が短くなっているそうです。そして予約制になっているそうなので詳しくは正寿院の公式ホームページをご覧ください。

宇治で楽しむカメラ旅

いかがでしたでしょうか。京都といえば京都市内を観光される方も多いかとは思いますが、京都市内から少し離れたところにも見どころはたくさんあります! 中でも私は夕日が浦や伊根などがある『海の京都』や今回ご紹介した『宇治』。そして嵐山がお気に入りです! お出かけ先選びには、その県の中心地から少し離れたエリアに目を向けると、また新しい発見があるかもしれません♡ またおすすめスポットを見つけたら、ご紹介いたします。今回も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

編集/カメラガールズEditors  cstrip ( Instagram ) 

INSTAGRAM

PIC UP