1. HOME
  2. TRAVEL
  3. PHOTOSPOT
  4. 【兵庫】世界最長の吊橋『 明石海峡大橋』を撮る、舞子・明石カメラ散歩
PHOTOSPOT

【兵庫】世界最長の吊橋『 明石海峡大橋』を撮る、舞子・明石カメラ散歩

PHOTOSPOT

世界最長の吊橋『明石海峡鵜大橋』。兵庫県の神戸市垂水区と淡路島を結ぶ、全長3,911 m、中央支間1,991 mの吊り橋です。今回はこの明石海峡大橋周辺をカメラを持って散策してきました! Olympus PEN PL-8 で切りとった、いろいろな角度からの明石海峡大橋と周辺の写真スポットをご紹介いたします。是非、ご覧くださいませ。

● この旅で持って行った機材
カメラ
・OLYMPUS PEN PL-8
レンズ
・M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm
・M.ZUIKO DIGITAL 40-150mm
● アクセス方法
車または電車(JR舞子駅)
● かかったお金
スターバックスでのドリンク代金

初の県立都市公園『舞子公園』

まず最初にご紹介するのは明石海峡大橋のすぐ真下にある『舞子公園』です。明治天皇にも愛されたという舞子。兵庫県立都市公園として初めて開園されたのがここ舞子公園です。海を望み、綺麗なお花が植えられたこちらの公園では、散歩をする方や釣りを楽しむ方など、平日でも多くの方がいらっしゃいます。通りすがることはあっても、じっくりと歩いて見ることはなかった舞子公園を、この機会に散策してきました! 

橋のすぐそばで見つけたお洒落な洋館。手前に咲いていたお花を入れて撮影してみました。こちらは『孫文記念館(移情館)』です。

少し離れた場所から撮影した写真がこちらです! ノスタルジックな面影を漂わす3階建ての八角堂がシンボルの移情閣。大正4年に建てられた歴史ある建物です! 昭和59年には『孫中山記念館』として一般公開され、今では『県指定重要有形文化財』と『国指定重要有形文化財』にも指定されています。

お花にピントをあわせて撮影した1枚。やっぱりお洒落な洋館が背景にあるだけで絵になりますね♡ 

孫文記念館のすぐ隣にあった丸い記念碑。舞子と淡路島を結ぶ『明石海峡大橋』の産みの親である原口忠次郎博士の偉業を称え、明石海峡大橋架橋5周年に建立された記念碑だそうです! 

『夢レンズ』と名づけられたこちらの記念碑。レンズと言われたら覗いてみたくなりますよね♡ 記念碑を通して見えるのは、世界最長の吊橋『明石海峡大橋』です。雨があがったばかりの曇り空だったので、上の方が少し隠れていますが、ちょうど橋の下をくぐりぬける船も一緒に写真に収めることができました。

こちらは孫文記念館から望遠レンズを使って撮影した風景。ヤシの木に周囲を囲まれた建物は『ホテルセトレ神戸・舞子』です。半円を描くような形をしたお洒落なホテル。レストランやお部屋からは、明石海峡大橋とその先にある淡路島まで見渡すことができます♡  もし舞子に来られる機会がありましたら、是非泊まっていただきたいおすすめのホテルです! 

そしてやっぱり明石海峡大橋のそばまで来たら、一度は撮っておきたいこの写真。世界最長の吊橋を下から撮影してみました。しゃがんでできるだけ下の方でカメラを構え、橋の向こう側まで写すとより迫力のある写真を撮ることができます! 

近くには3D立体映像で明石海峡大橋などの建設記録を見ることができる『橋の科学館』や、明石海峡大橋へ突出した延長約317mの回遊式遊歩道『舞子海上プロムナード』などの施設も充実! 大人だけでなく子どもも楽しめるエリアです。

テラス席から望む! 明石海峡大橋

先程までいた舞子公園から西側へ。歩いて約20分程のところにスターバックスがあります。一見、どこにでもあるようなスターバックスの店舗ですが、人気の秘密はお店の2階に! 

こちらは別の日に撮影したものですが、テラス席からは先程まで間近で見ていた明石海峡大橋の全体を一望することができます♡ 

快適な気温の日はテラス席でのんびりと♡ 暑い日や寒い日も大丈夫! 海側の席はガラス張りで、店内からも明石海峡大橋を望むことができます♡ 席の数は多くなく、平日でも満席の場合がありますので、ご注意ください。

明石海峡大橋を望む『大蔵海岸公園』

先程までいたスターバックスから西側へ、さらに歩くこと約25分。『大蔵海岸公園』に到着しました。夏には海水浴場としても人気を集める大蔵海岸ですが、明石海峡大橋全体が見渡せることから、季節問わずたくさんの人が訪れます♡ こちらは市民の森周辺から撮影した風景です。ちょうど日が暮れはじめ、明石海峡大橋のライトアップがスタート! 

何度も訪れたことがあるので見慣れた雰囲気ですが、今回初めて望遠レンズで撮影してみました♡ いつもは遠くに見えている、明石海峡大橋の下を通るフェリー。目で見ているだけではあんなにも遠くに写っていた風景が、こんな形で写真に残ることを知ってからは、望遠レンズの虜に♡ 

向こうに見えているのは淡路島です。橋で隠れてしまいましたが、緑に光っているのが淡路サービスエリアの観覧車。そして手前に明石海峡大橋と阪九フェリー。いまから九州へ向かうところでしょうか。こちらも望遠レンズで撮影しました! 

赤く染まりだした空。曇り空だったため、綺麗な夕日を撮ることができませんでしたが、晴れた日に海辺で見る夕焼けは綺麗です♡ 本当はレインボーに光り輝く明石海峡大橋も撮りたかったのですが、またの機会にしました。

明石海峡大橋周辺を歩くカメラ散歩

いかがでしたでしょうか。今回は明石海峡大橋周辺である、神戸市の舞子から明石市をカメラを持ってお散歩してみました。いつも何気なく見ている風景だからこそ、カメラを通して見るとさまざまな発見があったり、また違った風景に見えたりもします! まずは近場から、カメラを持ってお散歩旅してみてはいかがでしょうか。是非、皆様も自分の住んでいる都道府県の魅力を探してみてください♡ 

編集/カメラガールズEditors  cstrip ( Instagram ) 

INSTAGRAM

PIC UP