1. HOME
  2. TRAVEL
  3. PHOTOSPOT
  4. 【福岡】秋色のコキアに包まれて、『国営海の中道海浜公園』で楽しむカメラ旅
PHOTOSPOT

【福岡】秋色のコキアに包まれて、『国営海の中道海浜公園』で楽しむカメラ旅

PHOTOSPOT

グルメを楽しむ街! 福岡県。この印象を大きく変えた今回の旅。福岡にはグルメ以外にもおすすめしたい場所がたくさんあります! それが今回ご紹介する、『国営海の中道海浜公園』です。秋ならではのある植物を撮影してきましたので、是非ご覧ください。

この旅で持って行った機材
カメラ
・OLYMPUS PEN E-PL8
レンズ
・M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm
・M.ZUIKO DIGITAL 40-150mm
アクセス方法
新幹線、レンタカー
かかったお金
国営海の中道海浜公園 入園料 大人 450円
各地から福岡までの旅費やレンタカー代などは別途必要

観光にもおすすめ! 国営海の中道海浜公園

『うみなか』の愛称でも呼ばれている海の中道海浜公園。海に囲まれた自然豊かな公園で、一年中季節のお花がご覧いただけるほか、遊びの施設も充実している場所です! 福岡の観光スポットとして名前は聞いたことがありましたが、訪れるのは今回が初めて。公園と聞くと地元の方が遊ぶ場所と思われるかもしれませんが、観光で行かれる方にもおすすめ。

秋色に色づくコキアに包まれて♡ 

今回、海の中海浜公園を訪れるきっかけになったのがこちら! コキアです。コキアといえば、茨城県にある『国営ひたち海浜公園』が有名ですが、ここ福岡でも見ることができます。

入場券を購入し、園内マップを頼りに進んでいきます。海の中道海浜公園はとても広く、園内の移動手段は徒歩のほかに貸自転車、そして園内を走るバスがあるほど。今回は初めてだったのでゆっくり歩いて散策することに。初めて見る景色にキョロキョロ辺りを見渡しながら、コキアがある花の丘を目指します。

少しずつコキアが見えてきました。遠くから見るとまるで赤い絨毯がひかれているよう。

やっと楽しみにしていたコキアとご対面。秋色に色づくコキアがとても綺麗で、芝生のグリーンを入れて撮影すると、よりコキアの丸い形が引き立ちます! 

こちらはコキアとコキアの間に入り撮影した1枚。撮影には望遠レンズを使用しているため、圧縮効果でコキアが密集しているように見えますが、実際には所々に隙間がありました。そこに入って撮影することで、このような写真も簡単に撮ることができます♡ 

赤だけでなく茶色や白っぽいコキアも入れて撮影すると、グラデーションっぽくなりフォトジェニックな1枚に♡

青空を入れるとより、コキアの色が映えますね! コキアの密集度や色合いは少しずつ変わってきますが、比較的広範囲に植わっているため、写真撮影もゆっくりと楽しむことができました。

一年中楽しめる季節のお花で秋探し♡ 

海の中道海浜公園では一年中季節のお花が楽しめるということで、秋のお花を求めて園内を散策。早速コキアのすぐ近くでパンパスグラスを見つけました。和名で『白銀葦(しろがねよし)』ともいわれるイネ科の植物。なんと、高さは約3mもあります! 秋空をバックに風でなびく、ふわふわとした白い穂がとても美しい♡ 

そして秋といえばやっぱりコスモスは定番ですよね。ピンクや白一色のものだけでなく、グラデーションになったお花もあり、可愛らしい…♡ 

海の中道海浜公園では、これから春が近づいてくると水仙が見頃を迎えます。グリーンの芝生がブルーに染まる、ネモフィラの季節にも行ってみたいです。

エリアごとで無数の楽しみ方! 

海の中道海浜公園の見どころは、お花だけではありません。この公園内にはエリアごとにさまざまな楽しみ方があります。
まずは、こちらの『大芝生広場』。花の丘と同じ場所にある芝生広場ですが、ピクニックやボール遊びなどで楽しんでいる方もおられました。とても広いので密にもなりにくく、何よりも秋などの過ごしやすい季節は外遊びも快適です♡ 

この日もとてもいいお天気で、散策をしていると飛行機を見つけました! コロナの流行により各航空会社も減便が多くなりましたが、こうして青空を飛ぶ飛行機を見るだけでも幸せな気持ちになりますね…♡ 

約50種類の動物が暮らす『動物の森』があるエリア。巨大トランポリンやローラーすべり台などの遊具がある子供の広場。ほかにもパターゴルフを楽しんだり、池周辺のベンチや木陰でのんびりしたりと楽しみ方は人それぞれ♡  

こちらは先程までご紹介したエリアとは少しだけ離れている、光と風の広場。車で移動しましたが、同じ海の中道海浜公園の施設です。観光で行かれる方は少ないかもしれませんが、ドッグランやデイキャンプ場があり、博多湾の景色を眺めながらバーベキューも楽しむことができる人気エリア! 

『光と風』という名前にもふさわしい開放感あふれたエリアで、入り口近辺や海岸線にはたくさんのヤシの木が! まるで南国リゾートを想像させる場所です♡ 

楽しみ方は無限大! 国営海の中道海浜公園

海の中道海浜公園には他にもたくさんの施設があり、観光で立ち寄っただけでは遊びつくせません。 しかし今回は、目的であったたくさんのコキアが並ぶ風景を見ることができたので大満足♡  
今度訪れたときはネモフィラと、『マリンワールド海の中道』を見に行ってみたいです。それぞれのエリアの楽しみ方は公式ホームページにも記載されているので、行かれる際は参考にしてみてください。

グルメだけじゃない! 福岡の魅力

初めにもお伝えしましたが、今回の旅で私の中の福岡の印象は大きく変わりました。ほかにもいくつか観光スポットを周ったのですが、『能古島』や『糸島』、そして『国営海の中道海浜公園』。この3つが今回福岡の印象を大きく変えるきっかけになった場所です。きっと私が知らない福岡の魅力はまだまだあると思うので、また時間をかけて巡ってみたいです。

編集/カメラガールズEditors  cstrip ( Instagram ) 

PICK UP