カメラガールズ|カメラ女子の毎日をHAPPYに。

カメラ女子の毎日をHAPPYにする、"写真"のWEBマガジン。

測光モード

自動モード(P/Av/Tv)のとき、カメラは写っている被写体の一部から明るさの値を測定し、シャッター速度や絞り値などを決めています。
そして明るさを測る部分は、測光モードによって異なります。

1.測光モードを設定しよう
測光モード
まずはこのように、測光モードを選択し、この中から1つモードを選びます。

1.多重分割測光(=評価測光・マルチパターン測光)
・・・写る部分を複数に分割して全体露出を決定するモードです。
キヤノンでは「評価測光」、ニコンでは「マルチパターン測光」と呼ばれています。一般的に良く使われるモードです。

2. スポット測光
・・・画面の中心の一部分だけを測光して露出を決めるモードです。
いちばんきれいに出したい部分を測光してAEロック、その後フレーミングし直して撮影する、という方法が一般的です。
逆光時やコントラストが激しい時におすすめです。

3. 中央重点測光
・・・中央部分を重点的に計測するモードです。
被写体が画面の中央にあるときに有効です。スポット測光よりも広い範囲で測光します。

2.マニュアルモードの場合の測光モード

マニュアルモードは、シャッター速度もF値も自分で決めます。そのためAEロックも使えません。 じゃあ、測光モードは必要ない?と思われがちですが、そんなことはありません。 マニュアルモードのときにファインダーに表示される『露出インジケーター』は、測光モードで測った明るさを基準にして±を表示しています。 そのため、逆光時やコントラストが激しいときなどは"スポット測光"、普段は"多重分割測光"など使い分けることで、露出インジケーターの目盛りを正確に表示させることができ、適正値で撮影しやすくなります。

コメント