カメラガールズ|カメラ女子の毎日をHAPPYに。

カメラ女子の毎日をHAPPYにする、"写真"のWEBマガジン。

臨場感のあるスナップ写真の撮り方|撮り方のコツ

臨場感のあるスナップ写真の撮り方|撮り方のコツ
【撮り方のコツ】
人間の目に一番近いのは、焦点距離50mm。
EOS kissシリーズなど、APS-C機の場合は35mm。
ミラーレス機は25mmになります。
日常スナップなどはこの焦点距離で撮影すると、臨場感がでてぐっといい雰囲気に仕上がります。

数値が大きくなると望遠で撮れ、小さくなると広角にとれます。
例えば「24mm-105mm」のレンズの場合は、24mmが一番広角に撮れ、105mmが一番望遠で撮れます。
単焦点の場合はこの50mm(APS-Cの場合35mm / マイクロフォーサースの場合は52mm)のレンズを買うとスナップ写真がとても臨場感が出て素敵な仕上がりとなると思います。
ズームレンズを使っている場合は、撮影するときに焦点距離を確認しながら撮ると良いと思います。焦点距離はレンズに数字が書いてあると思います!

ちなみにこの写真は、香川のフェリーに乗ったときのもの。目でみている風景とほとんど変わらなく撮影することができました。フルサイズ機でCanonの24mm-105mmのズームレンズをつけていましたので、焦点距離を50mmに合わせて撮りました。

コメント