camell
女性限定
オトナ写真部「カメル」

SPOT

海を走る鉄道に、トトロのバス停? 山口県阿武町の旅

今回ご紹介する旅先は、山口県阿武郡阿武町(あぶちょう)。
羽田空港から、飛行機に乗って益田市にある萩・石見(はぎ・いわみ)空港へ。そこから車でおよそ60分で行くことができる阿武町には、日本海ならではの紺碧の海と豊かな緑が広がっていて、絶景スポットが豊富にあります。

中でも、海と列車を一緒に撮影できる『惣郷川橋梁』は、まさに「ここだけ」の絶景フォトスポット。カメラ女子ならきっと誰もが撮りたいと思えるような素晴らしい風景を見ることができます。
また、『トトロのバス停』やレトロな港町など、コンパクトな町ながら、写真映えするスポットの豊富さは日本随一なのではないでしょうか。

また、人口3,000人ほどの町は人との距離がとっても近く、カメラ片手に散策していると住んでいる人たちの笑顔の写真も撮れちゃうんです。風景だけじゃなく、そこに暮らす人たちのポートレート撮影も楽しい町、そんな阿武町でレンタカーを使って一泊二日の「絶景カメラ旅」を体験してきました。
撮影した写真やフォトスポットを一挙にご紹介します! ぜひ旅の参考に。

地元の方と笑顔を交わしながら路地裏散策

空港から車で1時間。目の前に広がるのは、底まで透き通って見えるほど綺麗な海と川。
海沿いの町は昔の街並みが残り、路地を歩くと旅にきた私たちにも笑顔で挨拶をしてくれます。ゆっくりと流れる時間を楽しみながら、どこか懐かしい風景をのんびり撮影して楽しみました。 

メンバーが撮影した写真がこちら!

古民家カフェで、野菜たっぷりのランチを

漁港近くの路地裏にある古民家カフェ『3RD PLACE CAFE N(サードプレイスカフェ エヌ)』。築80年以上の古民家をリノベーションした全面畳の広い店内で、阿武町の野菜や果物を使ったランチやスイーツをいただけます。

この日のプレートランチは豚の角煮にサラダ、6種類もの副菜、古代米のごはん、スープ付き。キーマカレードリアは、キーマカレーにたっぷりのチーズ、ごはんはこちらも古代米で食べ応えも十分です!「一日のうち一食でも野菜をしっかり食べてほしい」という店主の優しい想いが詰まっていて、栄養もボリュームも満点です。

 サードプレイスの名の通り、お子さん連れのお客さんもゆっくりと過ごせる場所で、私たちも縁側で時間を忘れてのんびり撮影を楽しみました。

メンバーが撮影した写真がこちら!

3RD PLACE CAFE N(サードプレイスカフェ エヌ)
GoogleMap / Instagram

海と町の人たちを守ってきた三穂神社

宇田港のすぐ側にある、古く小さな神社が『三穂神社』。
海が近い神社はたくさんありますが、本当にこんなに目の前に海が迫る神社はなかなかない! 石積みとゴツゴツとした岩に囲まれた神社は独特な雰囲気を醸し出していました。

この付近の漁師が安全と豊漁を祈願するための神社で、毎年夏には海上御神幸(かいじょうごじんこう)という、海の安全と大漁を祈願する宇田十七夜祭りが行なわれるそうなんです。そんな珍しいお祭り、見てみたくなりました。

メンバーが撮影した写真がこちら!

三穂神社(みほじんじゃ)
GoogleMap

青々した牧場でフォトジェニックな牛を撮る

『無角和牛』って、聞いたことありますか…? 和牛4品種のうちの1品種なんです!
角がない牛『アバディーン・アンガス』の特徴を受け継ぎ、扱いやすく畑仕事にも適していたことから、この地域では昔から重宝されていた牛なんだそう。
そんな「角のない牛」、日本で飼育されているのは山口県にたった200頭のみ。そのうちの140頭が、なんと阿武町のここ、『無角和種繁殖センター』で育てられているんです!

標高500mほどの場所に、あるひろびろとした西台放牧場でのんびり草を食んでいる牛はとても穏やかな性格をしていて、私たちがカメラを向けると絶妙なタイミングで止まってくれたり、みんなで目線をくれるんです。なんていい子たち!

ここに来るまで想像してなかったんですけど、牛って意外とフォトジェニックなんですね。
この広い空、青々とした草原、絵に描いたようなとんがった形の木々の風景がとっても美しく、撮影スポットとしてもオススメです!
※今回は特別な許可を得て柵の中で撮影しておりますが、通常は柵の外からとなります。

メンバーが撮影した写真がこちら!

無角和種繁殖センター/西台放牧場
GoogleMap

バス停と列車、映えるローカル路線スポット

バスを待つ小屋と、後ろの森の雰囲気が『となりのトトロ』に出てくるバス停に似ていることから、いつしか「トトロのバス亭」と呼ばれるようになった川尻バス停。
ちょうどカラフルな服を着ていた三人でトトロ、中トトロ、白トトロのように蕗の葉っぱを持って並んでみたんですけど、かわいくないですか? ぜひ、目立つ色合いの服を用意して、ここで楽しい写真を撮ってみて欲しいです。

そしてこの近くにはもうひとつ、絶景スポットが!それがJR西日本山陰本線の須佐駅から宇田郷駅の間、白須川に架かる全長189mの鉄道橋『惣郷川橋梁(そうごうがわきょうりょう)』です。
日本海のすぐ側に建つ橋なので、塩害を避けるために鉄筋コンクリート造りで、波や満潮時にも影響を受けないように橋脚が高いのが特長です。

一番の見どころは、海に沈む夕日を背に橋を渡る2両編成の列車の姿。夕日がきれいな時間帯が近づくと鉄道ファンが続々と集まってきて、ベストショットを狙っています。もちろん私たちもトライ!スローシャッターでブレないよう、ガードレールの上にカメラを固定してみます。

今回現れたのは1両の列車で、あっという間に目の前を通過しちゃいました。いい構図でブレないように撮るのはなかなか難しいですね…。2〜3時間に1本しか走らないので、事前に時刻表と、日の沈む時間を調べてから行くことをオススメします!

メンバーが撮影した写真がこちら!

川尻バス停
GoogleMap
惣郷川橋梁
GoogleMap

名物「ほろ酔いさば」と「無角和牛」が食べられるお店!

道の駅の発祥の地がここ、阿武町にあるってご存知でしたか?
『道の駅阿武町』にあるレストラン『はじまりのレストランかしま』では、地元の食材をふんだんに使った料理が楽しめます。

 酒粕を食べて育った「ほろ酔いさば」を使った丼や、「無角和牛」のステーキなど、お店イチオシの逸品をいただきました。食材はどれも新鮮で、うまみもたっぷり! 肉も魚も美味しい町って、本当に羨ましいです。ボリュームもあってお腹いっぱい、海の撮影で冷えた体も美味しい食事で体の中からあったまりました。

メンバーが撮影した写真がこちら!

はじまりのレストランかしま
GoogleMap / HP

道の駅は、その土地の「よいもの」に出会える場所

昨日晩御飯を食べたレストランのある『道の駅阿武町』にやってきました。ここでは日本海で捕れたばかりの魚や地元の新鮮な野菜、それらを使った料理やスイーツなど美味しいものがたくさんで、見ているだけでも楽しい!鮮度の良さと価格の安さに県内外から多くの人が訪れ、開店前から行列ができるほどの盛況ぶりでした。

そして2014年の道の駅リニューアルの時に新しく作られたオブジェが! 地元で仲睦まじい夫婦島として親しまれている『鹿島』にあやかり、ここを訪れたカップルや家族が末永く幸せに暮らせるように願を懸ける場所として設置されたそうです。モニュメントの向こうには女鹿島(左)と男鹿島(右)が綺麗に見えています。
カップルじゃなくても撮っておきたいスポットです。

メンバーが撮影した写真がこちら!

道の駅阿武町
GoogleMap / HP

22年春にオープン!『ABUキャンプフィールド』を楽しんでみた

今回は一足お先に、2022年3月にオープンの『ABUキャンプフィールド』でキャンプ体験をしてきました。実はこのキャンプ場、キャンプ用品で有名な、あのスノーピークの地方創生に取り組む子会社「スノーピーク地方創生コンサルティング」が監修しているキャンプ場なんです! レンタルキャンプ用品はスノーピークの製品で、手ぶらで来てもOK。オシャレで機能的な製品を使った本格的なキャンプが楽しめます。
隣接する『道の駅阿武町』で、新鮮で安くて美味しいものを調達できちゃうので、手軽にみんなでわいわいBBQを楽しめちゃうんです!

目の前に日本海を眺め、阿武町の食の幸をたっぷり楽しみながら、ゆったりと豊かな時間が過ごせました。道の駅阿武町には温泉施設もあるので、キャンプするにはもってこいの立地。
手軽に気軽に「グランピングのようなキャンプ」が楽しめちゃうABUキャンプフィールドを拠点に、撮影散策に出かけるのもオススメです!オープンする来年の春が楽しみ!

メンバーが撮影した写真がこちら!

ABUキャンプフィールド
GoogleMap / HP 

34年ぶりに復活した、銘酒を生み出し続ける古くて新しい酒蔵

先々代の休蔵から34年ぶりに、六代目が復活させた『阿武の鶴酒造』、ここは代々さまざまな賞を受賞してきた由緒ある酒蔵なんです。
六代目である三好さんが社会人になってから酒造りに興味を持ち、実家であるこの酒蔵がまだ酒造免許を持っていることがわかり、『阿武の鶴酒造』を復活させたのだそう。
復活の翌年から国内・海外のアワードで受賞が続くという快挙を成し遂げています。

地元の米と水で造る地酒は、「阿武の鶴」のほかにも新ブランド「三好」など、現在約30ほどの銘柄があり、一部のラベルデザインは元デザイナーの六代目自ら手がけているそうです。
古い蔵と数々の賞状、そしてモダンなデザインのお酒、古いものと新しいものが入り混じる空間がとってもオシャレに見えて、なかなかエモい写真が撮れたのでは…? と自画自賛です。

メンバーが撮影した写真がこちら!

阿武の鶴酒造
GoogleMap / HP

山に挟まれ、日本海がすぐ目の前に迫る阿武町には、まだあまり知られてない絶景スポットがいっぱいで、のんびりとした時間の流れと、陽の光でさまざまな表情を見せる景色を撮影することができました。
のんびりと時間をかけて写真を撮るのも悪くない、そう思える場所でした。

東京から飛行機と車で約2時間半の場所にある、魅力あふれる町阿武町にぜひ訪れてみてくださいね!

PROFILE

camell公式アカウント
camell公式アカウント
・camell公式アカウント
・カメラが好きな女性で運営しています!
Instagram ID / @camergirls_jp
Error: Failed to fetch media data from Instagram API.

INSTAGRAM