1. HOME
  2. HOWTO
  3. CAMERA
  4. 【レビュー】新発売の「RICOH THETA SC2」で日常をアートに
CAMERA

【レビュー】新発売の「RICOH THETA SC2」で日常をアートに

CAMERA

近年ブームになっている360度カメラ「RICOH THETA」は、もうご存知ですよね。今回はリニューアルされてさらにパワーアップした、新発売のRICOH THETA SC2と一緒に東京をお散歩してきました。
THETAといえば『旅先で自撮りや記念写真を撮影するための機材』のイメージだったのですが…日常的に使ってみたら、何気ないシーンもアートな1枚として残せてすっごく面白い! 実際に撮影した作例や感想、そして新機能についてもまとめましたので、早速ご紹介いたします。

THETAのある日常

THETAといえば、360°写したダイナミックな写真。 これで絶景を撮影すればもちろん素敵な1枚が撮影できるわけですが、今回のテーマは『日常使い』。なので、いつものカメラ散歩に持って行ってみました。まずは作例をご紹介します!

広い空 – Spherical Image – RICOH THETA

ワンショットで360度の写真が撮れます。

広い空2 – Spherical Image – RICOH THETA

自分たちの表情も視線の先の景色も同時に撮れちゃいます

こんな感じで一脚を伸ばして撮りました

ちょっとしたカメラ散歩の景色と自分たちをワンショットで残せて、これだけでも思い出の一コマとして価値があるのですが、専用アプリで加工するとアートな写真になるんです。

編集でよりクリエイティブな写真に

1枚の360°写真から、色々な切り取り方ができるのがTHETAの面白いところ!撮影した後の編集は「THETA+」というアプリで簡単にできます。

ミラーボールのモード

例えばミラーボールのモードでは、球体の中に360度の世界を映し出すことができます。アングルもくるくると回転して変更することが可能なので、色々な角度を試せます。

リトルプラネット のモード

リトルプラネット のモードでは小さな惑星の上に人物や建物が立っているような写真にすることができます。
このように色々なモードを試しながら自分の好きな1枚に仕上げていく作業は、アート作品を作っているような感覚ですごく楽しい! 操作も簡単でわかりやすいので、初めての方でもすぐにサクサク使えると思います。

フィルタも10種類もあったり、他の写真加工アプリと同じくらい機能が充実しているので、細かく好みのトーンにすることができます。1つのアプリで完結できるはありがたいですね。

「2画面セルフィー」では、このように2つの視点で同じ瞬間を切り取ることができます。使い方は、二人で向かい合った状態で真ん中にTHETAを置いてシャッターを切り、加工アプリ(THETA+)で「2画面」を選択して編集するだけです。360度カメラならではの切り取りがとても楽しい! 友達同士はもちろん、カップルでの撮影も楽しそう…♡

実際に編集してみた写真の作例がこちらです!

ランチ – Spherical Image – RICOH THETA

①Before

①After
Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

②Before

②After
Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

③Before

③After

1枚の写真からいくつもの作品が作り出せるのが、THETAならではの楽しみのひとつです。楽しくて、ついつい夢中で編集してしまいます!

SC2の撮影が楽しくなる4つの新機能

今回のリニューアルで追加された新機能は以下の4つです。
・シーンに合わせた撮影モード(顔、夜景、車窓)
・状態表示OLED
・4K動画
・セルフタイマーボタン

オート
顔モード

プリセットの顔モードを使ってみて、まずはじめに驚いたのが「顔検出認証」です。人物が映り込むと顔を自動的に検出し、さらに美肌に補正してくれます! 顔を綺麗に写してくれるのは嬉しいですよね。

また、これまでのTHETAではできなかった表現もできるようになりました!
…というのも、360度撮影ではシャッターボタンを押すために自分が写り込んでしまうため、「自分は写りたくないんだよなあ…。」と思うことがありました。
しかし、今回の「RICOH THETA SC2」ではセルフタイマーをボタン一つで簡単に設定できるようになったので、シャッターが切れるまでの間に自分が写らないように移動できます。
時間は2秒、5秒、10秒から選ぶことができます。作品撮影や、集合写真なんかでも便利な機能ですね!

さらに4K動画も、今回から撮影が可能となりました。試してみましたが、ポケットに入る程の小さなボディからは想像もできないくらい綺麗で、360度しっかり写せるのでこれを持って綺麗な景色の場所に旅行に行くのがとっても楽しみです。

まとめ

今回は日常使いとして「RICOH THETA SC2」を使ってみましたが、スマホや一眼レフでは撮影できない写真が次々と撮影できて大満足! 撮っていて面白いカメラだなと思いました。特に面白いと感じたのは、出来上がる写真の想像が全くつかないところ。ここで撮ったらどんな風になるんだろう? こう撮ったらどんな写真になるの?…と、色々なシーンや撮り方を試行錯誤するのが、絵を描くような感覚と似ていて、すごく楽しいんです。
使えば使うほど発見があってこれからどんどんハマってしまいそうです。

クリスマスプレゼント、年末・年始の旅行にもおすすめ!ぜひTHETAでの撮影を楽しんでみてください♪

購入サイト

INSTAGRAM

PIC UP