1. HOME
  2. HOWTO
  3. CAMERA
  4. 「OLYMPUS OM-D E-M5」と、私の思い出
CAMERA

「OLYMPUS OM-D E-M5」と、私の思い出

CAMERA

オリンパスが映像事業を手放すことを発表しました。
新会社として分社化し、日本産業パートナーズ株式会社(JIP)に譲渡する方針とのことです。
オリンパスは私が一番最初に買った一眼カメラのメーカーでした。父は生前オリンパスのフィルムカメラを使っていましたし、私が子供の時の写真はそのカメラで撮られたものです(年代バレちゃう)。
余談ですが、転職前の職業ではオリンパスの顕微鏡を使用していました(ニコンも使ってたけどね)。

はじめて購入した一眼カメラ「OLYMPUS OM-D E-M5」


今回はオリンパスの良さを伝えるために、すべてあえてレタッチしていない「JPEG撮って出し」の写真をご紹介いたします。

撮って出しでも色が美しい
発色の美しさ

オリンパスはなかなか革新的なものづくりをしてきたメーカーだと思います。オリンパスは大きくて重くて使いにくい当時のフィルムカメラの常識を覆すような、コンパクトで軽いOM−1というカメラを開発。OM−1はデザインも洗練されていて、現代でもダントツで人気のあるフィルムカメラです。

暖色系の発色も素晴らしい

オリンパスは、マイクロフォーサーズというセンサーサイズの規格によってコンパクトなミラーレスカメラを発売し続けてきました。フルサイズの2倍の焦点距離になるので、「望遠に強い」と言えるかもしれません。フルサイズのカメラで600mmというとバズーカレンズになるのでとても持ち歩けませんし、手持ちでの撮影も不可能です。

焦点距離300mm(600mm)で撮影
焦点距離300mm(600mm)で撮影
焦点距離300mm(600mm)で撮影

一方でマイクロフォーサーズの場合300mm(35mm換算で焦点距離2倍の600mm)のレンズでも、軽くて小さくて手持ち撮影OK! そして画質も高倍率ズームのコンデジよりもはるかによいです。

焦点距離300mm(600mm)で撮影
超望遠なら表情もバッチリ

フルサイズ換算で600mmともなれば、見ている世界が変わります。自分でも驚くような写真が手軽に撮れてしまう。それがマイクロフォーサーズなのです。

焦点距離300mm(600mm)で撮影
手持ちならではの機動力でシャッターチャンスを逃しにくい

オリンパスブルーという言葉があるように、オリンパスで空や海を撮るとくすみのない鮮やかなブルーが撮れます。

鮮やかな空と真っ白な雲のコントラストが美しい

私はオリンパスの次にニコンの一眼レフを購入したのですが、オリンパスのように鮮やかな青が出なくてショックを受けたことがあります。あ、ニコンはニコンで自然ないい色味で好きですよ(最近やっと気づいた)。

PLフィルターを使用すると反射が抑えれてより鮮やかさが増す
とにかく鮮やかな青が印象的

また、撮って出しがよいので初心者の私でも写真が上手い気分になるし、人に見せられる(であろう)写真が簡単に撮れました。未熟な私にはニコンの一眼レフではそれが難しかったです。

コンパクトなので街中でも目立たない
持ち歩きやすいのでスナップにも
ボディの手ブレ補正で手持ち夜景もバッチリ

それなので、最初のカメラにオリンパスを選んで正解だったかなと思います。簡単にいい写真が撮れるので、「カメラは楽しい」とインプットされたようです。もし最初が違うメーカーだったらもしかしたらこんなにも写真にハマっていなかったかもしれません。

「OLYMPUS OM-D E-M5 」は7年以上所有しているカメラです。買ってからはいろんなところに連れて行きました。海外にも何回か渡航しました。

アイスランド
イングランド
スコットランド

やはりマイクロフォーサーズなので、広角、標準、望遠レンズを持っててもコンパクトで軽いのが魅力です。

北アイルランド
アイルランド
クロアチア
アメリカ(カンザス州)
アメリカ(コロラド州)

ニコンの一眼レフを買った後も使っていました。カメラガールズのメンバーでもオリンパスを愛用している方がたくさんいます。そんなオリンパスの名前がもしかしたら無くなってしまうかもしれないと思うと、すごく寂しいです。

アメリカ(カンザス州ヘイズ)
クロアチアの骨董市
アメリカ(コロラド州)

ただ、今後も新しい製品の開発やサービスは継続されるそうなので、ひとまず安心ではあるのですが。

マイクロフォーサーズとはいえこのくらいはボケます

いかがでしたでしょうか。
紹介した写真はごく一部。最近では使わなくなってしまいましたが、オリンパスには思い出がたくさん詰まっています。7年経ってもまだまだ使えるし、なかなか手放せないくらい愛着のあるカメラ。
今では中古でかなり価格が下がっているので、OM−Dで写真を始めるのもいいかもしれません。

編集部/イワサキトモミ(Instagram

INSTAGRAM

PIC UP