1. HOME
  2. HOWTO
  3. CAMERA
  4. 「中判ミラーレスカメラ」FUJIFILM GFX50R レビュー
CAMERA

「中判ミラーレスカメラ」FUJIFILM GFX50R レビュー

CAMERA

フルサイズよりも大きい、中判サイズのセンサーを搭載したデジタル一眼の「FUJIFILM GFX50R」を購入しましたので早速レビューとしてご紹介したいと思います。このGFX50R、なんと購入費用は本体だけで約60万円…。レンズも合わせるとおおよそ100万円ちかい超高級機材です。

GFX50Rは軽量で扱いやすい

センサーサイズが大きいカメラは重たくて扱いずらいイメージがありましたが、GFX50Rを手にして驚いたのはその軽さです。とても軽く撮影の負担が少ないので、重たい機材にありがちな「持ち出すのが面倒になってしまう」ということがありません。公式サイトで調べたところ、本体重量は775gだそうです。
また操作も難しくなく、基本的には本体に付いているダイヤルでシャッタースピード、露出補正、ISO感動を操作します。フィルムカメラを扱ったことがある方には馴染みやすいと思います。絞りはレンズに付いてるリングを回して設定します。他メーカーを使用していた方は慣れるまで時間がかかるかもしれませんが、慣れてくるとすごく使いやすく感じます。

ファインダーとボディデザイン

背面はこんな感じ。ファインダーはレンジファインダーカメラのようなデザインになっています。質感もボディのデザインも、とにかくかっこいい。
ちなみにモニターはタッチパネルになっているので指でも操作できます。

俯瞰から撮影。真四角のお弁当箱のようなデザインがいいですね。無駄な色味や装飾がないので、かっこよくカメラを持ちたい人にはかなりオススメです!

Bluetoothで遠隔撮影

Bluetoothが搭載されているので、専用アプリでペアリングしたスマホがあれば写真の転送やシャッターを遠隔で切ることができます。後にも書きますが写真の容量がかなり重たいので、アプリは遠隔撮影用として使用しています。
ちなみにBluetoothが搭載されているのは「GFXシリーズ」としてGFX50Rが初めてだそうです。

GFX50R用のアクセサリーも

別のメーカーから専用のアクセサリも少しですが販売されています。この写真で装着しているウッドグリップは、ネットで9000円程度で購入しました。握りやすくビジュアルも素敵なので愛用しています。難点は、装着すると電池パックが出し入れできず、また三脚も装着できないこと。(三脚によっては装着できるものもあります)ですが、それほど困ることでもないので普段から装着しています。

ちなみにカメラストラップは金属の金具を通して装着します。今のところ純正のものを使っていますが、革製品などこだわりのストラップも似合いそうですね。

レンズはGFX専用のGマウント

GFX50Rに装着できるレンズはGマウントのレンズで、10種類ほど販売されています。私が購入したのは、GF110mmF2 R
LM WRという中望遠の単焦点レンズと、GF50mmF3.5 R LM WRという単焦点レンズです。GF110mmF2 R
LM WRが約35万円、GF50mmF3.5 R LM WRが約13万円と、両方合わせると50万円近い金額に…。本体も合わせると100万円オーバーです(笑)ただ、中古で購入すると少し費用が安くなりますので、新品にこだわらない方は中古でも十分だと思います。私も実は全て中古で購入したので、実際の支払った金額はトータル80万円強です。

GF110mmF2 RLM WRの魅力的なボケ

約35万の高級レンズ…GF110mmF2 RLM WR。このレンズの魅力は何と言ってもボケ味です。大きさは大きく重たいため普段使いには少し辛いですが、描写力が高いため、ポートレート撮影や特別な日の撮影には絶対に持っていきます。実際の作例をご紹介します。

GF110mmF2 RLM WR
GF110mmF2 RLM WR
GF110mmF2 RLM WR
GF110mmF2 RLM WR
GF110mmF2 RLM WR
GF110mmF2 RLM WR
GF110mmF2 RLM WR
GF110mmF2 RLM WR

GF110mmF2 RLM WRの作例はこんな感じ。あくまで個人的な感想ですが、ボケ味が最高に綺麗だと思います。ふんわりトロッとしたボケの表現がこれまで使っていたカメラとは明らかに違います。また110mmの中望遠レンズ(35mm換算で87mm相当)なので歪みも少なく料理などのテーブルフォトにも適しています。
普段フィルムの中判カメラも使っているのですが、描写の雰囲気はそれに近いような気もします。同じシーンで撮影していない点と、データの解像度や現像方法が違うので比較にならないかもしれませんが、中判フィルムカメラで撮影した写真も参考までに掲載します。

(比較用)中判フィルムカメラ Rolleiflex 3.5Fで撮影

これだとうまく伝わらないかもしれませんが…撮っている感覚もGFX50Rは「中判サイズだ!」ということをかなり実感できます。

GF50mmF3.5 R LM WRはシーンを問わず万能

GF50mmF3.5 R LM WRは、小さくてコンパクトな単焦点レンズ。35mm換算で40mm相当の画角です。このレンズは110mmのような大きなボケはありませんが、それでも近距離・解放での撮影ならボケもすごく綺麗に出ます。コンパクトなレンズなので持ち運びに便利で、また描写もシャープで美麗なためスナップ撮影や風景撮影などに重宝しています。実際の作例をご紹介します。

GF50mmF3.5 R LM WRで撮影
GF50mmF3.5 R LM WRで撮影
GF50mmF3.5 R LM WRで撮影
GF50mmF3.5 R LM WRで撮影
GF50mmF3.5 R LM WRで撮影
GF50mmF3.5 R LM WRで撮影
GF50mmF3.5 R LM WRで撮影

F11など絞って撮影しても綺麗ですし、3.5の解放で撮影しても綺麗! 本当に万能なレンズです。周辺減光なども気になりませんし、目で見る世界に近い画角なので思った通りの写真が撮影できます。旅行での撮影ならこれ1本でも十分。重量も軽いので全く負担になりません。
110mmもボケ味や描写力では買ってよかったと思いますが、個人的にはこのGF50mmF3.5 R LM WRの方がよく使いますしGFX50Rを購入するなら絶対にオススメしたいレンズです。
なお、別売りのマウントアダプターを使えばGマウントのレンズ以外も装着できます。ですが、やっぱりGFレンズは本当にいいレンズなのでGFX50Rを購入したら1本は買って欲しいと思います。

難点はデータサイズ

難点としてはデータのサイズです。1枚で33MBありますので、かなり重たくなります。GFX50Rを購入した結果、私はパソコンまでも買い換えました(笑)以前はiMacの小さいサイズを使っていたのですが、メモリ増設しないと動きが悪いので、メモリ増設できるiMacに買い換えました…。その点は想定外の痛い出費ですが、メモリ増設したらLightroomもサクサク動くのでストレスなくレタッチできています。

以上がレビューです。いかがでしょうか? フルサイズを使っていた方だとそこまで大きな違いは感じないかもしれませんが、APS-Cやそれより小さなセンサーサイズのカメラを使われていた方は特に、その描写に感動するのではないかと思います。高級機材のためか、GFX50Rのデモ機を置いている家電さんも少ないのですが、もし見かけることがあれば是非触ってみてくださいね。

編集部/田中海月(Instagram

INSTAGRAM

PIC UP