1. HOME
  2. HOWTO
  3. CAMERA
  4. 『FUJIFILM X100F』のフィルムシミュレーション解説
CAMERA

『FUJIFILM X100F』のフィルムシミュレーション解説

CAMERA

基本RAWで撮りつつ、時折フィルムシミュレーションのクラッシッククロームを使ったりしていました。……というか、それくらいの機能しか使っていませんでした。あとたまにデジタルテレコンとか。(ちなみにこのときにボヤいていた、FUJIFILM Camera Remote(アプリ)、データ転送スピードが早くなりだいぶ使いやすくなりました)

正直、取説ってわかりにくくありませんか?(あ、人のせいにした)

他に色々できるんだろうけどなーって思いながらずっと放っておいたのですが、フィルムシミュレーションのカスタマイズに今更ですがちょっと挑戦してみました。みましたが、いきなりつまずきました。

※下記、全てX100Fベースでの内容となります。X100Vや上位機種はフィルムシミュレーションの種類や、カスタムできる項目が多いです
※X100Fはカスタムしたフィルムシミュレーションのオリジナルの名称が付けられないのも残念です

『FUJIFILM X100F』フィルムシュミレーションのの疑問点

フィルムシミュレーションカスタムは7つ登録できるが、WBは「AUTO」「カスタム1・2・3」「K」「晴れ」「日陰」「蛍光灯1・2・3」「電球」「水中」となっており、ホワイトバランスのカスタム登録は3つしかできない。この場合はどうすればいいのか? 撮る都度で設定を変えるしかないのか?
フィルムシミュレーションに手を出したこの日、ちょうどclubhouseで富士フイルムのカメラのフィルムシミュレーションなどについて語るroomがオープンしており、モデレーターは有名なカメラマンさんだったので躊躇いはありましたが「いま! ここで! 聞くしかない!」と自分を奮い立たせ、Hands upしてみました。
勇気を出した結果、この疑問についてはフィルムシミュレーションのカスタム情報を登録する際に解決できることがわかりました。
最初カスタム登録は下記の手順でおこなっていたのですが

①「WBのカスタム1・2・3」に試してみたいレシピのカラーバランス(R/B)を登録
②「カスタム登録/編集」画面でそのWBを呼び出して登録

この方法だと前述の通り、せっかくフィルムシミュレーションのカスタム登録が7つできるのにWBの設定が3つしか効かないことになりますよね。

フィルムシミュレーションのカスタム登録の方法

ここからがclubhouseで聞いたカスタム登録の仕方となります。

①【I.Q】画質設定から下記設定を好みのレシピに変更

【I.Q】画質設定
(1)フィルムシミュレーション(ベースとなるフィルムシミュレーションから選択)
(2)グレイン・エフェクト(強/弱)
(3)ダイナミックレンジ(AUTO/DR100/DR200/DR400)
(4)ホワイトバランス(AUTO/カスタム1・2・3/K/晴れ/日陰/蛍光灯1・2・3/電球/水中)
※R/Bの変更
(5)ハイライトトーン(-2〜+4)
(6)シャドウトーン(-2〜+4)
(7)カラー(-4〜+4)
(8)シャープネス(-4〜+4)
(9)ノイズリダクション(-4〜+4)

X100V(他)にはこれに加えて下記の設定ができるようです。
・明瞭度
・カラークロームエフェクト
・カラークロームブルー

②同じ階層内にある「カスタム登録/編集」から「カスタム1」→「現在の設定を反映」を選択し、レシピをカスタム1に登録

これの繰り返しで、カスタム1〜7それぞれのWBも登録できます。……なんて簡単。
いきなり自分オリジナルを試行錯誤するより、まずは公開されている先人の作ったレシピを利用してみるのがいいと思います。〇〇さんオリジナルのレシピだったり、PORTRA800風だったり、ネットを探すと色々出てきます。出てきますが、上位機種の「設定項目の多いもの」でのレシピの方が断然多いので、私のようなX100Fユーザーはそういったレシピをパーフェクトに設定ができません。
ちなみに一部ユーザーには有名なFUJI X Weeklyという海外のファンサイトでレシピの公開がされており(アプリもありますが、現状あまり「アプリ」という機能ではないです)こちらもオススメです。
富士フイルムユーザーはJPG撮って出し利用が多いという話ですが、カスタマイズしたら自分好みの色がカメラから直接出せるようになるんですから、そうりゃあそうですよね。

自分がデジタルカメラでやる現像・色補正作業を、フィルムの場合は「写真屋さんが現像・色補正」してくれている訳ですが、その部分をカメラ内で自動でやってくれると、なんだか感覚としてはフィルムカメラで撮っているような感じがしませんか?
ただいま愛機であるmakina67が入院修理中のため、その間はフィルム写真はKLASSEで撮ろうかなと、Yodobashi.comでSUPER PREMIUM400を3本購入していたのですが、フィルムシミュレーションを自分好みにカスタマイズしたら、KLASSEを使わずX100Fで撮影しちゃいそうな自分がいます。

そして「もし今後デジタルカメラを買い換えるとしたら、キヤノンのRかR6になるのかな……」と思っていたのに、こんな楽しい遊びを今更ながら気づいてしまったら「うーん、GFX50Rが欲しいなあ」なんていう、大それた夢が入り込んできてしまいました。
まあ、全然無理なんですけど、そもそも本体高いし、レンズも買い直さなきゃいけないし、私の今のMacbookでは絶対にソフトの挙動が重たくなるからパソコンも買い直さなきゃならなくなるわけですし。

GFX50Rボディ(中古)          約35万
GF45mmF2.8 R WR(中古)  約15万
 ※36mm相当(35mm判換算)
——————————————————–
                約50万 ←

うっ。

まあR6でも新品でボディを買うと約30万ですし、ボディの価格はあんまり変わらないっちゃ変わらないんですけど(落ち着いて! キヤノンのミラーレスはアダプタを使えば今のレンズ資産は使えないこともないけど、フジにしたら全部買い直さないとなのよ! レンズ1本買うのでも価格的に厳しいじゃない!)

閑話休題。
当面は(当面?)X100Fでフィルムシミュレーションを楽しみたいと思います。
まずは今回設定したものをいろいろな光源環境で撮影してみて、少しずつチューニングして、どんなシチュエーションでもそこそこ対応できるようなものにしてみたいなと。チューニングした写真はInstagramで随時ご紹介します。頑張ります。

カメラガールズEditors イチ/ Instagram

PICK UP