1. HOME
  2. LEARN
  3. HOWTO
  4. シャッタースピード優先(S・Tv)モード
HOWTO

シャッタースピード優先(S・Tv)モード

HOWTO

子供の運動会や動物など、動きの速い被写体を撮影する際、絞り優先モード(A/Av)だとブレてしまう・・・。
そんなときはこのモードを使ってシャッタースピードを速く設定しましょう! そうするとブレのない綺麗な写真が撮影できます。

シャッタースピード優先モードって?

シャッタースピード優先モードとは「シャッター速度を自分で決めて、絞り値はカメラ任せ」という半自動のモードです。
シャッター速度さえこちらで決めてしまえば、絞りもISO感度もカメラ側が自動で決めてくれて、適正な露出にしてくれます。


S(Tv)モードに設定してみよう

設定は簡単です。 このように、ダイヤルを 『Tv』 または 『S』 に合わせばOK!
モードの名前はメーカーによって違います。
Nikon・SONY・オリンパス・・・『S』
Canon・ペンタックス・・・『Tv』

シャッタースピードとは、シャッターがきれるスピードのこと。
Tvモードでは、このスピードを自由に設定することができます。
設定は簡単。この1/●●●という数値を変更すればOKです。
この分母(●●●)の数値が大きければ大きいほど、シャッタースピードは速くなります。
そして、シャッタースピードが速くすることで、動いている被写体でもブレのない綺麗な写真が撮影できます。

目安
歩いている人・・・1/100~1/250
運動会・・・1/500 以上
水しぶき・・・ 1/1000 以上
飛んでいる鳥・・・1/1500~1/2000以上

シャタースピードと明るさの関係

シャッターが開いている時間=光を取り込む時間。
シャッタースピードが速いと、取り込める光の量が少ないため、写真は暗くなります。
つまり、シャッタースピードは、速ければ速いほど写真が暗くなってしまいます。

S(Tv)モードは、”F値を現在の明るさに応じてカメラが決めてくれる”という半自動モード。
ISOと設定したシャッタースピードの組み合わせで明るさが足りない場合は、F値を自動で小さく設定してくれます。
このとき、F値を最小にしても明るさが足りない! という場合に写真が暗くなってしまうのです。
そんなときは、ISO感度を高く設定してください。
また、あまり背景をぼかしたくない時も同様に、ISO感度を高くしてください。

カメラによって違うシャッタースピードの限度

F値はレンズによって異なりますが、シャッタースピードの限度はカメラによって異なります。
主にエントリーモデルでは、1/4000が最速という場合が多く、上位機種になると1/8000まで速くできるカメラが多いです。
絞り開放で逆光で撮影する場合は1/4000では足りないこともありますが、大抵の場合は1/4000でも問題ないでしょう。

いかがでしたか? もし分からないことがあれば、カメラの相談係 をぜひ利用してみてくださいね。

INSTAGRAM

PIC UP