1. HOME
  2. REPORT
  3. 岡山で!? 体験いっぱいの晴れの国おかやま農家民宿旅
REPORT

岡山で!? 体験いっぱいの晴れの国おかやま農家民宿旅

REPORT, TRAVEL

岡山県の農山漁村地域は、豊かな自然がいっぱい!! また、岡山県は“くだもの王国“と呼ばれるほど果物の栽培が盛んです。最近では農家民宿も増えているんですよ。
そんな岡山県の農村エリアの”暮らし”を、農村カメラガールズが体験してきました! 普段の旅とはまるで違う風景や農林漁業体験の数々がとても新鮮で、いい写真もたくさん撮影できて大満足。
特にお仕事でお疲れの方、自然いっぱいの中リフレッシュしたいという方にはオススメですよ。

今回の旅の様子を動画にしました! ぜひご覧ください!

「岡山県のまんなか」吉備中央町でピザ作り体験!

まず訪れたのは、「岡山県のおへそ」こと岡山県の吉備中央町にある『農家民宿みっちゃん』。こちらでは、女将のみっちゃんと一緒に、庭で採れたバジルなどを使ったピザ作りを体験しました。みっちゃんが事前に用意してくれていたピザ生地をのばして、色とりどりな野菜をトッピング。庭に造った窯でぶどうの木をくべて焼くので、火力が強く仕上がりも本格的です!
焼けたピザはアツアツのうちにいただきま〜す! 生地の厚みや形はまちまちですが、それがまた手作りの良さですね。みっちゃんと一緒に作って楽しくおしゃべりしながら食べる、愛情たっぷりの手作りピザは絶品です!
みっちゃんの人柄にも癒やされますよ。宿泊もできるので、次回は泊まりで来たいです。

『土井ん家』で収穫体験!

次におじゃましたのは、勝央町にある『土井ん家』。その名のとおり、米農家・土井さんのお宅です。こちらでは、米農家での普段の生活が体験できるんです。
体験内容は時期によってさまざま。この時期はちょうど米の収穫が間近ということで、岡山米「きぬむすめ」を収穫しました。広い部分はコンバインで稲を刈っていくそうですが、今回は手刈りに挑戦です! これがなかなか難しい…どうやらコツがありそうですよ。いい汗流してリフレッシュできました!
黒豆などの栽培もしている土井さん。枝豆もまだこの時期は収穫には少し早いそうですが、それでも十分甘くて美味しくて食べる手が止まりません。枝豆を美味しくする洗い方や茹で方も教えていただきましたよ。

青空の下でヤギのお世話体験!

こちらには2匹のヤギ (母・まさよと娘・白子)が飼育されています。ヤギが草を食べてくれること(除草)を期待して迎えたそうですが、やわらかい上部しか食べなくて、除草効果はほぼゼロなんだそうです(笑)。
さて、そんな2匹を連れてお散歩です。途中で大好物の枝豆を食べてしまうヤンチャな一面も。まさよと白子の愛くるしい表情とのんびりとした動きに癒やされます。
シャモも放し飼いになっていて、エサを与えるなどのお世話ができます。
また、土井さんのご自宅の離れの2階は予約制の農家レストランになっていて、収穫した米や野菜、地元の食材を使った季節の料理が楽しめたり、泊まりでの農家体験もできるということで、またゆっくり訪れたいです。

『農家民宿 福屋』でグランピング&宿泊体験。

今回のお宿は美作市・東粟倉の『農家民宿  福屋』。ゆったりとした造りの民家を1棟貸しなので、リラックスできて旅の疲れも癒やされます。家族連れでもゆっくり過ごせそうですよ。
夕食は庭でバーベキューを楽しみました。オーナーの鶴田さんが火起こしやハンモックの設置などサポートをしてくださるので、女子だけでも安心です。食器や食材の準備までおまかせできるので、手ぶらで行けるのが嬉しいですよね♪ 
また、ウッドデッキから眺める夕日は最高です! そして北には間近に岡山県最高峰の後山が望め…ここは最高の撮影スポットでした!
翌朝は少し早起きをして、散歩がてら地元の天然水「愛の水」をくみに出かけてみました。朝から農村ならではの恵みを堪能できました!

『まほらファーム』でぶどう&イチジク狩り!

2日目は、朝から津山市にある『まほらファーム』へ。こちらは鏡野町にある農家民宿『Farm inn Suzuki』の農林漁業体験場所で、ピオーネをはじめとする約6種類のブドウを育てています。この時期はピオーネ狩りが楽しめました。イチジク狩りもできますよ。また、イチゴ狩りやモモ狩りも人気だそうです。
おいしい果実の見分け方も教えていただいたところで、いざ収穫! おいしそうな果実を自分の目で確かめて、果肉に傷をつけないように優しく触れながらていねいに収穫していきます。たわわに実った秋の味覚は、見た目はもちろん、甘い香りにも癒されます。なんだか農家さんになったような気分で楽しいです!!  収穫の瞬間も、ちゃんとカメラに収めましたよ。

採れたてのフルーツを満喫!

採れたてのピオーネとイチジクを氷水で洗って、ほどよく冷えたところでパクリ!
「みずみずしくて、あま~い!」と思わず笑顔になっちゃいますね。ぶどうやイチジクは、種類によって大きさや形、色など見た目が違うように、味わいや食感も全く違うんです。コクのある強い甘みと爽やかな酸味が特長のピオーネは、つるんとした食感と種なしで食べやすく、もう手が止まりません。自分で厳選して収穫し、自然の中でいただくフルーツはまた格別に美味しく感じますね。
食べきれなかったぶんはお持ち帰り用にパックしていただきました。岡山県はピオーネの生産量が全国一と聞いて誇らしく感じました。また春にはイチゴ狩り、夏にはモモ狩りにも来てみたいと思います!

「ヤマメのつかみ取り」にわくわくドキドキ。

ツアー最後は、『クリエイト菅谷』で2種類の体験をしました。まずは「ヤマメのつかみ取り」です。冷たくて澄んだきれいな水の中に泳ぐヤマメは元気いっぱいで、その速さといったら目にも留まらないほど! 岩陰に隠れたり、足元をすり抜けていくヤマメとの格闘は真剣そのもの。撮影を忘れてしまいそうなくらいでした。岩陰に追い込んでみたり、じっと待ち伏せてみたり…魚を素手で捕まえるって、思っていた以上に体力と頭も使うんですね。いい運動になりました。集中力も養われたような気がします(笑)。
美味しいものをいただくためには、労力を惜しまないことを学びました。
なんとかゲットしたヤマメは、場内キャンプ場で調理して塩焼きでいただきました。

初めての「そば打ち体験」に感動。

『クリエイト菅谷』の場内にある施設で、そば打ち体験をしました。教えてくれたのは、同市内でそば屋を営む佐藤ご夫妻です。今回は八割そばに挑戦です。素手でそば粉を混ぜて水と合わせてこねて…。大将の手さばきを見ていると簡単に見えるけど、いざやってみるとこれがなかなか思うようにいかないんです。でも楽しい! こねるたびに、そばのいい香りが♡ 粉と水の合わせは、一番大切なポイントだそうです。その後、そば生地を薄くのばして細く切る作業へ。サクッサクッと生地に包丁が入っていく感触が、これまた心地良く、そば作りにハマる人がいるのも納得です。
自分で打ったそばは、いい味してますね。噛んだ瞬間に鼻からフワッと抜けるいい香りに癒やされます。

まとめ

岡山県の農山村部の美しい自然や、農家の温かい人柄にも触れて、心からリフレッシュできた旅でした!  美味しい秋の味覚をいっぱい味わえたのもこの旅の魅力の一つ。とれたての野菜がいただけるのも、農家民宿での宿泊や農林漁業体験ならではの楽しみですね。また、何度も見返したくなる、お気に入りの写真もたくさん撮ることができました! やっぱり“農”のある風景は絵になります。
都会の生活に疲れた方、ゆったりとした時間や人の温かさに癒されたい方には特にオススメしたい旅でした! お子様がいらっしゃる方にもオススメです。きっと忘れられない思い出ができるはず! 体験いっぱいの晴れの国おかやま農家民宿旅をぜひ楽しんでみてくださいね。

〈晴れの国おかやま農家民宿情報〉
岡山県農村振興課HP「農家民宿等(農家民宿・直売所)について」
https://www.pref.okayama.jp/page/detail-23662.html

PIC UP