• HOME
  • 活動報告
  • <みちパシャ>高速道路の建設現場と、ノスタルジックな大山を撮影してきた!レポ

<みちパシャ>高速道路の建設現場と、ノスタルジックな大山を撮影してきた!レポ

「みちパシャ」はカメラガールズと新東名高速道路の建設に携わっている清水建設とのコラボ企画のイベントです。第1弾と第2弾はダムパシャとして八ッ場(やんば)ダムを撮影。第3弾の今回は、施工中の新東名高速道路を見学しながら撮影してきました!
当日は神奈川県足柄で工事中の新東名高速道路へ行き、普段入ることのできない現場を見学。また、その周辺観光スポットの大山を撮影してきました!そんなツアーの様子をレポートします!

高速道路の建設現場に潜入!

まず訪れたのは、新東名高速道路の建設現場。高速道路ってどうやって作られているんだろう…と疑問に思ったことはあるものの、見たり調べたりしたことはなかったので新鮮です。参加メンバーも初めての建設現場に興味津々です!
この2つの穴は工事中のトンネル。完成前はこんな風になっているんですね…!

建設現場にはハイテクな機材がたくさんありました! まず驚いたのはドローンが飛んでいたこと。測量するために使っているそうです。また、VRで現場状況を確認したり、タブレットを活用したりなど、想像していたよりもハイテク化されていて現場の見学は驚きの連続でした。精度の高いものづくりには、こういったデジタル技術は欠かせないそうです。

続いては、トンネル内の発破体験! 奥の煙は発破している瞬間です。

発破された瞬間、大きな音が響きました! 耳を塞いでも聞こえるくらいの大きな音に、みんなびっくり。


女性の現場スタッフさんもたくさんいらっしゃいました。作業着がとっても似合っていて可愛いです! 最近では男性だけでなく女性のスタッフさんも増えているそうですよ。
想像していた現場のイメージが覆された見学ツアーでした。和気あいあいとした現場の雰囲気に、メンバーたちも終始笑顔!


ノスタルジックな大山観光!

見学した現場からほど近くにある、大山は四季折々の風景をはじめ、おしゃれなカフェや由緒ある寺社やケーブルカーなど撮影スポットが多い魅力的なエリアです。今回は現場見学だけでなく、大山観光もしてきました!

昭和感満載の商店街がある「こま参道」は、レトロで面白い! 美味しいものがいろいろ売っているので食べ歩きも楽しいエリアです。

グリーンの車体がかわいい大山ケーブルカーに乗って、大山阿夫利神社へみんなで参拝に行きました!

大山阿夫利神社は日本遺産にも登録されている歴史ある神社。ちなみ阿夫利というのは、「雨降り」という意味で、海が近く雨が多く降るためそのように名付けられたんだそうです。1年を通してとても綺麗な神社なのですが、特に人気なのは紅葉。11月中旬から11月下旬にかけて紅葉の見頃を迎えます!
期間中にはライトアップも行われて全国からたくさんの人が訪れますので、ちょうど今の時期がオススメです。

大山阿夫利神社が運営している、茶寮 石尊というおしゃれなカフェもありました。注文した水まんじゅうは、透明でお水のようで写真映え抜群!

実は身近な存在のドボク!

名残惜しくも、今回のツアーはこれで終了です。今までよりも、高速道路の完成が楽しみになった!面白かったとの意見を多くいただきました。 今回の工事箇所が開通したら、みんなでまた旅してみたいと思います!

\特設サイトも見てね/