1. HOME
  2. REPORT
  3. 写真満載!ボートレース蒲郡と竹島撮影ツアーレポート
REPORT

写真満載!ボートレース蒲郡と竹島撮影ツアーレポート

REPORT

2020年2月1日(土)に開催した愛知県蒲郡市の「ボートレース蒲郡」とのコラボ企画。今回のイベントでは、名古屋駅に集合し、貸し切りバスで蒲郡市の三河湾に浮かぶ無人島「竹島」を観光した後、ボートレース観戦を行いました。今回は当日のイベントの様子や、ボートレースの魅力などをたっぷりとお伝えいたします!

9:45 名古屋駅集合

さっそく貸切バスに乗車!
バスの中では、一人一人自己紹介タイム。参加メンバーのほとんどがボートレースは初観戦ということで、ボートレースの撮影が楽しみ!とワクワク。

11:20 竹島到着

少人数のグループに分かれて、竹島を散策しました。島内を地元のボランティアガイドさんに案内していただき、とっておきのスポットを撮影しました。

三河湾は海がとても綺麗!!浜辺に落ちている貝殻もかわいくて、どこを切り取ってもフォトジェニック♡

竹島は、岸から約400メートル離れた距離にあり、島にかかる竹島橋を歩いて渡ることができます。竹島橋の近くではたくさんのカモメがお出迎え。エサを使うとこんな写真も撮れちゃいます♡

橋を渡ると、大きな鳥居が現れました。
竹島は、全域が「八百富神社(竹島弁天)」の境内であり、縁結びや恋愛のパワースポットなのだそう。

せっかくなので、おみくじを引いてみました!素敵な出会いがありそうな予感 ・・・

島内を徒歩で一周して撮影を楽しんだ後は、本日のメイン「ボートレース蒲郡」へ移動です。

13:00 「ボートレース蒲郡」到着

初めて入るボートレース場にドキドキ!とても広くて綺麗で女性でも入りやすい印象でした。

13:30 蒲郡漁港食堂でランチ!

この日のランチは、ボートレース場のフードコートにある「蒲郡漁港食堂」で名物「かき揚げ丼」をいただきました。このボリュームでなんと500円!!他にも地魚を使った海鮮丼などのメニューがあり、安くて美味しいのでオススメです。食後にはデザートのアイスクリームもいただきました♡

14:30 ボートレースについて学ぶ!

小腹を満たしたら、ボートレースの基礎知識のレクチャータイム。ボートレースに詳しいアナウンサーの方にルールや舟券の買い方を教えていただきました。
ボートレースは6艇のボートで着順を競う競技。スタートライン通過後、3周して順位を決めます。ボートレースの見所はターン。最初のターンで追い越せるかどうかが勝敗の大きな決め手になります。内側の最短コースを攻めるのか、外から周ってきて内側を走っている選手に波をおこして追いやるか、ターンを攻略する方法がいくつかあり見応えがあります。
また、特徴的なのが「よーいドン!」という明確なスタートがないこと。あらかじめ決められた時間内にスタートラインを通過するという、フライングスタート方式を採用していて、大時計の針が示したスタート時間から、1秒以内にスタートを切ります。スタートの際、0.1秒でもフライングすると出場停止の重い罰則規定が…!!かといって、慎重になりすぎるとスタートに出遅れて順位争いに不利になってしまいます。
ボートレースはただ走るだけではなく、緻密な頭脳戦なのですね!

15:00 流し撮りに挑戦!?

ボートレースのレクチャーの後は、カメラのレクチャーです。ボートレースをカッコよく撮影するポイントとして、「流し撮り」の撮り方を教わりました。
「流し撮り」とは、上の写真のように動いている被写体のスピード感を効果的に演出して撮影する技術のこと。背景が流れているのに、被写体にはピントが合っている写真のことを言います。当日の講座で教わった流し撮りのテクニックを特別にご紹介します♡

/// 流し撮りの設定手順 ///
1. シャッタースピード優先モードにする
2. シャッタースピードを1/100秒に設定する
3. 連写モードにする
4. ピントをあわせて撮影する
これで設定は完了!
そして、最大のコツは被写体の動きにあわせてカメラを横に動かすこと。ピントが合わせづらい場合は、MF(マニュアルフォーカス)に設定して事前にボートが通る位置にピントを合わせておきましょう。

15:20 レーサー細川裕子さんのトークショー 

続いて、地元愛知県出身の女性レーサー細川裕子さんのトークショータイム!

子どもの頃、お父さんとボートレースを見に行ったことがきっかけで、ボートレースの世界に魅了されレーサーを目指し、養成所の試験に1発合格したお話や、養成所での厳しい訓練、レース中の寮での裏話、旦那さんとの馴れ初めなど、濃い内容のお話を伺い、みんな興味津々で聴き入りました。

15:55 ピット見学・乗船体験 

ボートレースについてイメージが膨らんだところで、ピットというボートが出発する場所へ特別に入らせていただき、実際の競技に使うボートを見学しました。
レース前の緊迫した空気の中、ボートの整備をする選手たち。メンテナンス作業をする選手の真剣な眼差しや、間近で見る選手たちの筋肉がすごくて、ドキドキしっぱなしのカメラガールズ。中でも印象的だったのが、ベテラン選手も若手選手も一丸となり協力してボートを滑走路まで押し出す姿。強風と寒さの中、素早く作業をこなす姿がカッコ良かったです!

さらに特別にボートに乗せていただき、細川さんからボートの操縦やコーナーターンの仕方を教えてもらいました。
ボートはハンドルの動きとプロペラの動きが連動していて、左手で左レバーのアクセルを握ってスピードを出しながら、右手でハンドルを回して操縦します。ハンドルの回りやすさ・固さは、選手自身で調整するのだとか。床は硬い板で、直進時は正座に近い形で座るので、振動でヒザやスネが板に打ち付けられるそうです・・・過酷だな〜との感想も漏れましたが、貴重な体験をすることができました!

16:30 ドキドキのレース撮影!

いよいよレースがスタート!

目の前を猛スピードで走り去るボートは迫力満点!特に水しぶきをあげてのコーナーターンは圧巻です。水面を飛ぶように走るボートに驚きの声が上がりました。レースはカッコ良かったのですが、スピードが早くて流し撮りはなかなか難しい・・・次のナイター撮影でリベンジです!

17:20 ナイターの時間へ…!

ボートレース蒲郡では、ナイターレースも楽しむことができます。
夜になるとライトアップされた湖面がキラキラと輝き、昼間とは違った雰囲気を見せてくれます。

参加者からは、夕日に向かって走るレーサーの横顔がたまらなくカッコ良いとの声も♡

撮影の合間に舟券を購入してみました!
舟券は100円から購入できるので、誰でも気軽に参加できます。レクチャーで習った知識を元に、出走表を見てみんなでレースを予想しました。なんと、初めてのボートレースで1着と2着を当てることができました!!

18:10 ツアー終了

「ずっとボートレース場にいたいなと思うくらい楽しかったです。」
「カッコ良いレーサーがたくさんいて、カッコ良い写真も撮れるし、当てれたから楽しかった。ハマりそうです!」
と参加メンバーも大満足でした!

カメラガールズではボートレースのイベントを過去にも何度か実施しましたが、毎回大好評でボートレースにハマるカメラ女子が続出。皆さんもぜひ、ボートレース場を訪れてみてくださいね!
また今回のイベントでは、フォトコンテストを同時に開催しております。撮影した写真は、「#ボートレース蒲郡フォトチャレンジ2020」で投稿していますので興味のある方はのぞきにきてくださいね♡

PIC UP