カメラガールズ|カメラ女子の毎日をHAPPYに。

カメラ女子の毎日をHAPPYにする、"写真"のWEBマガジン。

【青森県】自然の魅力が沢山!海の撮影スポット種差海岸

【青森県】自然の魅力が沢山!海の撮影スポット種差海岸

こんにちは!編集部のしほこです。カメラライフ満喫していますか?
日本には行っても、行っても行ききれないぐらいの撮影スポットがあります。カメラ持ったならいろんな景色や被写体を素敵に撮りたいですよね。
今回は大自然を撮りたい方におすすめのスポットを紹介します。

三陸復興国立公園・種差海岸

16-09-22-13-54-05-955_decoみなさん、青森県には行ったことがありますか?東京から東北新幹線で約3時間。
青森県は県周囲のほとんどが海に面していて、どこにいっても海を眺めることが出来ます。
津軽地方に向かえば日本海、下北地方や南部地方に向かえば太平洋を一望できます。その中でも写真スポットとしておススメの場所があります。
それが南部地方の八戸市にある種差海岸周辺です。

種差天然芝生地という場所があって、緑と青のコントラストが素晴らしく美しいのです。
そして海風が気持ちいい!芝生自体も綺麗に整備されていますので寝転んで撮影なんかも出来ちゃいます。
実際にこちらでは芝生の上で朝ヨガが開催されているほどさわやかな場所なのです。

16-08-16-10-33-43-391_decoかなり広い場所なので人の目を気にせずゆっくりと写真撮影ができます。
また広い場所を活かすために広角レンズでの撮影がおススメ!ローアングルから撮影するとより幅広く奥行き感のある写真を撮影することが出来ます。

16-09-22-13-50-47-687_deco更に余裕のある方はフィルターを着用してみてもいいと思います。
実際に上記の写真ではPLフィルターを着用していて、一番色に深みのでる部分で調節して撮影しました。
PLフィルターは光量を調節してくれるので自然を撮影するのが好きな方は持っていて損はないアクセサリーです。

16-09-22-13-52-45-562_deco見渡すと真っ青な風景に吸い込まれそうになります。風の流れによって空の表情も変わってくるのでずっと見ていられるようなそんな気にさせてくれる場所です。
空の表情を楽しみながらお気に入りの一枚をさがしてみてください。

16-08-16-10-32-38-211_decoまた八戸地区はウミネコ繁殖地で有名です。海岸沿いを散策しているとあらゆる場所でウミネコを目撃することできます。
海鳥が好きな方は絶好の撮影スポットとなります。人に慣れているせいか、近くまで寄っての撮影が可能です。
上記の写真はズームレンズで撮影していますが、望遠レンズでウミネコの姿を撮影するのもおすすめです。

☆種差海岸へのアクセス方法☆
アクセス 自動車:八戸駅から40分、八戸市中心街から30分、八戸久慈自動車道種差海岸階上岳ICから10分
鉄道:JR八戸線種差海岸駅から徒歩3分
バス:種差海岸遊覧バスうみねこ号「種差海岸インフォメーションセンター」下車
駐車場      普通乗用車68台、大型バス3台、障がい者専用2台(種差海岸インフォメーションセンター)

太平洋を一望できる芦毛崎展望台

16-08-16-10-37-23-061_deco種差天然芝生地から少し足をのばすと葦毛崎展望台という場所があります。
こちらは太平洋を180°眺めることのできるビュースポットとなっています。真っ青な海を撮りたい方是非足を運んでみてください。
またとても眺めがいいので元旦には初日の出を拝むこともできます。

ここからの眺めは遮るものが全くないので運が良ければ三沢市など県内にある地域も見ることが出来ます。
また、八戸市は日本で有数の漁港を持っているので大きな石油タンカーや客船などの船の姿も見えることがあります。
風景のワンポイントとして入れてみてはいかがでしょうか?

16-09-22-13-55-54-680_deco絶景ポイントを見渡すと険しい岩が沢山あり、近くでみるとその勇ましさに圧巻されます。
種差天然芝生地方面では場所によっては海辺ぎりぎりまで降りることができます。海の迫力を撮りたい方は是非降りてみてください。
また降りる際は潮水には十分注意してくださいね。

16-08-16-10-36-20-464_decoどこに行っても現れるウミネコ。撮ってくれと言わんばかりにじっとしています。
もし遭遇したら風景のアクセントに一枚撮ってあげてください(笑)

☆葦毛崎展望台へのアクセス☆
自動車:八戸駅から35分、八戸市中心街から25分、八戸自動車道八戸ICから30分
鉄道:JR八戸線鮫駅から徒歩40分
バス:種差海岸遊覧バスうみねこ号「葦毛崎展望台前」下車

自然豊かな青森県

16-08-16-10-34-19-374_deco本州最北端に位置する青森県はこのように自然が美しく癒されます。
自然が豊かなだけあって春夏秋冬それぞれの表情を楽しむことができますし、写真撮影のしがいがありますよ。
他にもまだまだ撮影スポットがあります。少しずつ紹介していきたいと思いますので、是非行ってみてくださいね。

PROFILE

編集部しほこ
【No,0154】東京カメラガールズ・SHIHOです。
愛用カメラ◇CANON EOS kiss X7
猫とピアノとカメラをこよなく愛する平凡なOLです。

コメント

Return Top