カメラガールズ|カメラ女子の毎日をHAPPYに。

カメラ女子の毎日をHAPPYにする、"写真"のWEBマガジン。

シャッタースピード

シャッタースピードとは、ISO感度、絞りと並んで 写真の明るさを決める3大要素のひとつ。シャッターがきれるスピードのことを表します。
シャッターの速さの表示 1/●●● の●の部分の数値が大きくなるほど速くなります。

シャッタースピードを速く設定すると被写体が止まったような写真が撮れます。
動きの速い被写体を撮影する場合に最適です。(電車や運動会、レースなど)

シャッタースピードを遅く設定すると動きの速い被写体はブレてしまいますが、明るさは明るくなります。
暗い場所や明るく撮影したい場合はシャッタースピードを遅く設定します。

ただし、手持ち撮影ではおおよそ 1/30秒 程度が限界となり、それ以上に遅くすると必ず手ぶれします。
これは、シャッターを切るスピードが手の震動より遅くなるためです。

コメント