測光

測光とは、光を測定することで、その測定値によってカメラは明るさを決めます。

カメラの測光機能には、大きくわけて3つあります。

1.多重分割測光(=評価測光・マルチパターン測光)
・・・写る部分を複数に分割して全体露出を決定するモードです。キヤノンでは「評価測光」、ニコンでは「マルチパターン測光」と呼ばれています。一般的に良く使われるモードで、逆光にも使えます。

2. スポット測光
・・・画面の中心の一部分だけを測光して露出を決めるモードです。いちばんきれいに出したい部分を測光し、その後フレーミングし直して撮影する、という方法が一般的です。露出をカメラ任せにせずに、自分で調節したて決めたい場合におすすめです。

3. 中央重点測光
・・・中央部分を重点的に計測するモードです。被写体が画面の中央にあるときに有効です。編集部はこの方法はあまり使いません。

測光後、もし明るさが足りない場合は露出をプラスして撮影します。

カメラガールズ編集部

カメラガールズ編集部です。「カメラ女子の毎日を、ハッピーに。」をコンセプトに面白くて役立つ記事を書いていきたいと思っています。

プロフィール
冬の日光カメラ旅
東金市TOGANE Life

ピックアップ記事

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。