カメラガールズ|カメラ女子の毎日をHAPPYに。

カメラ女子の毎日をHAPPYにする、"写真"のWEBマガジン。

簡単!料理を上手に撮影するための3つのコツ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

カメラ:OLYMPUS E-pl1




美味しい料理をとことん上手に撮ってみたい!そんな方にオススメの、3つの簡単な撮影のコツをご紹介します。これだけ守れば、ぐーっと写真が素敵になります!ぜひ料理写真がうまくなりたい方は参考にしてください♩

全部を写さない!寄って切り取る


449A6835
料理全部が入るように写すと、なんだか記録写真のような味気ない写真になりがち。料理の撮影テクニックで最も大切なことは、なるべくよって被写体をクローズアップして撮ることです。特に美味しそうな部分や写したい部分にピントを合わせ、ぐっと近づいて撮りましょう。被写体にあまり近づけないレンズの場合は、ズームにして撮ると◎。
とても美味しそうな料理になります。

レンズは、50mm前後の画角のレンズがオススメです。


F値を小さく!背景をボカす


料理写真
F値を4.5〜5.6まで小さくして、背景を思いっきりぼかしてみてください。そうするだけで、とっても綺麗な写真になります。モードはAvモードがオススメです。ただし、レンズによっては1.2や1.8などかなりぼけるレンズもありますが、ボカしすぎには注意。ほどよくぼかしたほうが◎。
また、ズームレンズの場合は望遠にして撮るとぼけがキレイに写りますよ♩



光は左側or奥側から当たるように


449A9731
光はなるべく左側or奥側から当たるようにしましょう。実は右から当たるよりも、左から当たるほうが写真は綺麗に見えます。また、逆光も料理写真には最適です。特に左奥から当たると、ツヤ感がでてとても美味しそうなお写真に。汁物やフルーツ、お寿司などのツヤ感があるものは特に光が奥から当てると、ツヤツヤキラキラ輝いてとっても美味しそうに写ります。また、蛍光灯はNG!!できれば自然光や暖色のライトで撮影しましょう。

いかがですか?この3つを実行するだけでお料理写真がぐっとキレイに写せます!ぜひお試し下さいね♩




コメント

Return Top