カメラガールズ|カメラ女子の毎日をHAPPYに。

カメラ女子の毎日をHAPPYにする、"写真"のWEBマガジン。

フィルム(銀塩)カメラ

フィルムカメラ(銀塩カメラ)は、フィルムを入れて撮影するカメラで、今でもまだ愛され続けています。デジタルと比較すると、その場で見れない・現像にお金がかかる・フィルム交換が必要、など手間がかかりますが、 それでもフィルムカメラには、はまってしまう「魅力」がたくさんあります。 撮影方法はいたってシンプルで、絞り値(f値)・シャッタースピード・ピントを手であわせてシャッターを切るだけ。(※一部電子的にピント等を合わせられるフィルムカメラもあります)機械が苦手!細かい設定が苦手!という女性には、実はフィルムカメラのほうが 合っているのかもしれません。 また、今でもプロの写真家(市橋織江さん、蜷川実花さん、川内倫子さんなど・・・)はフィルムカメラを使用することが大変多く、その独特の「表現力」と「味」は、デジタルでは未だに表現できておりません。 フィルムカメラといっても、実は色々な種類があります。 (1) 35mmカメラ 35mmカメラ ▼写真例(Nikon new fm2) 写真例 写真例 35mmカメラは、フィルム版の一眼レフカメラです。35mmのネガフィルムを入れて撮影します。像を映し出すフィルム部分の大きさは、デジタルでいう「フルサイズ機」と同じ程度の大きさで、とても鮮明で綺麗で味のある写真が撮影できます。 実は35mmカメラは、カメラ女子の間でも密かなブームとなっており、現像ラボに足しげく通う女子も近頃では増えています。 (2) 中判カメラ 中判カメラ 出典 ◇ http://www.hayatacamera.co.jp/article/photo200704.html ▼写真例(ローライフレックス) ローライ ローライ 中判カメラは、一眼レフよりもさらに大きな「ブローニー」と呼ばれるフィルムを入れて撮影するカメラです。像を映し出すフィルム部分の大きさは、デジタルでいう「フルサイズ機」よりも大きいため、より綺麗で味のある写真が撮影できます。 有名な機種はローライフレックスや、ハッセルブラッドなど。これで撮る写真はデジタルとは全く違い、プロの写真家も多く使用されています。ブローニーは1回で12枚しか撮影ができませんので、写真の腕もおのずと上達します。 (3) その他のフィルムカメラ その他にも、トイカメラや大判カメラなど、幅広いフィルムカメラが現代でも使用されています。カメラ専門店にいけば中古品がたくさん売られていますので、デジタルに飽きたら、ぜひフィルムカメラにも挑戦してみてください。

コメント

Return Top