知られざる魅力を発掘! 秋の日光撮影ツアーに行ってきました!

イベント活動レポート

東武鉄道とカメラガールズがコラボした企画の第4弾「秋の日光撮影ツアー」を開催しました!ツアーの目的は「秋の日光の知られざる魅力を発掘すること!」です。日光は、東照宮などがある日光エリアと、中禅寺湖や戦場ヶ原がある奥日光エリアで、標高差が約800mもあり、奥日光エリアから日光エリア、上から下へと時間差で紅葉が始まるので、長期間紅葉が楽しめるんです!
ツアーで訪れた時、奥日光の紅葉は落ちていましたが、日光山輪王寺周辺や龍王峡は、紅葉まっさかりの見頃でした。赤や黄に色づく景色がとても綺麗で、冬・春・夏の日光とはまた違った魅力を発見したツアーになりました! 秋の日光に興味を持った方は、ぜひ訪れてみてくださいね♪

<1DAY>絶景!!紅葉スポット満載の日光を大周遊!

朝8時半に東武浅草駅に集合。おなじみの特急リバティに乗車します。車内は綺麗でとっても快適!各席にコンセントが配置され、フリーWi-Fiも利用できるので、充電やSNS・調べものにも困りません。

今回の旅のように、4人での女子旅の際は前後2列の座席を押さえるのがおすすめ!前の座席をくるんっと回転させることでボックスシートに早変わり。みんなで景色を眺めながら、女子トークを楽しんでいるとあっという間に、龍王峡に到着♩

今までのツアーは東武日光駅へ直接向かっていましたが、今回は紅葉シーズンということもあり、東武線から直通列車で行ける野岩鉄道の龍王峡駅に足を延ばしてみました。龍王峡がある鬼怒川エリアは、日光の中でも屈指の紅葉スポットなんです。降りた瞬間、オレンジ・黄・赤のカラフルな世界に感動!

到着後、まずは美味しいお昼ご飯が食べたい!ということで、やってきたのは旬菜蔵せんや。ここは、豆腐や湯波が美味しいと評判の人気店!今回は1番人気の田舎ゆば膳をいただきました。どれもこれも美味しい♩すべてのお料理に体に優しい湯波や豆乳が使用されています。
女子旅にはイチオシのお店です!

食事の後は、いよいよ紅葉でいっぱいの龍王峡へ!!
龍王峡は全国観光地百選渓谷の部第5位に選ばれた事もある名所で、紅葉の時期という事もあり、平日にも関わらずたくさんの人で賑わっていました。虹見の滝から川治温泉露天風呂までは全長6km、およそ3時間の散策コースとなっています。初心者でもチャレンジできるコースなので、色鮮やかに紅葉する木々を眺めたり、写真を撮ったりしながらハイキングをたっぷり楽しみました♩

虹見橋からは「虹見の滝」「五龍王神社」など、ダイナミックな渓谷美が一望できます。川がエメラルド色で紅葉の赤や黄がさらに鮮やかに見えて魅力的!まさにフォトジェニックなスポットです。一眼レフを持っている場合、こういった広い景色の撮影には、魚眼レンズや広角レンズを使用があると便利。写真のような、目で見るより広く絶景を撮影することができます。

続いて訪れたのは、川俣湖!昭和41年の川俣ダムの完成に伴い造られた人工的な湖です。ぐるりと山に囲まれているので、季節によって変化する木々と湖を眺める事ができます。とっても素敵な絶景写真が撮影できました。春や夏にはボート遊びや釣り(山女・マス・イワナなど)も楽しめるのだとか!ほかの季節にも訪れてみたいですね♩

秋の日光には、本当に写真映えするスポットがたくさん!散策しているだけでたくさんのフォトスポットに巡り会えます。イチョウの葉っぱが大量に落ちている場所を見つけて、メンバーで落ち葉を空に向かって放り投げてみたら、こんな写真が撮れました!秋ならではの写真撮影めいっぱい満喫できました。

1日目、最後に訪れたのは日光山輪王寺・逍遥園。期間限定で開催されていたライトアップ。水面に反射する紅葉が、とっても幻想的でキレイなフォトスポットです。

宿泊先は、春の日光ツアーでも宿泊した光徳温泉日光アストリアホテル。日光国立公園の中にある、光徳温泉唯一のリゾートホテルです!大自然の真ん中に建つ一軒宿なので、日頃の疲れを癒すにはぴったりのお宿です。運が良ければ、ホテルの中庭では、鹿やきつねなどの野生動物を見ることができるかも!?

夜は美味しいお料理を満喫。見た目が鮮やかな和食会席膳料理は、奥日光ならではの旬の味覚を味わうことができます。満腹になった後は、みんなでホテル自慢の源泉かけ流しの温泉にゆったり入りました。この温泉が、とっても気持ちがよくて…1日の疲れが一気に吹き飛びました♩


<2DAY>欲張り!!定番スポット&絶景スポット巡り♪

旅は2日目!温泉宿ならではの美味しい和朝食を頂いてから、いざ出発♪出発前に忘れてはいけないのが、エントランスを出て右側にある美味しい湧き水。その名も「光徳の名水」。とっても飲みやすく美味しいお水で、ペットボトルに詰めて持って帰る人も多いんだとか!

ホテルを出発して最初に訪れたのは、湯滝&湯ノ湖!
高さ70m・最大幅25mの末広がりの形をした湯滝。 華厳ノ滝竜頭ノ滝と並び「奥日光三名瀑」のひとつに数えられています。今回は、湯ノ湖の駐車場から少し歩いた場所にある絶景スポットにも足を伸ばしました。どっちが本物の空かわからないくらいの、最高のリフレクション写真が撮れました。

日本三大名瀑の一つ、華厳ノ滝を訪問。中禅寺湖の水が高さ97mから一気に落下する壮大な滝で、日光で最も有名な滝なのだとか。さっそく岩盤を貫いたエレベーターを使用して100m下へ。そこから見上げる滝は迫力満点!

ランチには、美味しい野菜が食べたい!と向かったのは、日光くじら食堂さん。知る人ぞ知る、隠れ家的なお店です。地元で採れた新鮮野菜をたっぷり使用した創作ランチが、女子に大人気。ランチはサラダとメイン、ドリンクにプチデザートという豪華さです!パスタやオムライス、それぞれ好みのメニューを注文。メインの料理はもちろん、サラダがみずみずしくてメンバーにも大好評でした。

※上記写真は特別に許可をいただいて、建物内の撮影させていただきました。
次に訪れたのは世界遺産日光山輪王寺大猷院。徳川三代将軍・家光公の廟所(墓所)なんだそうです。金と黒を基調とした、落ち着いた造りになっております。日本の歴史を感じられる場所でした

そして旅の最後に訪れたのは日光市霧降高原。頂上の展望台までは長い階段を登ります。その段数なんと1445段。一段一段登るたびに広がっていく眼下の景色、そして頂上からの絶景…最高に気持ちがいいスポットでした。

「また、みんなで来たいね!」と話しながら、名残惜しくも帰路へ。日光の秋と大自然を満喫できた、最高の旅でした。フォトジェニックな秋の日光へ、ぜひ訪れてみてくださいね♩

 

カメラガールズ編集部

カメラガールズ編集部です。「カメラ女子の毎日を、ハッピーに。」をコンセプトに面白くて役立つ記事を書いていきたいと思っています。

プロフィール
春の日光カメラ旅
東金市TOGANE Life

ピックアップ記事

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。