【2018年度版】カメラ女子の私が重宝している、写真系スマホアプリ5選。

プリント・装飾

カメラガールズの田中海月です!写真の加工やプリントなど、最近はスマホ1台あれば全部完結する便利な時代ですよね。かつては一眼レフで撮影した写真はパソコンに読み込んでPhotohsopなどのソフトで加工するのが主流でしたが、今では一眼レフの写真もスマホで加工する女子がほとんど。アプリも種類が豊富にあってとても便利なのですが、新しいアプリがどんどん出てくるのでどのアプリを使えばいいのか悩んじゃう…という声も多く聞きます。そこで今回は、私が実際に使ってよかったオススメの写真アプリをご紹介します!

 

写真加工はVSCO(ヴィスコ)


写真加工といえばやっぱりこのアプリ。基本的には無料で使うことができます。無料有料どちらもフィルターが豊富で、特にカメラ女子が好きな系統のおしゃれフィルターがたくさんあるのが嬉しいポイントです。

特に優れている点は、HSLという編集機能があるところ。この機能、便利なことに赤、オレンジ、黄などそれぞれの色の彩度や色合い、明るさを調整できるんです。例えば青を強調したい時はc青の設定をやや彩度を高くしたり、不要な色があったらその色を彩度を落として消したりなど細かい作り込みができます。

また解像度も高く保存ができるので、プリントしてもがさつかず問題ありません。アプリによっては解像度が落ちてしまってプリントしたらガサガサ…なんてこともあるので、解像度が高く保存ができるのはかなり便利で重宝しているマストアプリです。

 

プリントはViviPrint(ヴィヴィプリント)

色々なプリントアプリがありますが、個人的に使いやすく料金も安くクオリティも満足で使い続けているのがこのアプリ。L版1枚15円でプリントできます。最大サイズはA3サイズまで注文できます。

ましかくプリントもできます。送料もネコポスが使えて安いので、インテリアとして飾る用など数枚プリントしたい時に使用しています。前回は11枚をLサイズでプリントして363円でした!注文後は翌日などすぐに発送されるのも嬉しいところ。

 

ストーリー画像作成にUnfold(アンフォールド)

インスタのストーリーをおしゃれにしたい。そんな時に使えるのがUnfold。

テンプレートが無料有料含め種類豊富に用意されているので、好きなテンプレートを選んで、画像と文字を入力するだけで完成。動画にも対応しています。日本語入力もできますが、日本語の場合はフォントが選べないのがイマイチなところ。日本語は使わずに、英語のみでかっこよく作った方がいいかも!

 

思い出はALBUS(アルバス)

思い出写真はアルバスでプリントしています。アルバスのいいところは、毎月月末をすぎるとアラートがくるので溜め込まずにプリントできるところ。思い出写真のプリントはついついサボってしまいがちなので、結構便利だと思います。私は一眼レフはヴィヴィプリント、スマホ写真はアルバスでプリントと決めていますが、アルバスでももちろん一眼レフ写真もプリントできます。

選んだ写真にプラスして、左上の白地に年月が記載されているカードも一緒に届きます。家族との思い出はもちろん、作品写真を選んでプリントしても面白いかも。すべてましかくプリントになりサイズは選べません。ましかく写真がぴったりおさまる専用アルバムも売っています。私は毎月11枚プリントしていて、費用は送料込みで280円です。

 

露出を計測するFotometerPRO(フォトメータープロ)

フィルムカメラを使っている方や、マニュアル設定の練習にめちゃくちゃおすすめなのがフォトメータープロ。85円の有料アプリですが、すごく便利で重宝しています。

アプリを立ち上げるとこんな画面になります。内側のダイヤルでISO感度を選んで、外側のダイヤルでf値を選びます。この画面だと、ISO400のf3.5です。そして、左上のカメラに写っている映像に適したシャッタースピードを下の赤い針が指し示してくれます。これさえあれば、フィルムカメラの露出も怖くない!しかも結構精度が高いのでちゃんとこの通りに設定すれば失敗なく写ります。
マニュアルモードでの撮影に慣れたくて、かつては色々な場所でこのアプリを開いて感覚を身につけるのにも使っていました。マニアックですがとても便利なアプリで重宝しています。

ということで、今回は中でもよく使うアプリをご紹介させて頂きました!みなさんのオススメもあればぜひ教えてくださいね。ちなみにこの記事は2018年12月に執筆しています。今後もまたどんどん新しいアプリが出ていますので、また定期的にご紹介したいと思います!

カメラガールズ編集部

カメラガールズ編集部です。「カメラ女子の毎日を、ハッピーに。」をコンセプトに面白くて役立つ記事を書いていきたいと思っています。

プロフィール

ピックアップ記事

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。