• HOME
  • 活動報告
  • 宮崎県都城市の食と焼酎を堪能する「おもてなし みやこんじょ2019」に参加してきました!

宮崎県都城市の食と焼酎を堪能する「おもてなし みやこんじょ2019」に参加してきました!

こんにちは!!カメラガールズのみほこです。ここ最近、日本各地を飛び回っています。というのも、「住む場所にとらわれない働き方がしたい」という想いが芽生えたため。利便性の良い都心で働くのも魅力的だけれど、広大な自然が広がる地方で働いたら、心まで豊かになるのではないだろうか。そんな想いを胸に国内のあらゆる地域を巡ること数ヶ月、見えてきたことは「自分が知らないだけで、日本には素敵な場所が数え切れないほどある」ということ。良い地域を見つけたらすぐに移住してしまおうと思っていたのですが、私はまだ日本を知らなさすぎる…と痛感。まずはもっと日本のことをもっとしっかり知っていこう、と思ったのでした。

そんな矢先、気になるイベントがあったため参加してきました。そのイベントとは、「おもてなし みやこんじょ2019」。宮崎県都城市(みやこのじょうし)が贈る、一夜限りのスペシャルディナーイベントです。通常20,000円以上するコースが、なんと今回は5,000円で参加できるということで、とってもおトクなんです。会場は東京駅からすぐ、KITTE2階にあるレストラン「アルカナ東京」にて行われました。

【そもそも、都城市ってどんな場所?】
宮崎県宮崎市と鹿児島県霧島市の境に位置する、宮崎県都城市。肉用牛・豚・鶏の合計産出額日本一、焼酎売上高日本一、平成27年度・28年度のふるさと納税の寄付件数は2年連続日本一と、数々の特産品に恵まれた地域です。
そんな肉と焼酎のふるさと都城市には、日本一と称されるブランド牛「宮崎牛」があります。平成29年9月に宮城県で開催された「全国和牛能力共進会」では、肉牛の部にて3年連続「内閣総理大臣賞」を受賞するほど最高級・高品質なお肉なのです。また、南九州の火山活動により、軽石を含んだ水はけの良い大地が広がる都城市。そのため根菜類の育成に適しており、サツマイモの生産が盛んです。さらに、霧島山麓の地下深くから汲み上げられた良質な水にも恵まれていることから、焼酎をつくるには最適な立地と言えます。

そしてこのイベントは、アルカナ東京のシェフ考案の特別メニューと、都城市が誇る4蔵(霧島酒造・柳田酒造・都城酒造・大浦酒造)の焼酎を使用したオリジナルカクテルのペアリングを楽しめるという内容。

早速いただきます!ウェルカムドリンクのこのオレンジ色のカクテルは、夕焼けという名前のカクテルで、霧島酒造さんの「Ax霧島」をグレープフルーツジュースとトニックウォーターで割ったもの。女性でも飲みやすく美味しい!しかも焼酎は糖質ゼロなので、糖質が気になる方も罪悪感なく味わうことが出来ます。

ほどなくして、お料理も登場!最初はしいたけと菜の花のマリネ〜やりいかのマスタード和え黒トリュフ〜。ペアリングで、柳田酒造さんの「青鹿毛(あおかげ)」のソーダ割りと一緒にいただきます。

肉厚なしいたけがジューシーで、美味。最初の1品なのに、その美味しさにすでに大満足…。

そしてこのお料理にあわせたこの麦焼酎の青鹿毛も、とても美味しい。飲んだ後にふわっと麦の香りがします。普通の麦焼酎よりも華やかさがあります。

柳田酒造の社長さんも来ていたので、写真を撮らせてもらいました。

こちらは、みやだいずという宮崎の大豆の煮込みに、オマール海老などの魚介を合わせたお料理。みやだいずはとても甘みのある大豆で、食前に10粒食べると血圧の上昇をゆるやかにできるんだそうです!

ペアリングで、都城酒造さんの「あなたにひとめぼれ黒紅芋ブレンド」に金柑とジュニパーベリーという香りのいい素材を使ったカクテルと一緒にいただきました。

このカクテルはとてもさっぱりしていて、甘みもありとても飲みやすいお味。焼酎というと男性的なイメージでしたが、こんなにおしゃれで美味しい飲み方があることに驚きました。

この他にもたくさんのお料理や焼酎を頂きました。その中でも、 私が夢中になったのが、この「都城市産宮崎牛3種のグリルとさといものローストほうれん草(『黒霧島MELT』を使った黒胡椒のソース)」。ペアリングで、本格イモ焼酎の蔵元である大浦酒造の大浦酒造の「みやこざくら真無濾過」のハーフロックを頂きました。ハーフロックは水割りの意味で、1:1で割ったものです。

焼酎とともに頂いた宮崎牛は、柔らかく旨味たっぷりで格別の味わい。肉質がよくて、本当に美味しいです。そして「みやこざくら真無濾過」は、喉越しが良く味がまろやか。昔ながらの手造りの麹で造られているそうです。
お料理と焼酎が本当にマッチしていて、ペアリングの楽しさを感じられた組み合わせでした。

いつかこのお料理や焼酎を現地で味わってみたい、できれば酒蔵見学もしてみたい…!!と思っていたところ、実は都城市ではこんなツアーを行っているということを教えていただきました。

その名も『ミートツーリズム』。都城市の「肉(meat)と焼酎に出会う(meet)」ことができるツアーです。直近では、「<女性限定ひとり旅>『【都城市×クラブツーリズム特別企画】 しっちょる?都城 集まれ焼酎ガールズ!桜舞う宮崎でグラス片手に蔵人と語らおう2日間』【1名1室確約】

というイベントが3月30日に開催されるようです。

ただ都城市に行って美味しいお食事を頂く…だけではなくて、工場見学や利き酒体験、焼酎作り体験、肉加工体験など体験できるコンテンツも様々。貴重な経験になること間違いなしです。今後もミートツーリズムは定期的に行われるようですので、HPをチェックしてみてくださいね♪

最後にいちごのスイーツまでいただきました♡ お料理は全部で6品、焼酎はペアリングで8杯。さらに飲みたいものがあれば飲み放題の「おもてなし みやこんじょ2019」は、都城が誇る日本一のお肉と焼酎を心ゆくまで堪能できる、充実したイベントでした。これで5,000円は超おトク…!! イベント情報は都城市のFacebookページで配信されますので、いいねしておくと次のイベントにいち早く応募できるかも!