女子のスキが凝縮!? 三重県伊賀市のフォトスポットへ日帰り!旅レポ

三重県の北西部に位置する”伊賀市”。ここ伊賀市は古くから城下町、宿場町として栄えた場所で「伊賀忍者の里」としても有名です。でも、実はここ最近は忍者だけでなく、女子に嬉しいオシャレなスポットや写真映えする撮影スポットがたくさんあるということで、じわじわとカメラ女子に人気が広まっているそうなんです。そんな伊賀市の新たな魅力を探るために、カメラガールズ10名で三重県伊賀市に日帰り旅行へ行ってみましたので、早速レポします!

注目スポット
・築100年のクッキー屋さん
・忍者体験ができるうどん屋さん
・レトロで素敵な写真が撮影できる旧小学校
・フォトジェニックな忍者最中
・可愛くてお得!伊賀焼きの窯

12:00  忍者市駅到着

今回の旅は、伊賀鉄道の忍者市駅からスタート!もともとは「上野市駅」だったこの駅は、今年の忍者の日(2月22日)に「忍者市駅」という愛称が付けられました。

よーくみてみると、小さな忍者が3人いるんです!遊び心たっぷりな駅も、見どころの1つ。

12:15  おしゃれ商店街を散策

忍者市駅から歩いてすぐの場所にある、新天地という商店街に到着。

実は少し前までシャッター街だったのですが、新しいお店を呼び込んで活気を取り戻そう!!という取り組みにより、ふたたび息を吹き返したそうなんです!

商店街のロゴが可愛いです!

美容院に雑貨店、カフェにイタリアンバルなど小洒落たお店が所狭しと立ち並んでいます。

こちらも器の文字が可愛い看板。細かいところにこだわりを感じられるお店がいっぱいなので、撮影するのが面白い。

【伊賀新天地商店街】
〒518-0873 三重県伊賀市上野丸之内23−4

12:30  天神さんにご挨拶

地元では天神さんの呼び名で親しまれている、「菅原神社」へやって参りました! 伊賀にきたらここは必ず立ち寄りたいスポットです。

ここに祭られている神様は、学問の神様の菅原道真。境内には、菅原道真の使いとして知られる牛も多数鎮座しています。頭を撫でると知恵を授かると言われています!

早速みんなで撫でてみました。ご利益に期待です。

【菅原神社】
〒518-0861 三重県伊賀市上野東町2929
0595-21-2940
https://goo.gl/maps/hhb4N6xn3tP2

13:00 古民家のクッキー屋さん

続いては、築100年以上の古民家を改装して作られたクッキー専門店、「ニノマチストリートクッキー」へ。

店内に入ると、おいしそうなクッキーがずらり!可愛いです。

メープルナッツ、抹茶、チョコレートなど種類豊富なクッキーやスコーン、そして苺のロールケーキなど美味しそうなスイーツがいっぱい!テイクアウト専門店なので、町歩きのお供にぴったりです。

サクサクの口当たりがクセになる味わいで、美味!

店内の写真を撮ってもいいですか?とお伺いすると快くOKしてくださったので思う存分撮影を楽しめました!

【ニノマチストリートクッキー】
三重県伊賀市上野魚町2903
https://goo.gl/maps/Rfn2nAVY3ir h

13:30  名物!霧隠れうどん

街歩きをしていると、道路の脇や屋根の上に忍者を発見! 街中に隠れた忍者を探しつつ歩いていると、気になるうどん屋さんを発見。

「池澤うどん」さんにおじゃまします。何気なく入りましたが、ここは有名芸能人もお忍びで訪れるほどファンの多いお店だそうです!店主の一押しメニューは「霧隠れうどん」(¥750)。

伊賀産の牛乳100%で自家充填している立岡牛乳をたっぷり使った濃厚なスープの中からは、黒米粉を練りこんだモチモチ食感が特徴の黒い麺が現れます。
まさに、霧から現れる忍者のよう!!ってことで、霧隠れうどんなんだそうです(笑)チャーミングなだけでなく、お味はめちゃくちゃ美味しいです。

店内には、現代の甲冑師によってつくられた兜が沢山並んでいます。聞いてみるとこの兜は全て、鋲の一本一本まで手作りという徹底ぶり…!!

実際に使われていたという忍びの衣装も着せて頂きました。忍びの衣装は見た目に反してずっしり重いんです。中には鎖が沢山入っていて、ジャラジャラとしています。これが忍びか…!! と、思わぬ体験も楽しめました(笑)美味しいお食事と、歴史に触れて大充実のランチタイムでした。

【うどん屋 池澤湯】
三重県伊賀市上野小玉町3045-1
https://goo.gl/maps/Mz5T9kjpFAB2

14:30 女子に人気のカフェでまったり

続いてはちょっと休憩がてら、CafeWakayaへ。レトロな建物は大正11年に建てられ、国の登録有形文化財に登録されているんですよ。

1階はカフェスペース、2階ではハンドメイドの雑貨やアクセサリーが販売されています。
たまごや乳製品不使用の優しい味の「ドーナツ」(¥120)や、「自家製大豆グラノーラ」(¥300)など、美味しくて優しいスイーツがいっぱい。

雑貨も可愛くて、お土産を買う女子多発♡美味しい&可愛いで、女子に人気なのも納得。カフェ巡りが好きな方にオススメスポットです。

【CafeWakaya】
三重県伊賀市上野中町3024
https://goo.gl/maps/zcZAZNQbNMF2

14:55 忍者最中とニャンコタイム

かつての城下町の名残で、老舗の和菓子屋さんが多く見られる伊賀。130年の歴史を誇る和菓子屋さん「御菓子司おおにし」へ!

お目当ての「忍者最中」(110円)。忍者の形をした最中が可愛い! これは写真を撮りたくなります。

店内には看板ニャンコも!可愛い猫ちゃんの写真も楽しめて一石二鳥です♩

【御菓子司 おおにし】
伊賀市上野中町3009-1
https://goo.gl/maps/Biy7VwsjNYt

15:05  カメラ女子大絶賛!旧小学校で撮影会

続いては一見、洋館のように見える建物に到着。実はここ、昔の小学校なんですよ。明治14年(1881年)に建てられた小学校で、現存する小学校校舎としては三重県で最も古い建物。現在は旧小田小学校本館として文化財となっていますが、中に入ることができるんです。

学校を撮影できるなんて、なかなかない機会!

1階には当時の教室が復元されていて、2階には近代初等教育資料が展示されています。 どこもかしこもレトロで可愛い。

教室には昔懐かしのおもちゃや折り紙、木琴やオルガンなどの楽器や教科書がずらり。黒板にチョークも。ああ、可愛い…!

ポートレート撮影などをしても楽しいかも。カメラ女子には最高のスポットで、みんなカメラが止まりませんでした…!!(笑)

【旧小田小学校本館】
三重県伊賀市小田町141番地の1
https://goo.gl/maps/gofFJTZfoiw

16:00 伊賀焼きとコーヒーでほっこり

最後に向かったのは、土鍋で有名な「長谷園」です。天保3年(1832)に創業した長谷園です。

早速、長谷園の中を散策します。まず向かったのは、2011年に国の登録有形文化財として登録された「登り窯」。16個の窯がズラッと連なる姿が可愛いらしい!この規模の登り窯は、現存しているものは日本ではここだけでしか見れないそうです。

敷地内は広くてのんびりしていますので、お散歩しても気持ちいいです。

同じ敷地内にある「大正館」にも行ってみました。この建物は大正時代に建てられたもので、10年前まで実際に事務所として使われていたそうです。
今ではこのスペースは休憩室として開放されていますので、誰でも入ることができます。フォトジェニックで可愛い空間!

入り口にはコーヒーの自動販売機があるのですが、なんと350円で伊賀焼きのカップがついてくるんですよ!お買い得…!

蓄熱力の高い伊賀焼きは、飲み物が冷めにくいという特長があるんです。おかげで、長時間温かいままのコーヒーをゆっくり味わうことができました。

【長谷園】
〒518-1325 三重県伊賀市丸柱569
0595-44-1511
https://goo.gl/maps/3Nct1g4R7832

今回は夕方までの日帰りの旅でしたが、散策すればするほどいい写真が撮れて、とても充実した1日になりました。「見所が満載すぎて、日帰りじゃもったいない。
次は絶対に泊まりで来て、ゆっくり満喫したい!」とのお声も多くあるほど、色々なコンテンツが詰まったエリアでした。一度来れば必ず好きになる場所だと思います。

最後に今回のルートマップを掲載しておりますので、これを参考にぜひ実際に旅をしてみてくださいね。
また、カメラガールズメンバーが実際に撮影した写真はInstagram #伊賀カメラ旅 で見ることができます。ぜひこちらも参考に!

<MAP>